扁平足は足指の変形が原因!|自分で治す治療法・セルフケア・予防法・セルフチェックを紹介!

目次

扁平足(へんぺいそく)とは何ですか?

扁平足(へんぺいそく)とは、フラットフットとも呼ばれ、片方または両方の足にアーチがほとんどまたはまったくない状態のことを言います。立つと足の裏が地面に押し付けられます。通常、足のアーチは見えませんが、足を持ち上げるとアーチが現れることがあります。すべての赤ちゃんは、生まれたときは扁平足です。アーチは通常 6 歳までに形成され、10 人中約 2 人の子供が大人になっても扁平足のままです。偏平足はほとんどの人にとって問題ではありません。扁平足が痛みやその他の問題を引き起こす場合は、適切な治療が役立ちます。場合によっては、子供が扁平足(先天性)で生まれることがあります。

アーチが保たれた足
アーチが崩れた扁平足
子供の扁平足

研究によると、扁平足は子供や青少年によく見られる症状です。人間のアーチは、通常の筋肉、腱、靱帯、骨の成長の一部として乳児期および幼児期に発達します。子供の平らなアーチは、通常、子供が思春期を経て成人になるにつれて高いアーチになります。扁平足の子供は、膝、股関節、背中の痛みを発症するリスクが高くなります。2007年のランダム化対照試験では、病院で処方された矯正器具(靴のインソールなど)または市販の矯正器具による子供の偏平足の治療は、科学的に「有効である」という信頼性の高いデータは見つかりませんでした。つまり、病院やクリニックでの治療そのものに改善効果がないということです。症状自体としては、扁平足は通常、運動障害、靱帯の弛緩、または過剰運動などの遺伝的な筋骨格疾患を伴います。

足のアーチの構造と下腿の生体力学の間には機能的な関係があり、アーチは前足と後足の間に弾性のある弾力的な接続を提供するため、足に体重がかかるときにかかる力の大部分は、その力が脚や大腿の長骨に到達する前に分散されます。扁平足では、距骨の頭が舟状骨から内側および遠位にずれています。

その結果、足底踵骨舟状靱帯(ばね靱帯)と後脛骨筋の腱が引き伸ばされ、扁平足患者は内側縦アーチ(MLA)の機能を失います。MLA が存在しないか、座位と立位の両方で機能しない場合、その人は「硬直性=かたい」扁平足を患っています。つま先で座ったり立ったりしているときに MLA が存在し機能しているが、足を平らにした姿勢を取るとこのアーチが消失する場合、その人は「可撓性(かとうせい)=柔らかい」扁平足です。この後者の状態はアーチサポートで治療されることが多いです。

扁平足(へんぺいそく)にはどんな種類があるの?

扁平足は、小児期以降も持続するか、成人してから発症するかにかかわらず、問題を引き起こす可能性があります。扁平足には次のような種類があります。

柔軟性可撓性)扁平足

柔軟な扁平足は子供によく見られます。柔軟な扁平足では、足は安静時(立ったり歩いたりしていないとき)には正常なアーチを持っていますが、体重を支えながら地面に接触するとアーチは消えます。子供の柔軟な扁平足は、靭帯の弛緩、足の過剰な組織、または足裏の脂肪体によって引き起こされ、足の骨や関節の異常が検出されないまま、アーチが平らになります。軟性扁平足は、特に治療を受けずに成長すると、自然に治ることもあります。柔軟性のある偏平足が最も一般的です。加齢とともに徐々に悪化することもあり、足の土踏まずの腱や靱帯が伸びたり、裂けたり、腫れたりすることがあります。

硬直性扁平足

硬直性偏平足または真性偏平足は、足の先天的な骨または関節の変形によって発症し、可動域の制限、可動性の低下、体重負荷が生じます。柔軟性扁平足とは違い、安静時でもアーチが欠如していることが特徴です。足のアーチが完全に欠如していると、特にかかとや土踏まずの部分に足の痛みが生じることがよくあります。扁平足が硬い人は、立ったり(足に体重がかかる)、座ったりする(足に体重がかからない)ときにアーチがありません。この症状は 10 代に発症することが多く、加齢とともに悪化します。足が痛く感じるかもしれません。足を上下に曲げたり、左右に動かしたりすることが難しい場合があります。扁平足は片足または両方の足に影響を与える可能性があります。

