足指体操で母乳の出が良くなる!妊産婦に多い足腰の悩みも改善

伊東さんは、母乳育児の支援を中心に、産後のお母さんと赤ちゃんの心身のケアを行ったり、様々なトラブルについてのご相談を受けたりしています。

 

83歳の母が1万歩歩けた

 

できるだけ自然に、楽しく育児ができるようにと考えて、いろいろな方法を導入しています。そんな中で、私の提唱している足指を広げる「足育」もその一つ。伊東さんは私のセミナーで資格を取り、ゆあさ式足指体操(ひろのば体操)を指導したり、足指を広げて伸ばす矯正用の5本指靴下「YOSHIRO SOCKS」をご紹介したりしています。

足指を広げることの重要性を学ぶきっかけとなったのは、知り合いの歯科の先生から私のセミナーに誘われたことでした。私のセミナーで知った、足指を広げる矯正用の五本指靴下を、まず83歳になるお母様に勧めてみたそうです。お母様は、長年、足に合わない靴をはいてきたために、足指の変形がひどくなり、80歳を過ぎてからは「長く歩けない」と言っていたからです。

すると、しばらくたってから「1万歩歩けた」というではありませんか。伊東さんは驚き、足指を広げることがいかに大切かを知ったのです。

 

全身の血流が良くなり、母乳の出もよくなる

 

改めて足の指に着目してみると、不調を訴えて当相談所にみえる妊産婦さんたちは、ほぼ例外なく足の指が変形しています。足指の変形とは、浮き指、かがみ指、寝指、外反母趾、アーチくずれ、ウオノメ、タコなどです。伊東さん自身、まだ勉強しながら取り組んでいる最中ですが、足指の変形を矯正していくことの重要性を、日々痛感しています。

母乳の出が悪くて、足指の変形のひどい人に、ゆあさ式足指体操(ひろのば体操)をやってもらったり、寝るときにも矯正用の5本指靴下(YOSHIRO SOCKS)をはいてもらったりすると、それで母乳の出がよくなります。

母乳は血液から作られるので、体のゆがみによる血流の悪さはおっぱいのトラブルにつながります。ゆあさ式足指体操(ひろのば体操)などで足指を広げると、足先まで使う歩き方に変わるので、全身の血流が良くなり、母乳の出もよくなるそうです。乳腺炎などのトラブルを繰り返す場合や、足の冷えに悩むかたたちにも改善が見られています。

 

足腰の痛みが消えて赤ちゃんを安心して抱ける

 

今の若い人たちには、もともと妊娠以前に、骨盤のゆるみやゆがみがあって、姿勢が悪く、しっかり立てない人が多く見られます。妊娠すると、ホルモンの作用で骨盤がゆるんでお産に有利になるよう自然のしくみが働くため、産後はさらに体が不安定になり、腰の痛みや膝の痛みを訴えがちです。こんな状態で子供を抱いて歩いていたら、非常に危険です。

しかし、ゆあさ式足指体操(ひろのば体操)やYOSHIRO SOCKSなどで足指の状態が改善されると、足にきちんと体重を乗せて立てるようになり、安心して子供を抱いて歩ける体に変わるのです。同時に、全身の顔色や精神状態までよくなっていきます。

産婦さんの中には、くるぶし、ひざ、お尻、腰の痛みを訴える人も多く見られます。そう言った痛みも、足指を広げることで治っていく場合が少なくありません。また、背骨に側わんがある人もけっこういます。その人たちに足指を見せてもらうと、足指の変形がひどいのです。それも、足指を矯正していくと、少しずつ上半身のゆがみが改善されていきます。

 

骨盤が整って安産にもつながる

 

伊東さんは現在、直接にお産は扱っていませんが、安産を目指すためにも、ゆあさ式足指体操(ひろのば体操)・YOSHIRO SOCKSなど足指を広げることはオススメしています。骨盤がゆるんでいると、赤ちゃんが通過する産道もいっしょに変形し、うまく赤ちゃんが出られず、異常出産になる率が高まるのではないかと言われています。

ゆあさ式足指体操(ひろのば体操)やYOSHIRO SOCKSなどで、足先にしっかり力が入り、いい姿勢で歩けるようになると、骨盤も整ってきますので、結果的に安産に繋がると考えられます。妊婦さんでも、ゆあさ式足指体操(ひろのば体操)は無理なく行えます。

産後は、時間がなくてゆあさ式足指体操(ひろのば体操)が行えないという人も多いので、そういうかたには、矯正用の5本指靴下「YOSHIRO SOCKS」をオススメしています。足指を広げることが、普段の健康づくりにはもちろんのこと、出産・子育てに関わるさまざまな部分でも役立つことを、ぜひ知っていただけたらと思います。

 

出産が楽になった!妊娠できた!

