湯浅慶朗の足育・歩ける足づくり講座

第2講

関節リウマチではなかった

関節リウマチの方が来院

 

妻のO脚に気をよくした私は、人の足元ばかりを見るようになりました。そんな折、関節リウマチと診断され、膝の痛みを訴える女性が来院されました。投薬治療を施されていましたが、痛みはいっこうに治まらず、不安でたまらないご様子。

 

足元を見ると小指が地面についておらず、わずかに浮いていました。いわゆる「浮き指」です。フットプリント(足型)を取ると、その濃淡から、足指が接地しておらず、かかとに重心が写っていることが分かりました。

 

なぜ浮き指はよくないのでしょうか。逆立ちをするとき、ぎゅっと床をつかむように手の指を曲げたり、浮かせる人はいません。指はピンと伸びたままです。一本でも曲げると途端にバランスを失い、逆立ちができなくなります。

足指変形で不自然な力が

 

一方、足には強大な筋肉が付いているので、足指を曲げて立つことはできます。それでも足元が不安定な状態で歩くと、足はもちろん、腰から上の筋肉も余分な力を使ってバランスを取ろうとします。そこにかかる不自然な力がひざ痛や腰痛、骨格のゆがみにつながるわけです。

 

この方には、自宅でできる足指の機能訓練を指導しました。すると2週間後の再診時、ひざ痛はうそのように消えていました。浮いていた小指も地面に接地しています。きちんと歩けるようになったこの方の安堵の表情に私も救われました。

 

女性のみならず男性にも多く見られる浮き指は、足に合わない靴や歩き方の問題で起こります。家庭でチェックするするときは、はだしで立った状態で、小指を横から見て、浮いているかどうかで判断してください。

 

浮き指とは、足指が地面から離れている状態、もしくは足指の圧が小さい状態のことをいいます。また、外反母趾(がいはんぼし)や内反小指(ないはんしょうし)によって2〜3指が左右から押されて浮くこともあります。

あなたの足指は変形していませんか?

親指の浮き指

真正面から親指を見て、爪が見えない状態、もしくは他の爪の向きと違って上に反り上がっている状態であれば浮き指です。フットプリントをとると、親指が1/3〜2/3程度しか映りません。また、靴下のつま先部分が破けやすいことも特徴です。深爪をする方に多く見られます。

 

ペーパーテストといって、靴下を履いたまま椅子に腰掛けた状態で親指の下に紙を入れ、親指で紙を押さえます。それを引っ張って紙が抜けるようであれば浮き指です。

小指の浮き指

紙を小指の下に入れてスカスカ入るようであれば浮き指です。小指の爪が変色していたり、爪が小さくなっていることが多いです。

 

もしくは小指の部分に紙を入れたまま、小指だけの力で押さえてみてください。紙がが簡単に抜けるようであれば足指の圧がかかっていないことになり、歩いている時に小指は使えていない状態だと判断できます。

さて、足指の変形は浮き指だけではありません。次回は、その他の足指の変形について説明しますね。

Misdiagnosis of rheumatoid arthritis

After witnessing the drastic correction of my wife’s bowlegs, I began to focus on patients’ legs and feet when they visited the clinic.  One day, a lady complaining of pain in her knees, who had previously been diagnosed with rheumatoid arthritis, paid us a visit.

This lady had been on medication for quite some time, but her pain had not receded and she seemed troubled.  When I looked at her little toes, I noticed they were slightly raised off the ground, which we termed as “floating toes”.  Her footprints indicated that she was preferentially balancing her weight on her heels.

What is wrong with floating toes?  Well, when we do a handstand, none of us would bend or claw our fingers to grab the ground or lift some fingers off the floor.  All our fingers should stay flat on the ground.  Just bending one finger may result in a loss of balance and cause us to fall. The same thing happens with our toes.

 

Deformed toes are unnaturally strong

Our feet consist of strong muscles which enable us to stand even when our toes may be crooked.  However, when we walk with unstable feet, our hips and the muscles of our upper body need to compensate for this instability to balance the body.  This is the reason for the unnatural strain in the body that causes backache, knee pain and distortion of the bone structure.

I advised her to exercise her toes, which she could easily do at home.  After three weeks, she returned for her follow-up consultation, and the pain in her knees had completely disappeared.  I was so relieved at seeing her being able to walk again without any pain.

Floating toes are not only observed in females but also in males, and are caused either by improperly fitted shoes or by the way one walks.  There is an easy check you can perform yourself at home: simply stand barefooted and note whether your little toes are raised off the ground when viewed from the side.

Floating toes are toes that are either raised off the ground or toes that exert very little pressure to the ground.  Additionally, bunions and bunionnettes may cause a floating toes effect owing to the pushing-up of the middle toes as a result of the overcrowding.