成人後天性扁平足

成人後天性の扁平足では、足のアーチが予期せず下がったり崩れたりします。アーチが崩れると足が外側に曲がり、痛みを感じることがあります。この問題は片足だけに影響する可能性があります。最も一般的な原因は、アーチを支える脚の腱 (後脛骨腱) の炎症または断裂です。

成人後天性扁平足の原因

・腱の機能不全と変性:アーチを支える腱の損傷(腱の炎症や断裂など)は、アーチの崩壊を引き起こす可能性があります。
・炎症性関節炎: 関節リウマチは、関節の軟骨だけでなく、足を支える靱帯をも攻撃する痛みを伴う扁平足を引き起こす可能性があります。
・その他の原因としては、関節の位置が崩れる原因となる筋肉の不均衡、足の靭帯の状態や損傷などがあります。

先天性垂直距骨

一部の赤ちゃんには、垂直距骨と呼ばれる先天異常(先天性障害) があり、生まれつき足の土踏まずがでっぱったような形(舟底変形)をしている病気で、アーチの形成が妨げられ、扁平足になります。

扁平足(へんぺいそく)の症状と原因

症状

扁平足の初期段階では、ほとんどの患者は関連する兆候や症状を示しません。しかし、扁平足患者の中には、長時間歩いたり立ったりした後に、特にかかとや土踏まずの部分に足の痛みを感じる人もいます。適切な治療を行わずに症状が重度に進行すると、足裏や足首の内側に腫れが生じることもあり、他にも次のようなものがあります。

治療が必要な症状
  1. 快適または健康的な靴を履いているにもかかわらず、土踏まずの内側やかかとに生じる足の痛み
  2. かかとの内側が腫れたり、足首の内側が腫れたり、足首の周りの靭帯や腱が炎症を起こしたりする
  3. バランス障害、または歩行、つま先立ち、階段の昇り降りが困難
  4. 足のしびれ、足指の疲労、または顕著な変形
  5. 脚のけいれん
  6. 足または脚の筋肉痛(痛みまたは疲労)
  7. 土踏まず、足首、かかと、または足の外側の痛み
  8. 歩行時の痛みや歩き方(歩き方)の変化

扁平足のリスクを高める原因とは

扁平足ではない人でもこの症状が発症する可能性があります。怪我の後、アーチは突然崩れることがあります。あるいは、長年の磨耗によって崩壊が起こる可能性もあります。加齢とともに、足首の内側に沿って走り、アーチをサポートする腱が弱くなったり断裂したりすることがあります。重症度が増すと、足に関節炎が発症することがあります。また、次のような特定の問題によって扁平足のリスクが増加します。

扁平足のリスクを高める原因

・肥満
・足または足首の怪我
・関節リウマチ
・加齢
・糖尿病

・アキレス腱損傷
・骨折
・脳性麻痺
・ダウン症
・妊娠

このように扁平足は、怪我、病気、足への異常または長期にわたるストレス、生体力学の欠陥、または通常の老化プロセスの一部により、成人になってからも発症する可能性があります (「成人後天性扁平足」) 。これは40歳以上の女性に最も一般的です。既知の危険因子には、肥満、高血圧、糖尿病などがあります。偏平足は、妊娠中のエラスチン(弾力性) の増加による一時的な変化の結果として妊婦にも発生する可能性があります。成人までに発症した場合、扁平足は通常、永久に平らなままになります。

若者や成人が全体重をかけて立っているときは扁平足のように見えますが、底屈したり、足の残りの部分を床に平らにしてつま先を後ろに引いたりするとアーチが現れる場合、この状態は柔軟性偏平足と呼ばれます。内側の縦アーチがまだ存在し、巻き上げ機構がまだ動作しているため、これは真の崩壊したアーチではありません。この症状は実際には足の過度の回内(内側に回転)によるものです。足指の筋力トレーニングは効果があり、年齢に関係なく土踏まずの高さが高くなります。

原因

一言で言えば「足指の変形」と「足指の機能不全」による足部の筋力低下です。足部の筋力低下によって、足のアーチがまだ発達していないため、扁平足は乳児や幼児では珍しいことではありません。ほとんどの人のアーチは幼少期を通じて発達しますが、足指が使えないまま成長すると、大人になってもアーチがまったく発達しない人もいます。アーチのない人には問題がある場合もあれば、問題がない場合もあります。一部の子供には、柔軟な偏平足と呼ばれる柔軟な扁平足があり、子供が座ったり、つま先立ちで立っているときは土踏まずが見えますが、子供が立つとアーチが見えなくなります。ほとんどの子供は問題なく柔軟な扁平足を克服します。

