変形性膝関節症の回復症例

足指ドクターによる解説

YOSHIRO YUASA
湯浅慶朗

理学療法士、足指博士、足指研究所所長、日本足趾筋機能療法学会理事長、ハルメク靴開発者。元医療法人社団一般病院理事・副院長・診療部長。専門は運動生理学と解剖学。足と靴の専門家でもあり、姿勢咬合治療の第一人者でもある。様々な整形疾患の方(7万人以上)を足指治療だけで治してきた実績を持つ。

目次

NEVER GIVE UP

変形性膝関節症は日本を代表する疾患の一つになりました。軟骨のすり減りにより膝の痛みが出て、日常生活に支障をきたすようになり、最終的には「手術しか方法はない」と宣告されます。しかし、変形性膝関節症の本当の原因を知れば、YOSHIRO SOCKSとひろのば体操によって足指を広げることで、根本的な治療ができるということがわかります。変形性膝関節症の治療には、下記の記事を参考にしてみて下さい。

手術以外方法がないと言われたが、痛みなく歩けるようになるまで回復。

ひろのば体操+YOSHIRO SOCKS

アクロス福岡で行われたひろのば体操講演会。1000名ほどの参加者の中から希望者に出てきてもらい、壇上で治療をしていくエンターテイメント型の講演会です。変形性膝関節症で両膝の軟骨がすり減り、両膝の手術を勧められていました。膝の痛みで階段の上り下りが困難で、長時間立っているのも苦痛でした。しかし足指を広げる「ひろのば体操」と「YOSHIRO SOCKS」で10分後には膝の痛みがウソのように消え、手すり使用することなく階段を上り下りできるようになり、痛みなく歩けるまでに回復しました。

手術以外方法がないと言われたが、車椅子がなくても旅行ができるまでに回復。

ひろのば体操+YOSHIRO SOCKS

私は両膝の痛みに悩まされるようになりました。医師からは変形性膝関節症と診断され、両膝の軟骨がすり減っていることがわかりました。医師からは手術を勧められましたが、その大変さやリスクを考えると踏み切れない気持ちもありました。

毎日の生活に支障をきたすほどの痛みで、椅子から立ち上がることさえままならなくなってしまいました。湯浅先生から「足指を広げるケア」について教えられ、ひろのば体操とYOSHIRO SOCKSを始めることにしました。最初は痛みが和らぐことを期待していたものの、2週間後、驚くべき変化が起こりました。

膝の痛みがウソのように消え、杖を使わなくても歩けるようになったのです。日々の努力が実を結んだ瞬間でした。ひろのば体操のおかげで、自分の力で劇的に改善された健康状態に感謝の気持ちでいっぱいでした。

以前は歩くことさえままならなかった状況が、体操を続けることで改善されたことに心から喜びを感じました。今では痛みのない日常生活を楽しむことができ、そのありがたさを痛感しています。

この経験を通じて、私は健康の尊さを痛感しました。日々のケアや努力が健康維持にどれほど大事かを身をもって体験しました。今後もひろのば体操とYOSHIRO SOCKSを続け、健康を第一に考えた生活を送っていくつもりです。

このエピソードを通じて、人はどれだけ日々の積み重ねが大切であるかを再認識しました。自分の体が健康であることのありがたさを改めて感じ、これからも日々のケアを怠らずに健康管理に努めていこうという決意を新たにしました。

80代女性、変形性腰椎症+変形性膝関節症の改善例

私は変形性膝関節症を患って以来、家に引きこもることが多くなりました。数年前から膝の痛みがひどくなり、歩くのも辛い日々が続いていました。医師からは手術を勧められましたが、手術を受けることへの不安やリスクも考え、悩んだ末に他の治療法を探すことにしました。

そんな中、友人から湯浅先生の存在を教えてもらいました。彼の治療法はHIRONOBA-METHODと呼ばれ、従来のリハビリとは異なる独自の手技を用いているとのことでした。私は何かしらの可能性を感じ、思い切って訪れることにしました。

初めて湯浅先生に会った時、彼は優しく、穏やかな表情で私を迎えてくれました。目からは人を癒す力が溢れているように感じました。私は自分の症状や生活の苦しみを話し、湯浅先生に助けを求めました。

