[vc_row row_type="row" use_row_as_full_screen_section="no" type="full_width" angled_section="no" text_align="left" background_image_as_pattern="without_pattern" css_animation=""][vc_column][button size="big_large" icon="fa-hand-o-left" target="_self" hover_type="default" text="足指変形改善の YOSHIRO STUDIO" hover_color="#2ecc71" background_color="#2ecc71" color="#ffffff" hover_background_color="#bcffd8" hover_border_color="#2ecc71" link="https://yoshiro.studio/"][vc_empty_space][/vc_column][/vc_row] ひろのば体操+機能性靴下=HIRONOBA METHODではありません。 ひろのば体操や機能性靴下はメソッドの中の一つであり、それが全てではありません。

[vc_row row_type="row" use_row_as_full_screen_section="no" type="full_width" angled_section="no" text_align="left" background_image_as_pattern="without_pattern" css_animation=""][vc_column][button size="big_large" icon="fa-hand-o-left" target="_self" hover_type="default" text="脊柱管狭窄症改善の YOSHIRO STUDIO" hover_color="#2ecc71" background_color="#2ecc71" color="#ffffff" hover_background_color="#bcffd8" hover_border_color="#2ecc71" link="https://yoshiro.studio/"][vc_empty_space][/vc_column][/vc_row] マキノ出版から「脊柱管を自力で治す最強辞典」が出版されました。ひろのば体操が紹介されています。この30年で、患者数が5倍に増えたといわれる脊柱管狭窄症。私が見てきた多くの方は「姿勢」が深く関与していました。

[vc_row row_type="row" use_row_as_full_screen_section="no" type="full_width" angled_section="no" text_align="left" background_image_as_pattern="without_pattern" css_animation=""][vc_column][button size="big_large" icon="fa-hand-o-left" target="_self" hover_type="default" text="足指変形改善の YOSHIRO STUDIO" hover_color="#2ecc71" background_color="#2ecc71" color="#ffffff" hover_background_color="#bcffd8" hover_border_color="#2ecc71" link="https://yoshiro.studio/"][vc_empty_space][/vc_column][/vc_row] 子どもがスポーツをしていて急に膝が痛いと言いだした。夜中に急に足が痛いと大泣きしだした。そんな時に親であれば「骨に異常があるのかも」と考えてしまいます。そして数日経っても痛みがなくならないため、不安になって病院に行く方が多いのではないでしょうか? 今回は0〜16歳に多いとされているオスグッド病(成長痛)について原因と対処法をご紹介していきたいと思います。

多数のご質問を頂きましたので、ひろのば体操の知的財産権について簡単にご説明いたします。 結論から言えば、ひろのば体操の名称や体操自体は誰でも自由に使用してください。特に拘束するものはございませんし、私の許可を得る必要はありません。もちろん病院や歯科医院や保育園でも自由に広めて頂ければと思います。これは今も昔も考えは一切変わりません。
 

幼児教育で運動神経が良い(運動能力が高い)子供を育てる幼稚園や保育園も多くなってきました。 逆立ちができたり、バク転ができたり、跳び箱8段なんてお手のもの。 私も運動神経が良い方ではなかったので、小学校の時に劣等感を感じました。 うらやましいと思った理由の一つが「モテる」からです。 子どもの時に考えていたことはそんなことくらい(汗 運動神経が良いと健康なカラダと思いがちですが、実はそうではありません。

  口臭って、ニンニクやお酒の匂いが残っているだけじゃないのは知っていましたか?実は意外にも子どもの口臭ってあるんです。歯磨きや舌の汚れなど、口の中が不衛生だからじゃないの?と思われる方も多いと思いますが、実はその要因は他のところにあることも多いんです。

去年から始まった「足と姿勢と歯並び」の保育園調査。 調査で分かったのはストレートネックの子供が多かったこと。 さらには体育の持久走のあと、過呼吸で呼吸が早くなって、酸欠気味になる子も増えています。 ただの運動不足?? いえ、そうではないんです。 実はこれって実は「姿勢」と大きく関係があります。 姿勢が悪い(猫背や反り腰)と、必ずと言って良いほど「ストレートネック」になります。

「足と姿勢と歯並び」のセミナーは8年目を迎えます。これまでは歯科医師の方や歯科衛生士の方にセミナー会場まで足を運んで頂いておりました。しかし問題点として、スタッフ全員が参加するわけではないので定着が難しいということでした。それであればいっその事、訪問してしまおうという事で、去年より訪問型のセミナーを新設。