メカニズム

1.足の筋力低下による扁平足

扁平足は内側のアーチが崩れた状態ですが、アーチが崩れないようにするためにたくさんの足裏の筋肉が支え合っています。横から見ると、前脛骨筋・後脛骨筋・長母趾屈筋という3つの筋肉がアーチを形成する骨を持ち上げています。後脛骨腱が靭帯の下に位置することで、距骨の頭を動的に支え、アーチを上から吊り下げる。これは長母指屈筋の腱によっても支持され、内側縦アーチを支えるための最も大きくて最も強力な筋肉です。

これらの筋肉は足指の曲げ伸ばしによって収縮・弛緩を繰り返し、アーチを支えられる程の筋力を維持しています。

筋肉の豆知識

筋収縮の種類別による筋力増強運動

●求心性収縮
筋の長さが短くなりながら筋収縮する運動
(例:肘を伸ばした状態からダンベルを持ち上げる時の上腕二頭筋の運動)

●遠心性収縮
筋の長さが伸張しながら筋収縮する運動
(例:肘を曲げた状態からダンベルを下ろすときの上腕二頭筋の運動)

筋肉は負荷をかけながら関節の曲げ伸ばしを行うことで増強していきます。「小股でゆっくり歩きましょう」というのはスロートレーニングの応用で、低強度の負荷でも筋力増強効果は高いとされています。大股歩きとは違い、負荷量が少ないため関節にかかる負担は小さく、整形外科的な障害のリスクが少ないのも利点です。

足指の曲げ伸ばしを繰り返すような単独の動作は、日常生活上では行いません。実際には、歩くときに地面を蹴って足指で踏み返しを行うときに「足指の曲げ伸ばし」の動作が行われます。この3つの筋肉は、足首の曲げ伸ばしも同時に行うので常に鍛えられているということなのです。

しかし、「屈み指」や「浮き指」などの足指変形があると、足裏の筋肉が硬くなってしまい、歩くときに効率的に筋肉を鍛えることが難しいことがあります。そのため、扁平足の改善のためには、「屈み指」や「浮き指」を優先的に矯正していくことが大切なのです。

足指の変形について
スクロールできます

親指の浮き指

真正面からスマホで足の写真を撮影してみましょう。親指の爪が見えにくくなっている場合は「浮き指」です。

小指の浮き指

スマホで横から足の写真を撮影してみましょう。足指が地面から離れている場合は「浮き指」です。

かがみ指

真正面から足を見て、爪の向きが下向きであれば「かがみ指」です。

寝指

小指や薬指が真横に寝転んでいたり、「く」の字に曲がってしていたら「寝指」。

外反母趾

親指の付け根が外側に曲がっていたり、角度が20°以上になっていれば「外反母趾」です。

内反小趾

足の小指(小趾)が内側に曲がっていたり、小指の付け根が赤くなっていれば「内反小趾」です。

「屈み指」や「浮き指」は履き物の中で足が滑ることによって起こります。「ひろのば体操」や「YOSHIRO SOCKS」で足指の変形を矯正することも大切なのですが、紐をしっかり絞める・スリッパを履かないようにするなどの工夫も必要になります。

2.親指の変形や機能不全による扁平足

扁平足のもう一つの原因が、足指の変形(外反母趾・親指の浮き指)もしくは親指の機能不全です。親指は足にかかった体重が内側に倒れないようにするためのストッパーなので、親指が使えなくなると、足が内側に倒れて下腿骨(ひざ下の骨)が内側に弯曲すること(わんきょく)します。

そうすると、足は安静時(立ったり歩いたりしていないとき)には正常なアーチを持っていますが、体重を支えながら地面に接触するとアーチは消えてしまいます。これが「隠れ扁平足」です。

扁平足と外反母趾の関係

扁平足は縦アーチの低下、開張足は横アーチが広がったものといわれているが、実際には定義や診断基準が明確ではありません。そのため、外反母趾と扁平足・開張足の関係を検討するのは、論文で統一されておらず、比較検討することは難しいとされています。参考程度に読んでみてください。簡単に言えば、「関係がないのでは?」というものです。