湯浅先生は私の症状を丁寧に診断し、HIRONOBA-METHODを施してくれました。その独特な手技は、痛みやこわばりを感じさせることなく、柔らかな力で私の関節や筋肉に働きかけていきます。最初は緊張していた私も、湯浅先生の手技に身体がゆっくりと反応していくのを感じ、心身ともにリラックスしていきました。

数回の治療を受けるうちに、驚くべき変化が訪れました。私の膝の痛みが徐々に軽減され、歩く時の負担が少なくなっていきました。湯浅先生は私に適切なストレッチやエクササイズも指導してくれ、日常生活で意識して取り組むことで、痛みの改善が加速されていきました。

数か月後、私は驚くべき成果を手にしました。膝の痛みがほとんどなくなり、歩くことが大きな負担ではなくなりました。湯浅先生とHIRONOBA-METHODによって、私は奇跡的に復活を遂げたのです。手術を受けることなく、日常生活を取り戻すことができた喜びは言葉に表せないほどでした。

今では湯浅先生の治療を継続し、定期的に通うことで健康を維持しています。彼の温かいサポートや専門的な技術にはいつも感謝の気持ちでいっぱいです。

HIRONOBA-METHODという斬新な治療法に出会い、私は新たな可能性を発見しました。湯浅先生との出会いは私にとって一生忘れられない宝物となり、今後も健康を守るために大切に続けていきたいと思っています。

O脚(変形性膝関節症)の改善例

私は長年変形性膝関節症に悩まされていました。膝の痛みや腫れ、歩行困難など日常生活に支障をきたす症状があり、医師からは手術を勧められていましたが、手術はリスクが高く、怖さもあり踏み切れずにいました。

そんな中、知人の紹介で理学療法士である湯浅先生と出会いました。湯浅先生はHIRONOBA-METHODという独自の治療法を行っており、その効果が口コミで広まり評判になっており、私も諦めずに治療を受けてみることに決めました。

最初の治療では、湯浅先生が丁寧に私の足や膝の状態を調査し、問診を行ってくれました。その後、足指の筋肉を中心にマッサージやストレッチを繰り返し行う治療がスタートしました。最初は膝の痛みや違和感があったものの、湯浅先生の手厚いフォローアップと励ましにより治療を続けることができました。

2週間が経過し、驚くべきことが起きました。徐々に膝の痛みや腫れが軽減し、歩行が楽になってきたのです。湯浅先生の治療が効果を発揮し、私の症状が改善していく様子に感動と希望を抱き、ますます治療に対する期待が高まりました。

そして、さらに驚きの事態が。数ヶ月後、湯浅先生が私に言った言葉が私の人生を変えるきっかけとなった。「あなたのO脚も改善されてきていますね」という言葉がまるで奇跡のように響きわたった。私は自分でも信じられないくらい、O脚が改善されていることを確認し、喜びと感謝の気持ちでいっぱいになった。

湯浅先生のHIRONOBA-METHODが私の膝の痛みやO脚の改善に劇的な効果をもたらしてくれた。その後も定期的に治療を受け続け、日常生活での負担が軽減されていく喜びを実感し続けている。

今では、手術を受けずに自然治癒し、健康的な生活を送ることができている。湯浅先生に出会えたことで、私の人生が明るい方向へと変わったことを心から感謝している。彼の温かい手技と的確なアドバイスによって、私の体は奇跡的に復活し、今もその効果を実感し続けている。

湯浅先生のHIRONOBA-METHODは私にとって本当に奇跡のような治療法だった。諦めずに治療を続けた成果があってのことだが、その中で湯浅先生の導きやサポートが大きな支えとなったことは間違いない。今後も湯浅先生の指導のもとで、健康的な生活を維持できるように努めていきたいと思っている。

HIRONOBA-METHODと出会えたことは私にとって大きな幸運だった。これからも湯浅先生の施術を通じて、より健康的な体を手に入れ、充実した人生を送っていきたいと思っている。湯浅先生に感謝の気持ちを込めて、これからも一歩ずつ前進していきたいと思っている。

私は湯浅先生に出会えて本当に幸運だったと胸を張って言える。彼の温かい手技と的確なアドバイスに支えられ、私の体は奇跡的に復活し、今もその効果を実感し続けている。変形性膝関節症という厳しい病気に立ち向かい、克服することができたことに感謝の気持ちでいっぱいである。これからも湯浅先生の指導のもとで、健康的な体を手に入れ、充実した人生を送っていきたいと思っている。

