湯浅慶朗の足育・歩ける足づくり講座

第9

介護離職・介護予防のための足づくり

こわい転倒

 

65歳以上の方が寝たきりになる原因は、脳血管疾患、老衰に次いで、骨折・転倒が第3位。転倒による死亡者数は年間7千人を超え、交通事故死を追い抜いてしまいました。転ばないためには、バリアフリー化で段差をなくすなどといった住環境の整備も有効ですが、転ばない足を作ることも大切です。では、どうすれば転ばないようになるのでしょうか。

 

試しに、わざと足指をかがめた状態で歩いてみてください。膝もつま先も上がらず、まるでサルのように、不安定でぎこちない歩き方になるのがわかります。逆にいえば、足指さえ広がっていれば、転倒しにくい歩き方になるわけです。

 

私は2011年、国際医療福祉大学の森田正治教授の協力を得て、平均年齢65歳の女性10人を対象に実験を行い、靴医学会・転倒予防医学研究会で発表しました。内容は、歩行距離、ももあげ、椅子からの立ち上がりの回数などを、はだしと、転倒予防目的で開発した足指が広がる靴下を履いた状態で比較したもの。実験では、靴下を装着したその時から、転倒予防に必要な立ち上がり(大腿四頭筋)ともも上げ(腸腰筋)の筋力が平均27%以上、歩行速度は13%向上しました。

 

歩行速度と寿命には大きな関係があり、しっかりと歩けることはそれだけで健康な証拠。言い換えると、歩ける足づくりには健康長寿に直結しているのです。

転ばぬ先の「靴下」

 

歩くというのは一番のリハビリ。ただ歩くだけでも、目や耳から入る情報を判断しながら体中の筋肉をスムーズに動かす訓練になります。あぜ道や山道、坂道であれば、平地では使わない様々な筋肉も使うため、さらに足指が鍛えられます。

 

こう話すと「やっぱり、素足が一番ですね」と思われるでしょうが、外反母趾やヘンペイソック、内反小指など、既に足が変形したはだしの状態で歩けば、変形が進む危険性があります。不安のある方は「転ばぬ先のつえ」の代わりに、矯正する機能がある靴下を履かれることをお勧めします。ちなみに、歩行困難で来院された70代女性は、この靴下を履いて治療に取り組まれた結果、ご自分の体重の2倍近い私を軽々と支えることができるようになりました。

Falling is scary.

The reason most people over 65 years old become bedridden is a cerebrovascular disease, senility, followed by falling and breaking bones.  The number of fatalities due to falling is over 7,000 a year and now is more than the one from traffic accidents. It is important to adjust one’s living environment to the universal design, but it is also important to improve the strength of your feet so that you won’t fall.  Then, how can you actually prevent from falling or tripping?

 

Just to test yourself, try and walk with your toes crooked.  Isn’t it hard to lift your knees and toes?  You will probably notice that it’s very unstable and awkward like a monkey walking.  On the contrary only if your toes are stretched, you will be able to walk solidly, hardly falling or tripping.

With a cooperation of Professor Masaharu Morita at the International University of Health and Welfare in 2011, I had an experiment done with 10 women of the average age of 65 and presented the results at a conference of the Japanese Society for Medical Study of Footwear and the Japanese Society for Fall Prevention.

 

What I presented was the data comparison of walking distance, thigh lifting, and the number of rising from a chair in barefoot and with the socks on, the particular socks which were developed to stretch one’s toes to prevent from falling.  In the experiment the number of rising from a chair which uses the quadriceps muscle strength also required to prevent from falling and the number of thigh lifting which requires the iliopsoas (hip flexor) muscle strength, both have gone up by the average of 27 percent, and so did the walking speed by 13 percent.

 

The walking speed has so much to do with a life span that being able to walk with firm steps is the very proof of being healthy.  In another words improving and maintaining the feet condition in order to be able to walk firmly is directly connected to a healthy life span.

 

Better “socks” than sorry

The best rehabilitation is walking.  Just walking itself becomes a good training to move your overall muscles while your eyes and ears capturing and processing the information around you.  For example, on a footpath along the rice fields, trails in the mountains or on a hill, you use the muscles that you don’t usually use; therefore, your toes will get trained as well.