エビデンスレベル4:思春期の外反母趾と扁平足の関係について調査し、外反母趾では扁平足が8〜24倍多く合併し、外反母趾と扁平足が関係あることを指摘している。
エビデンスレベル3:外反母趾で足部・縦アーチが有意に低下し、横アーチも有意に拡大している。
エビデンスレベル3:高齢者では荷重時M1-M5角が大きく、開張足が病因の1つだと指摘している。
エビデンスレベル4:HV角と前足部の幅との関連を指摘している(開張足と外反母趾の関係は説明なし)。
エビデンスレベル3:外反母趾における縦アーチの低下は距骨の底屈および舟状骨の沈み込みが原因であるとされているが、外反母趾と扁平足・開張足との関連については言及されておらず。
エビデンスレベル4:アフリカ黒人女性110例118足のX線像 から、アフリカ黒人女性において外反母趾と扁平足に明らかな関連性はなかったと報告している。
エビデンスレベル4:外反母趾群と健常群とではアーチ高に有意な差はなく、HV 角と扁平足の指標との相関は得られなかった。扁平足は若年者の外反母趾の病因としての重要性を減らすべきと記載されている。
エビデンスレベル2:外反母趾の症例の15%に中等度〜高度の扁平足を認めたと報告している。しかし、これら低アーチの扁平足症例では、術後のHV角の改善率が、外反母趾全体の改善率と差がなく、アーチの低さとHV角に相関関係は認めなかったとしている。
エビデンスレベル4:扁平足を定量化するには、単純X線像でのanteroposterior talonavicular coverage angle、lateral talometatarsal angle(Meary’s line)、calcaneal pitchと相関を認めたため、扁平足を評価する良い指標になるとしている。
エビデンスレベル3:扁平足と相関しているTNCA (talonavicular coverage angle)とlateral TMTA(talo-first metatarsal angle)の角度が、外反母趾群でコントロール群より有意に大きかったことから、外反母趾は扁平足を合併しているとした。
エビデンスレベル4:トレースを用いた評価方法で、外反母趾角と開張足とに有意な相関関係を認めたと報告。
エビデンスレベル4:扁平足を合併した外反母趾手術では、HV角とともに扁平足も改善されたと報告。

このように外反母趾と縦アーチ、横アーチとの関連を報告した例が多いが、扁平足・開張足との関連について肯定的な意見と否定的な意見が存在します。

エビデンスレベルの分類
IaRCTのmeta-analysisまたはsystematic review
IbRCT
IICCTおよびcohort study
IIIcase-control study
IVcase series
Vcase report
VIその他

扁平足(へんぺいそく)の診断と検査

扁平足はどのように診断されるのでしょうか?

扁平足の自己評価は、足を濡らし、足跡が見える平らな面(コンクリートの歩道など)に立って、そこから離れて足跡を見るだけで簡単に行うことができます。足の裏の表面に完全な痕跡が認められる場合は、扁平足である可能性があります。上記の症状とともに扁平足が疑われる場合は、足と足首を専門とする専門家の診察を受ける必要があります。

身体検査には、痛みの原因の特定、足と足首のアライメント評価、周囲の靱帯/腱の強度評価が含まれます。追加の調査には通常、X 線と CT スキャンを使用した画像検査が含まれます。硬組織と軟組織の両方の詳細な画像が必要な場合は、MRI スキャンがさらに考慮される場合があります。それにも関わらず、不必要な調査を避けるために、確定診断を行うために必要な診断検査は主に身体検査の結果に左右され、その結果は個人によって異なる可能性があります。

扁平足(へんぺいそく)の治療

扁平足はどのように管理または治療されますか?