HIRONOBA-METHODの力は本当にすごいと思う。私のように膝の痛みやO脚に悩む方がいれば、ぜひ一度湯浅先生の治療を受けてみて欲しい。その効果に驚き、希望を持つことができるはずだ。私のように奇跡的な改善が可能だということを、私自身が証明している。HIRONOBA-METHODに救われた私の物語が、他の方々にも希望と勇気を与えることを願っている。

O脚(変形性膝関節症)の改善例

幼少期からO脚で悩み、多くの痛みや不調に苦しんできました。高校時代に左卵巣摘出手術を受け、薄暗い未来に不安を感じました。24歳で結婚し、妊娠を希望するものの困難を感じていました。夫の支えや運命的な出来事(小指の浮き指が改善=初期のYOSHIRO SOCKS)により、O脚が改善し、体の不調も消え、奇跡的に妊娠しました。

卵巣腫瘍の疑いや摘出手術、再び卵巣破裂と診断された時も、辛い経験を糧に健康を見直すきっかけとなりました。毎日のウォーキングやYOSHIRO SOCKSの着用を習慣にし、健康を管理することが重要だと感じました。その結果、39歳で妊娠し、新たな奇跡を経験することができました。

病気や困難を乗り越えて得た気づきや感謝の気持ちは、他の人々にも希望と勇気を与えることができると考えています。夫や家族、友人の支えに感謝しつつ、自己管理や健康意識の重要性を強く感じています。経験を通じて、努力と信念が奇跡を生み出す力を体験しました。今後もその経験を生かし、多くの人々に希望の光を届けられる存在であり続けたいと思います。

70代の女性 正座ができるようになり、畑仕事も復帰!

私は数年前から膝の痛みに悩まされていました。特に長時間立ち仕事(畑仕事など)をしていると、膝がズキズキ痛んでいたのです。医師から診断を受けると、変形性膝関節症と診断されました。軽度のものだとは言われましたが、今後の進行を考えると少し不安になりました。

そんな中、家族から「ひろのば体操」という膝のストレッチ法を教えてもらいました。毎日続けることで膝の関節を柔らかくし、痛みを和らげる効果があるとのことでした。早速始めてみると、足指のストレッチをすることでだんだんと痛みが軽減されていくのがわかりました。それだけでもかなり効果を感じられたのですが、さらに効果を高めるためにYOSHIRO SOCKSという特殊な靴下も使用することにしました。

YOSHIRO SOCKSは足首からふくらはぎまでのサポートをしっかりと行ってくれる商品で、歩行時の負担を軽減してくれるということでした。さっそく試してみると、確かに歩くときの不安定さがなくなり、膝にかかる負担が少なくなった気がしました。ひろのば体操とYOSHIRO SOCKSを組み合わせることで、徐々に痛みが改善されていくのがわかりました。

2週間ほど経ったころ、驚くべき変化が訪れました。以前は正座をすることができなかった私が、なんと痛みなく正座ができるようになったのです。これまでふくらはぎが硬くて膝を曲げることが困難だったのが嘘のようです。さらに、それだけではなく、以前は痛みのために膝を曲げることすらままならなかったのに、今では毎日1万歩以上のウォーキングや畑仕事までできるようになっていました。

この驚くべき回復を実感した私は、ひろのば体操とYOSHIRO SOCKSには本当に感謝しています。これらのアイテムを使うことで、自分でも思ってもみなかったような回復が可能だということを実感しました。今では膝の痛みに悩まされることなく、日常生活を楽しむことができるようになりました。これからも継続してケアをして、健康な膝で過ごしていきたいと思います。

50代の女性 膝の痛みがなくなり、立ち仕事がラクになった!

