Yoshiro Socks

  滑舌(かつぜつ)が悪い子どもや、大きな声が出せない子供が増えてきましたね。その原因が「舌力」と言われているけど、舌の力は急に落ちるものではないし、子供は特別に鍛えながら生活しているわけでもない。それでも舌の筋力=舌力の不足だと言って、舌力に力を注いでいる歯科医院はやまほどあります。確かに0歳から予防することは大切なんだけど、本質を理解できていなからやることが無茶苦茶だな〜と感じる今日この頃なのです。  

妻のO脚に気をよくした私(前回の記事をご参照ください)は、人の足元ばかりを見るようになりました。そんな折、関節リウマチと診断され、膝の痛みを訴える女性が来院されました。投薬治療を施されていましたが、痛みはいっこうに治まらず、不安でたまらないご様子。  

久しぶりに言いたいことを書きますね。歯並びを良くしたいとか、子どもの健康を守りたい…そう思うのであれば自分で考える力を身につけることが大切。本をたくさん読んでドツボにハマることとは別です。はっきり言いますが、病院に通っている限り健康にはなれません。子供は無料だからって安易に通うと自己免疫をなくすことにつながります。

思い起こせば、自分自身も小学生の頃、足が臭くて母親に色々な薬局に連れて行かれた経験があります。とにかく足を洗うことだったり、ニオイをごまかすクリームとか使っていた記憶があります。結局どれも効果がなくて、諦めた感じでした。