扁平足に痛みが生じた場合、通常は非外科的治療が最初の治療選択肢と考えられます。扁平足の原因と重症度に応じて、これらの保存的治療には、アーチサポート(矯正器具)、サポートシューズ、特にアキレス腱のストレッチ運動、超音波やレーザー装置などの理学療法が行われます。さらに、痛みを和らげ炎症を軽減するために、処方に従って鎮痛剤を服用することもできます。どれも対処療法的な治療となるため、一時的な疼痛緩和にはなりますが、根本的な治療にはなりません。

扁平足が進行し、患者が保存的治療に反応しない場合は、骨の再調整と足のアーチをサポートする腱の強化を目的とした手術が行われる場合があります。手術の目的は、患者の可動域を回復し、通常の可動性を高め、できるだけ早く日常生活や活動に戻ることです。

足の痛み、こわばり、その他の問題が発生した場合、医療提供者は非外科的治療を勧める場合があります。まれに、硬直した扁平足や骨や腱の問題を治すために手術が必要になることがあります。治療法には次のようなものがあります。

病院での一般的な治療法

1)非ステロイド性抗炎症薬 (NSAID)、炎症と痛みを和らげるための休息と氷。
2)硬くなった腱や筋肉を伸ばして強化し、柔軟性と可動性を向上させる理学療法。
3)足の矯正器具、足または脚の装具、カスタムメイドの靴などの補助器具。
4)手術は偏平足を治すためだけに行われるわけではありません。患者が非外科的治療を試みた後も依然として活動を制限する痛みを抱えている場合、手術が選択肢になることがあります。

STEP1.扁平足を予防・改善させるストレッチ、ひろのば体操をやってみよう!

扁平足の原因は「足指の変形」と「足指の機能不全」による筋力低下です。歩くときに足指が使えるようにすることが、根本的な治療になるため、「ひろのば体操」で足指の機能を取り戻し、「YOSHIRO SOCKS」で足指変形を改善させていきましょう。もしそれでも改善の兆しが見られないという場合には、「靴」や「歩き方」なども見直す必要があります。

こちらもチェック

ひろのば体操ってどんな体操?

「ひろのば体操」とは、足病医学に基づいて2008年に湯浅慶朗が考案・開発した、足指を広げて(=ひろ)伸ばす(=のば)、足指のバイオメカニクス・ストレッチのこと。軽度から重度の扁平足は、足指ストレッチをすることで、症状を改善することができます。予防を目的とする方にも最適です。

左右の足を合わせて1日1回、5分もやれば効果があります(病気や症状の改善が目的の場合は、回数を増やすほど効果があらわれやすくなります)。驚くほどかんたんにできるので、まずは映像を見ながら実践してみましょう!やり方さえおぼえてしまえば、寝る前でも、お風呂の中でも、テレビを見ながらでも、いつでも、気軽にできる体操です。まずは、2週間を目標に続けてみてください。

STEP1 いす、または床の上に座り、片方の足を太ももの上に乗せる

・膝をなるべく倒す
・足首が上に反らないようにする
・ももの上にきちんと足の乗せる

STEP1-2 上から見て、足の位置が正しいかを確認しましょう

・足の甲はしっかり反らせましょう
・足首が少し太ももから出るようにします

STEP2-1 足指の間に、手の指を入れる

・手指の根元に1本ずつ足指の先端を入れる
・足指の根元にすきまができるようにします

STEP2-2 入れた指の位置を確認しましょう

・手の根元に足指の先端だけが乗る感じです
・手の根元にぴったりと足指先を密着させる

STEP2-3 足指の間に、手の指を入れすぎないように

・足指が手の指から出ないくらいが理想です

NG 足の根元まで入れないように注意する

・足指の根元まで手指を入れてしまうとうまく曲げられなくなります

STEP3 足指を入れた手を優しく握る

・足指の付け根より少し上に手がくる
・手の親指で足の親指を軽く押さえる

NG

・手の指を足の付け根いっぱいまでさし込んでいると反らせにくい

STEP4 足指を甲のほうへ反らす

・優しく、ゆっくりと反らせる
・手の根元で足指先を押すようなイメージで
・足指の関節が90度になると理想的
(かたい場合には無理をしない)
・反らせたら5秒以上キープ
(かたい場合には30秒キープする)

STEP5 足指を甲のほうへ反らす

・やさしく、ゆっくりと
・甲を伸ばすイメージで反らせていく
・手のひら全体で足裏を軽く押す
・反らせたら5秒以上キープ
(かたい場合には30秒キープ)

STEP6 STEP4と5を繰り返す

STEP4と5を繰り返し行ったら、逆の足も同じように反らせる。両足で最低5分ほどできればOK。かたい場合には片足10分ほど行うと効果的です。

自分で行うことが難しい場合には、誰かにやってもらいましょう。

ひろのば体操の応用(小指をつかむやり方)