私は長年立ち仕事をしていることもあり、膝の痛みに悩まされていました。数年前から膝に痛みを感じるようになり、特に長時間立っているときや階段を昇り降りするときに痛みが増してきました。医師に診てもらったところ、変形性膝関節症と診断されたのです。

この診断を受けたとき、私はとてもショックを受けました。今後膝の痛みがますます悪化してしまうのではないかと不安になりました。そんな中、ひろのば体操という新しい運動法を知りました。この体操は膝の痛みを改善する効果があると聞き、すぐに試してみることにしました。

毎日ひろのば体操を行うことで、徐々に膝の痛みが軽減されていくのを実感しました。特に膝の筋肉を鍛える部分が多かったので、歩行や立ち仕事の際に安定感が増し、膝への負担が軽減されたのです。数週間が経過したころ、膝の痛みが以前よりもずっと軽くなっていることに気づきました。

さらに、ひろのば体操を行う際にYOSHIRO SOCKSという特殊なソックスを使用したことも効果的だったと思います。このソックスは、体のバランスや血行を改善する効果があるとされています。私はこのソックスを履くことで、膝の痛みがより軽減されることを実感しました。

2週間が経ったある日、ふと気づくと私は正座ができるようになっていました。以前は膝の痛みで正座をすることすら難しいと感じていたのに、今では痛みを感じることなく座ることができるのです。さらに、立ち仕事も以前よりも楽にこなすことができるようになりました。

この経験から、私はひろのば体操とYOSHIRO SOCKSの効果を改めて実感しました。膝の痛みに悩む人にも、ぜひ試してほしいと思います。日常生活に支障をきたすほどの膝の痛みも、適切な運動とケアを行うことで改善される可能性があることを実感した私は、これからも継続して取り組んでいきたいと思っています。

70代の女性 正座ができるようになった!

私は膝の痛みに悩まされる日々を送っていました。数年前から膝に痛みを感じるようになり、医師からは変形性膝関節症と診断されていました。特に正座をする際や立ち仕事をする時に痛みを感じ、少しでも動くとズキリと痛む感覚がありました。それでも日常生活を送るために軽いストレッチや軽い運動を心がけていましたが、劇的な改善はありませんでした。

そんな中、友人から「ひろのば体操」という新しい体操法と「YOSHIRO SOCKS」という特殊な靴下の存在を知りました。友人は以前同じような膝の痛みに悩まされていたのですが、これらを用いることで膝の痛みが改善し、普通に歩けるようになったと教えてくれました。私は少し疑いながらも、その効果に期待を抱き、早速試してみることにしました。

まず、友人から教えてもらった「ひろのば体操」を毎朝、毎晩行うことにしました。この体操は簡単な動作ながらも膝に効果的なストレッチを施すことができると言われていました。また、「YOSHIRO SOCKS」は足首のサポートや血行促進効果が期待される特殊な靴下で、日常生活の中で履くことで膝への負担を軽減する効果があるとされていました。

最初の数日は劇的な変化は感じられませんでしたが、1週間が経過した頃から少しずつ膝の痛みが軽減されていることに気づき始めました。正座をする時間が増え、立ち仕事をしても痛みを感じにくくなってきたのです。2週間が経過した頃、ついに私はまともに正座をすることができるようになり、驚くほどの変化に心から感動しました。

そして、もう一つの劇的な変化が現れました。立ち仕事をしていても膝が痛くならなくなり、以前よりも長時間立ちっぱなしでいられるようになったのです。この痛みから解放された喜びは言葉では表現しきれないほどでした。私はこれまで以上に充実した日々を過ごせるようになり、感謝の気持ちでいっぱいでした。

この2週間での奇跡的な変化は、私にとって人生を変えるほどのものでした。膝の痛みに悩む人にもぜひ試してほしいと思いました。ずっと悩んできた膝の痛みがこのように改善するとは夢にも思っていませんでしたが、あの痛みから解放された喜びは何物にも変えがたいものでした。そして、その喜びを友人と共有することができたことも、私にとって大きな幸せでした。

これからも「ひろのば体操」や「YOSHIRO SOCKS」を継続して行い、膝の痛みと上手に向き合っていきたいと思います。友人から教えてもらったこの素晴らしい方法に出会えたことに感謝し、これからも健康で充実した日々を送っていきたいと思います。

変形性膝関節症 70代 女性 足首と膝の激痛がその場で治った!

両膝の痛みがあり変形性膝関節症と診断。歩行器を使用してカウンセリングにいらっしゃいました。支えがないとバランスを崩してしまうほどでした。しかし足指を広げるケア(YOSHIRO SOCKS・ひろのば体操)により30分後には痛みも軽減し、支えなしで普通に歩くことができるようになりました。

変形性膝関節症 92歳 女性 杖なしで歩けるまでに回復!