 

<A floating big toe>

Viewing directly from the front and level with the floor, if you are unable to see your big toe’s nail or your big toe’s nail is pointing upwards compared with the other toenails, this can be defined as a floating big toe.  In this case, the footprint would only show 1/3 or 2/3 of the big toe.  This can also be evidenced by a tear in the sock in the big toe area and is observed in many people who cut their toenails too short. 

A test using a piece of paper is one way to check for this deformity.  The person to be tested should sit on a chair and a piece of paper is slid under their big toe. The person should use their toe to try and hold the paper to the floor.  If it is easy to slide the paper out from under the toe, this is evidence of a floating big toe.

 

<A floating little toe>

Doing the same test as above for one’s little toe is the test for a floating little toe.  Discolored toenails and/or tiny toenails are often indicators of this deformity.

営業時間

午前:10:00〜13:00
午後:14:00〜17:00

営業日

書籍紹介

書籍写真

メディア紹介

メディア写真

あなたの痛みを改善させる最後の治療家です

結果ではなく

原因にアプローチをする

YOSHIRO  STUDIO代表を務める湯浅慶朗はひろのば体操の考案者でもあります。足育の第一人者としてNHKガッテンに特集され出演した。世界初の足指専門外来でフットケアセンター長に就任。日本人ではじめて足指からの腰痛やひざ痛回復指導におけるスペシャリストとして、病院では手術しかない、治療法がないという方ばかりを対象に1万人以上の患者様に治療を実施し数々の奇跡を起こし続けてきました。西日本新聞連載「お茶の間学II 足指伸びてますかー」(全22回)が人気となり、NHK「サキどり!」で足育として取り上げられ、大反響となりすぐに再出演が決定した。原因不明の痛み・痺れの改善スペシャリストとして紹介され、半年待ちの予約状況が5年間続く。AKA専門クリニックにてAKA博田法を取得し、「足と姿勢と咬合理論」を癒合させたHIRONOBA®︎治療の技術をベースに2017年に東京都にて開業。ニューヨーク大学に招待されセミナーも行なった経歴も持つ。

 

これまで寝たきりだった方が歩行可能となり、杖をついていた方も社会復帰をし、「一生車椅子」「一生杖が必要」「一生装具が必要」と宣告された方に対して画期的な治療方法を提供しサポートしております。再び自分の足で立ち上がり、歩けるようになるという奇跡を、ぜひ一度ご体験ください。手術をせずもう一度昔のように歩けるようになりたい方、本物の健康を取り戻すトータルヘルスコンサルティングとしてもご相談下さい。

湯浅慶朗(ゆあさよしろう)

理学療法士・ひろのば体操考案者

諦めないでください

回復に限界はありません

湯浅慶朗の治療と病院などでの治療とは様々な点で異なります。大学病院や整形外科での治療は「残存した身体機能を活かし、なるべく早期に社会復帰すること」を主目的とするため薬で症状を抑えたり、手術で骨を削って体の機能を奪ってしまいます。しかし湯浅慶朗の治療は今の状態に陥った生活習慣の中に潜む「物や行動パターン」を徹底したヒアリングで特定して排除し、セルフケアにて「身体に眠る機能を呼び起こし、週・月単位で”再歩行”を目指す」スタンスで、身体を本来の状態に戻す治療を行なっています。

 

湯浅慶朗の使命は寝たきりのない安心できる世界を作ること。再び歩く夢に挑戦して夢を叶えて下さい。二度と歩けないという常識を覆し、回復に限界はないことを信じ、数々の奇跡を起こし続け、世界一の理学療法士を目指した湯浅慶朗にしかできない技術であなたの夢を叶えます。誰にも真似できない知識と技術と熱意、そして夢と希望がここにはあります。旅行、登山、犬の散歩、華道、茶道、スポーツなど、あなたの叶えたい夢を私にお聞かせ下さい。

機能性5本指靴下
YOSHIRO SOCKS

HIRONOBA®︎TRAINIGの効果を最大限に発揮するために開発した機能性5本指靴下「YOSHIRO SOCKS」を紹介します。

YOSHIRO SOCKSとの併用で足指がさらに広がりやすくなります

YOSHIRO SOCKSは理想の足形を常に再現する形状記憶構造をしています。YOSHIRO SOCKSを履く事で、ひろのば体操と同様の効果が常に得られます。足指の変形がひどい方や早く効果を得たい方には、ひろのば体操とYOSHIRO SOCKS の併用をおすすめします。

yoshiro socks
ロゴ

YOSHIRO  STUDIO

福岡市城南区田島1-2-30 くうたんはうす・ばう006
Email: contact@yoshiro.studio
TEL: 092-812-9281
FAX: 050-1147-0435