STEP2.室内でのスリッパや草履を履かないようにする

足首が固定されないので足指が縮こまる

足の悩みで来られる患者さんに多いのが、家の中でスリッパを履いているということです。スリッパは一見、幅広で足指が圧迫されないように思えます。ところが、足首が固定されないので、歩行は常に不安定な状態です。そのため足が履き物の中で滑りやすく、歩くたびにパタパタとスリッパが脱げそうになります。

それを防ごうと、自然に足指に変に力が入り、足指が曲がってしまいます。これが屈み指の始まりで、足裏の筋力低下を招き扁平足になってしまいます。人によっては、スリッパが脱げないように足指を浮かせて歩く人もいますが、浮きゆびの原因にもあるので注意が必要です。

下の写真は、スリッパと素足で足指がどう変わるかを比較したものです。同じ足なのに、スリッパをしばらく履いた後の足は、足指が曲がり、外反母趾や内反小趾になっています。足指の負担を減らすには、スリッパをやめるか、履く時間をなるべく短くしましょう。足元が寒いから脱ぎたくないという人は、レッグウォーマーなどを履いて指先だけを出す、足が汚れるのが嫌という人は足元に敷物を敷くなどするといいでしょう。

とりわけ女性は、長い時間、台所で立ち仕事をするので、スリッパを履くか履かないは、足のお健康を大きく左右します。習慣で履いていたという人は、これを機会に脱いでみてはいかがでしょうか。

足首が固定されないということで言えば、草履も同じです。最近は足指を鍛えるため、昔の人が履いていたから健康的ということで履いている人を多く見かけます。しかし本来の草履には、実は足首を固定する紐のようなものが付いていたのをご存知でしょうか。いつの時代からかオシャレのために足首を固定するものが簡略化されてしまいましたが、「昔=健康」という間違ったイメージを持たないようにちぃういが必要です。

STEP3.扁平足を改善する、矯正サポートソックス

ひろのば体操の効果を最大限に発揮するために足病医学に基づいて開発した、矯正用の5本指靴下「YOSHIRO SOCKS」との併用で足指がさらに広がりやすくなり、扁平足をより効果的に改善へと導いていきます。足指の変形がひどい方や早く効果を得たい方には、ひろのば体操とYOSHIRO SOCKS の併用をおすすめします。

最先端の繊維、最先端の構造。

足指専門の理学療法士として積み上げてきた足育に関する19年間の知識や経験を、この5本指靴下に凝縮しました。靴下を履くだけで足指を広げて伸ばし、人間本来の姿勢や運動能力に戻す。これだけを考えて、YOSHIRO SOCKS を開発しました。

足指変形に対する矯正靴下の科学的効果

足指への変化

YOSHIRO SOCKSは、足裏の筋力低下で起こる扁平足を、足指変形を改善させて効率よく足裏の筋肉を使える状態にすることで予防していきます。日本人の9割が浮き指がかがみ指で足指が使えない状態に。でもYOSHIRO SOCKSは、足指でしっかりと地面をつかむことができる構造なので、無意識にふんばる力をアップさせ、足裏の筋力を取り戻していきます。

外反母趾角

開始時の外反母趾角は19.1°
8週間後の外反母趾角は12.3°

8週間目の平均値は、開始時と比べて、外反母趾角が6.8°改善。外反母趾角改善の作用が確認されました。

※3 開始前と8週間目の平均値の差
※グラフは臨床試験における平均値の推移
※結果には個人差があり、100%の結果を保証するものではありません。

このように、YOSHIRO SOCKS は履くだけで、閉じた足指が自然と広がり、かがんだ足指「かがみ指」や浮いた足指「浮き指」がまっすぐになる特殊製法(特許申請中)で作られています。

一般的な五本指靴下との違い

YOSHIRO SOCKSの形状

YOSHIRO SOCKS は特殊製法(特許申請中)により、自然と足指が理想の形に広がり、その状態をキープする形状記憶構造になっています。

一般的な5本指靴下の形状

従来の5本指靴下は、土踏まずから足指の先までが直線的に編まれているので、矯正力はなく理想的な足に近づけることができません。

滑りにくい特殊繊維で、足指の変形を予防します。

屈み指(かがみゆび)の最大の原因、それは足の滑り。足が靴の中で滑ると、足指がブレーキをかけようとして屈んでいきます。足指が屈むと姿勢が悪くなっていき、体に負担がかかります。YOSHIRO SOCKSは耐滑性の高い繊維を編み込むことで、屈み指(かがみゆび)を予防します。