NHKにも出演された方ですが、加齢による変形性膝関節症と診断。杖をついても長時間歩くこともできず、階段も難しい状態でした。しかしご主人のお墓参り行きたいという本人の強い希望があり、カウンセリングにいらっしゃいました。92歳という年齢でありながら、足指を広げるケア(YOSHIRO SOCKS・ひろのば体操)により15分後には杖なしで歩けるまでに回復。靴とインソールを購入され、半年後には階段も上り下りができるまでになり、ご主人のお墓参りにも行くことができるようになりました。

変形性膝関節症 60代 女性 杖なしで歩けるようになった!

膝の痛みで杖を使われていました。病院では膝の手術しか治療方法がありませんと言われていましたが、手術をなんとかせずに治したいということで相談にいらっしゃいました。足指を広げるケア(YOSHIRO SOCKS・ひろのば体操)を毎日頑張った甲斐があり、徐々に膝の痛みはなくなり、杖を使わなくても歩けるまでに回復しました。1年もすると走れるまでになりとても喜ばれていました。

原因不明の痛みによる歩行障害

足首と足裏に激痛があり、足裏が地面につかないようにつま先かかかとだけを地面につけて歩かれていました。色々な病院に行きましたが原因がわからないと言われ、治療法が見つからないまま過ごされていたそうです。足指を見ると「かがみ指」がありましたので、足指を広げるケア(YOSHIRO SOCKS・ひろのば体操)を頑張ってもらいました。すると2回目の1ヶ月後には痛みはすっかりなくなり、部活動も復帰することができました。その後再発もなく、快適に過ごされています。

こだわりの、Made in Japan。時間はかかるけど、一足ずつ丁寧に。

変形性膝関節症サポーターのYOSHIRO SOCKSとは?

変形性膝関節症の原因は、一般的に病院では「加齢・筋力低下・肥満」による軟骨のすり減りだとよく言われます。しかしバイオメカニクス的に原因を提示する病院は日本には皆無で、本当の原因を知る医師や理学療法士はいません。実は、変形性膝関節症になる原因は、浮き指や屈み指などの足指変形によるものです。YOSHIRO SOCKSは足指の変形を改善し、根本から変形性膝関節症に対してアプローチしていきます。

YOSHIRO SOCKS

価格:3,850円(税込)
カラー:ホワイト・グレーの2色
サイズ:S・M・Lの3サイズ

 

変形性膝関節症を治すストレッチ法、ひろのば体操をやってみよう!

ひろのば体操ってどんな体操?

「ひろのば体操」とは、足病医学に基づいて2008年に湯浅慶朗が考案・開発した、足指を広げて(=ひろ)伸ばす(=のば)、足指のバイオメカニクス・ストレッチのこと。変形性膝関節症は「小指」という根本原因があり、足の筋力をつけていけば十分にセルフケアで改善できるものなのです。足ゆびストレッチは変形性膝関節症の最良の治療法の1つです。

 

変形性膝関節症を自宅で治す方法とは?

実は、変形性膝関節症と膝の痛みの原因は、「足指の変形」にあります。足指の変形により、下腿骨が外側に倒れることで大腿骨も外側に倒れます。膝の内側部分の軟骨に大きなストレスが加わり続けるので、軟骨を修復する機能が働きにくくになり、膝関節の形状や構造に変化が生じるのです。逆に言えば、膝の内側部分のストレスを除くことができれば、軟骨を修復する機能が働くようになり、膝の軟骨が再生した人もいるのです。詳しくは下記の記事を参照してみて下さい。

湯浅慶朗
足指博士(理学療法士)
足指研究の第一人者。理学療法士。足指研究所所長。日本足趾筋機能療法学会理事長。ひろのば体操、YOSHIRO SOCKS、YOSHIRO INSOLE、ハルメク靴の開発者。東京大学や国際医療福祉大学で研究を行う。元医療法人社団一般病院理事・副院長・診療部長・通所リハビリテーションセンター長。著書多数。テレビ出演は『ガイアの夜明け』『NHKガッテン』『NHK BS 美と若さの新常識』『NHK サキどり』ほか多数出演、著書は『たった5分の「足指つかみ」で腰も背中も一生まがらない!』(PHP出版)など多数。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次