 

You may think, “After all, being barefoot is the best, isn’t it?”  Well, the foot deformities such as bunions, flat feet, and bunionettes could get progressively worse if you keep walking in barefoot with deformities. If you have concerns, I recommend trying the socks with functional and corrective features.  Better “socks” than sorry, that is.

 

For your reference a lady in her seventies, who came to see me because of a difficulty in walking, started my treatment using these socks and now she came to the point where she could even lift me easily even though my weight is almost as twice as her own. 

営業時間

午前:10:00〜13:00
午後:14:00〜17:00

営業日

書籍紹介

書籍写真

メディア紹介

メディア写真

あなたの痛みを改善させる最後の治療家です

結果ではなく

原因にアプローチをする

YOSHIRO  STUDIO代表を務める湯浅慶朗はひろのば体操の考案者でもあります。足育の第一人者としてNHKガッテンに特集され出演した。世界初の足指専門外来でフットケアセンター長に就任。日本人ではじめて足指からの腰痛やひざ痛回復指導におけるスペシャリストとして、病院では手術しかない、治療法がないという方ばかりを対象に1万人以上の患者様に治療を実施し数々の奇跡を起こし続けてきました。西日本新聞連載「お茶の間学II 足指伸びてますかー」(全22回)が人気となり、NHK「サキどり!」で足育として取り上げられ、大反響となりすぐに再出演が決定した。原因不明の痛み・痺れの改善スペシャリストとして紹介され、半年待ちの予約状況が5年間続く。AKA専門クリニックにてAKA博田法を取得し、「足と姿勢と咬合理論」を癒合させたHIRONOBA®︎治療の技術をベースに2017年に東京都にて開業。ニューヨーク大学に招待されセミナーも行なった経歴も持つ。

 

これまで寝たきりだった方が歩行可能となり、杖をついていた方も社会復帰をし、「一生車椅子」「一生杖が必要」「一生装具が必要」と宣告された方に対して画期的な治療方法を提供しサポートしております。再び自分の足で立ち上がり、歩けるようになるという奇跡を、ぜひ一度ご体験ください。手術をせずもう一度昔のように歩けるようになりたい方、本物の健康を取り戻すトータルヘルスコンサルティングとしてもご相談下さい。

湯浅慶朗(ゆあさよしろう)

理学療法士・ひろのば体操考案者

諦めないでください

回復に限界はありません

湯浅慶朗の治療と病院などでの治療とは様々な点で異なります。大学病院や整形外科での治療は「残存した身体機能を活かし、なるべく早期に社会復帰すること」を主目的とするため薬で症状を抑えたり、手術で骨を削って体の機能を奪ってしまいます。しかし湯浅慶朗の治療は今の状態に陥った生活習慣の中に潜む「物や行動パターン」を徹底したヒアリングで特定して排除し、セルフケアにて「身体に眠る機能を呼び起こし、週・月単位で”再歩行”を目指す」スタンスで、身体を本来の状態に戻す治療を行なっています。

 

湯浅慶朗の使命は寝たきりのない安心できる世界を作ること。再び歩く夢に挑戦して夢を叶えて下さい。二度と歩けないという常識を覆し、回復に限界はないことを信じ、数々の奇跡を起こし続け、世界一の理学療法士を目指した湯浅慶朗にしかできない技術であなたの夢を叶えます。誰にも真似できない知識と技術と熱意、そして夢と希望がここにはあります。旅行、登山、犬の散歩、華道、茶道、スポーツなど、あなたの叶えたい夢を私にお聞かせ下さい。

機能性5本指靴下
YOSHIRO SOCKS

HIRONOBA®︎TRAINIGの効果を最大限に発揮するために開発した機能性5本指靴下「YOSHIRO SOCKS」を紹介します。

YOSHIRO SOCKSとの併用で足指がさらに広がりやすくなります

YOSHIRO SOCKSは理想の足形を常に再現する形状記憶構造をしています。YOSHIRO SOCKSを履く事で、ひろのば体操と同様の効果が常に得られます。足指の変形がひどい方や早く効果を得たい方には、ひろのば体操とYOSHIRO SOCKS の併用をおすすめします。

yoshiro socks
ロゴ

YOSHIRO  STUDIO

福岡市城南区田島1-2-30 くうたんはうす・ばう006
Email: contact@yoshiro.studio
TEL: 092-812-9281
FAX: 050-1147-0435