こだわりの、Made in Japan。時間はかかるけど、一足ずつ丁寧に。

日本の工場でホールガーメント®機(島精機)という無縫製機で生産しています。1足あたりの縫製時間はなんと20分(一般的な靴下編み機の約5倍)。仕上げから梱包、検品、発送まで、徹底して日本製にこだわっています。

yoshiro socks

YOSHIRO SOCKS

価格:3,850円(税込)

カラー:ホワイト・グレーの2色

サイズ:S・M・Lの3サイズ

靴下の履き方動画

扁平足(へんぺいそく)の予後

扁平足の人の予後はどのようなものですか?

扁平足のほとんどの人は、非外科的治療で症状を軽減できます。治療が必要ない人もいます。扁平足は次のような特定の問題のリスクを高める可能性があるので要注意です。

扁平足の予後

・関節炎
・骨棘
・外反母趾
・魚の目、タコ
・腰痛
・股関節痛
・膝痛
・シンスプリント

参考文献

1)American Academy of Orthopaedic Surgeons. Adult Acquired Flatfoot. (https://orthoinfo.aaos.org/en/diseases–conditions/adult-acquired-flatfoot/) Accessed 5/13/2021.
2)American Academy of Orthopaedic Surgeons. Vertical Talus. (https://orthoinfo.aaos.org/en/diseases–conditions/vertical-talus) Accessed 5/13/2021.
3)American Academy of Pediatrics. Flat Feet and Fallen Arches. (https://www.healthychildren.org/English/health-issues/conditions/orthopedic/Pages/Flat-Feet-Fallen-Arches.aspx) Accessed 5/13/2021.
4)American College of Foot and Ankle Surgeons. Flexible Flatfoot. (https://www.foothealthfacts.org/conditions/flexible-flatfoot) Accessed 5/13/2021.
5)National Health Service (UK). Flat Feet. (https://www.nhs.uk/conditions/flat-feet/) Accessed 5/13/2021.

6)Adult acquired flatfoot. American Academy of Orthopaedic Surgeons. https://orthoinfo.aaos.org/en/diseases–conditions/adult-acquired-flatfoot. Accessed May 22, 2022.
7)Flexible flatfoot in children. American Academy of Orthopaedic Surgeons. https://orthoinfo.aaos.org/en/diseases–conditions/flexible-flatfoot-in-children. Accessed May 22, 2022.
8)Fields KB. Overview of foot anatomy and biomechanics and assessment of foot pain in adults. https://www.uptodate.com/contents/search. Accessed May 22, 2022.
9)Chorley J. Forefoot and midfoot pain in the active child or skeletally immature adolescent: Overview of causes. https://www.uptodate.com/contents/search. Accessed May 22, 2022.
10)Pes planus/flat foot. In: Wheeless’ Textbook of Orthopaedics. https://www.wheelessonline.com/muscles-tendons/pes-planus-flat-foot. Accessed May 22, 2022.
11)Posterior tibial tendon dysfunction. American Academy of Orthopaedic Surgeons. https://orthoinfo.aaos.org/en/diseases–conditions/posterior-tibial-tendon-dysfunction. Accessed May 22, 2022.
12)Greisberg JK, et al., eds. Flatfoot. In: Core Knowledge in Orthopaedics: Foot and Ankle. 2nd ed. Elsevier; 2019. https://www.clinicalkey.com. Accessed May 22, 2022.
13)Ryssman DB (expert opinion). Mayo Clinic. June 28, 2022.

湯浅慶朗
足指博士(理学療法士)
足指研究の第一人者。理学療法士。足指研究所所長。日本足趾筋機能療法学会理事長。ひろのば体操、YOSHIRO SOCKS、YOSHIRO INSOLE、ハルメク靴の開発者。東京大学や国際医療福祉大学で研究を行う。元医療法人社団一般病院理事・副院長・診療部長・通所リハビリテーションセンター長。著書多数。テレビ出演は『ガイアの夜明け』『NHKガッテン』『NHK BS 美と若さの新常識』『NHK サキどり』ほか多数出演、著書は『たった5分の「足指つかみ」で腰も背中も一生まがらない!』(PHP出版)など多数。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!(笑

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました
  • URLをコピーしました
目次