保育園調査

2012年に筑後地区保育士会の依頼により、なぜ現在の子供達は運動能力が低下していっているのかを調べるために調査がスタート。靴の履き方や選び方による足指の変形が原因の一つであることが判明しました。そこで「あしゆび体操」でどれくらい運動能力が変化するのかを1年間かけて調べていきました。すると全ての保育園で運動能力が向上し、転倒予防にも効果があることが実証されました。2017年に新たに寝たきりゼロの国づくりの第一歩として、理学療法士と歯科医師がタッグを組んで久留米市の保育園で研究をスタートさせました。園児たちの姿勢を改善させることが目的で、医療関係者と連携して今後1年かけて調査を実施。姿勢の悪い園児に歯並びが悪い子が多いことが調査のきっかけ。足指を広げ安定して立てるようになることで姿勢が良くなり、歯並びが変わった症例を持つ理学療法士である私と、姿勢を正して噛み合わせや歯列矯正を行う歯科医師と一緒に実態を調べ、改善策を探ることにしました。きちんとしたデータを取り、子供達の健康づくりに役立てたいと考えています。

・再調査は3ヶ月おきに実施(11月・2月・5月…)1年間の追跡調査

・ひろのば体操5分間、口腔筋機能訓練5 分間を保育園にて毎日行う

・足と姿勢の評価は理学療法士が点数化

・歯並びの評価は歯科医師が点数化

外反母趾

かがみ指

寝指

内反小趾

親指の浮き指

内反小趾

ストレートネックの割合

足ゆびの接地本数(両足)

S保育園

A保育園

重心の割合

S保育園

A保育園

姿勢の割合

脚の変形

狭窄歯列と理想空隙

過蓋咬合と反対咬合

TEAM

里川里咲

社会福祉法人 青木会

辻村傑

医療法人社団つじむら歯科医院 総医院長

湯浅慶朗

足と姿勢と咬合研究センター長