西日本新聞の誌面に、弊社代表の湯浅慶朗の足育の連載が掲載されました!第第16回「帰宅後の5分間で」

2013年9月18日に西日本新聞に掲載

平素よりお世話になっております。

2013年9月18日の西日本新聞様の紙面に、弊社代表の湯浅慶朗の連載が掲載されました。

「お茶の間学 足指伸びてますか〜」

第16回は「帰宅後の5分間で」です。


ヒールやパンプスを痛みなく履きたい。働く女性なら、そんな悩みが分かりますよね。体に良くないと分かっているけれど、自分に最適の靴が選択できない職場もあるでしょう。

こんなときは、自分の足指力を鍛えること。すなわち、指の体操「ひろのば体操=FC方式」が役に立ちます。

足指はしっかりと広がっているのが理想ですが、広げすぎるとパンプスが履けなくなるのではと不安になるかもしれません。でも、普段から足指力をつけておくと、窮屈な靴を履いたときにも、靴の中で足指が滑りにくくなるのです。

パンプスなどを履いたとき、親指の付け根に痛みを感じる方がおられます。原因はこの滑りにあります。

窮屈な靴は外反母趾(ぼし)の原因となりますから、幅広の靴に替える人もいます。しかし、履きはじめは楽でも、月日がたつとやはり足指が滑ってしまい、かえって屈(かが)み指になって外反がひどくなることもあります。

航空関連会社に勤務するIさんは、パンプスでの仕事が日常。スニーカーを履いて働くというわけにはいかない職場です。半日もすると、両親指の付け根の痛みとしびれで笑顔が引きつってしまうこともしばしばだったそうです。

そこで帰宅後に5分間、ひろのば体操=FC方式で足指を広げ、伸ばしてもらいました。すると2週間後の再診時には、すっかり痛みが消え、夜もよく眠れるようになったとうれしそうに報告してくれました。さらに足のたこがなくなり、一日中、パンプスで仕事をしても疲れなくなったといいます。

窮屈な靴を履いた後のひろのば体操=FC方式は、化粧後の肌のメンテナンスと同じ。Iさんのように、ダメージを受けた足指のストレッチを日課にすることで、履ける靴の種類が広がります。かわいい靴が履けないとお悩みの方も、外反母趾でお困りの方も、まずはひろのば体操を試してみてください。

◇この連載がきっかけで、NHK総合テレビの情報番組「サキどり」に出演しました。テーマは「〝足育〟で転倒防止!運動能力アップ!」です。下記ホームペジに掲載されています。どうぞご覧ください。


ひろのば体操」や「YOSHIRO SOCKS」により、持続的な社会に向けた活動ができるということを世の中に発信することで社会課題を解決していく病院や施設を増やしていきたいと考えております。

こういった連載ができましたのも日頃応援いただく皆様のおかげでございます。

本当にありがとうございます。

湯浅慶朗
足指博士(理学療法士)
足指研究の第一人者。理学療法士。足指研究所所長。日本足趾筋機能療法学会理事長。ひろのば体操、YOSHIRO SOCKS、YOSHIRO INSOLE、ハルメク靴の開発者。東京大学や国際医療福祉大学で研究を行う。元医療法人社団一般病院理事・副院長・診療部長・通所リハビリテーションセンター長。著書多数。テレビ出演は『ガイアの夜明け』『NHKガッテン』『NHK BS 美と若さの新常識』『NHK サキどり』ほか多数出演、著書は『たった5分の「足指つかみ」で腰も背中も一生まがらない!』(PHP出版)など多数。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!(笑

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました
  • URLをコピーしました
目次