 

足指を広げると、骨盤が締まるので、安産にもいいようです。Hさんは、出産前に足の痛みで来院されました。その際、初産が難産だったので、2人目の出産が怖いとおっしゃっていました。しかし、足指を広げて伸ばすケアの効果で、当日はほとんど陣痛もなく、スルッと産むことができたそうです。

足指体操は最近、助産師さんたちにも広がっています。妊婦さんがゆあさ式足指体操(ひろのば体操)やYOSHIRO SOCKSをはくと、お産がスムーズになり、産後も体調がいいとのこと。骨盤のバランスが整って、産道の開閉がスムーズになるのが良いのだとおもます。

妊婦さんでもゆあさ式足指体操(ひろの体操)やYOSHIRO SOCKSをはくことはできます。私の妻のその1人でした。妻は、妊娠中、足指を広げる矯正用の5本指靴下(YOSHIRO SOCKS)をはき、ゆあさ式足指体操をずっとしていました。おかげで安産で陣痛もなく、ツルツルぽんっと生まれました。また、足指を広げると、全身の血流が良くなって、冷え性も改善します。

妊娠しにくい人には、冷え性の方が多いようです。そのようなかたは、足指を広げて伸ばすと冷え性が改善します。中には不妊治療をしていた方から、赤ちゃんができましたという嬉しい報告をしてくれたかたもいます。

 

 

足指の変形

 

実際にあなたの足指を見てみてください。ほとんど方に足指の変形が見られます。

あなたの足指は大丈夫!?足指の変形の分類

 

ゆあさ式足指体操(ひろのば体操)

 

O脚やX脚などの変形には「魔法のくつ下 YOSHIRO SOCKS」と「ゆあさ式足指体操(ひろのば体操)」をオススメしています。下記サイトに正しいやり方の動画をアップしています。やり方によって効果が大きく異なるので、良く見ながらしっかりと真似をして見て下さい。1日1回5分〜なのでカンタンに始められます。

 

魔法のくつ下

 

YOSHIRO SOCKSは理想の足形を常に再現する形状記憶構造をしています。YOSHIRO SOCKSを履く事で、理想的な姿勢と呼吸を再獲得し、脳の血流量を増加させるための手助けをします。足指の変形がひどい方や早く効果を得たい方には、ひろのば体操とYOSHIRO SOCKS の併用をおすすめします。

yoshiro socks

 

帯電障害(自然欠損障害)にはアーシグマットがオススメ

 

テレビ、コンピューター、wi-fiなど、今日のすべての屋内の現代の電子機器に体がさらされると、体がかなり大きな正電荷を蓄積することです。アーシングの中でよく使われる「体内静電気」とは全く違うものです。電荷は屋内の汚染物質、化学物質、汚れた空気からも増加し、成長する組織や細胞に過剰なフリーラジカル損傷をもたらし、慢性炎症を引き起こし、ひざ痛や腰痛を引き起こす可能性があります。特に椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症の改善のカギは「マクロファージ」にもありますので、アーシングを行いマクロファージを増やすようにしましょう。

また、家電製品の誘導電位による体への電圧負荷は、神経伝達のシナプス遅延を起こす可能性がある。つまり、自然治癒能力が抑制される可能性があるということです。寝たきりの人や車椅子の人は特にアーシングをお勧めしています。徐々に自然治癒能力が高まり、ひざの痛みがなくなったという体験談があります。地面の上で裸足で歩くか、屋内のアーシング製品を使用することにより、体はこの電子不足を補い、修復することができます。ただし、外で靴を履いているとアーシングの効果は薄れてしまうので、裸足になってアスファルト以外の場所を歩くようにしてみてください。全身のアーシングを行えるまでに、1時間の時間を要することがわかっています。

 

 

・オンラインアカデミー
https://academy.hironoba.jp/

 

・YOSHIRO STUDIOでの半日セミナー

【1部】姿勢変化による口腔習癖の起源とアプローチ
口呼吸・低位舌・舌癖・咀嚼癖・気道閉塞・etc

・11月10日(日)
・12月1日(日)
・12月22日(日)

【2部】姿勢変化による不正咬合の起源とアプローチ
狭窄歯列・過蓋咬合・反対咬合・オープンバイト・etc

・11月17日(日)
・12月8日(日)

【3部】姿勢変化による顎関節機能障害の起源とアプローチ
顎関節症・TCH・破折・etc

・11月24日(日)
・12月15日(日)

【場所】YOSHIRO STUDIO
【時間】10:00〜16:00
【定員】5名
【対象】
医師・理学療法士・作業療法士・看護師・介護士・保育士
歯科医師・歯科衛生士・歯科助手・コーディネーター
柔道整復師・鍼灸師・整体師・各種トレーナー・一般
※姿勢と咬合不良の予防に興味のある方。

【費用】55,000円(税込)
【特典】修了証を発行します

【お申し込み】
メールにてご連絡ください。

姿勢分析を通して、その機序と解決策を説明していきます。時間を十分に取っているのでパソコンが苦手な方も丁寧に教えていきますので、その日のうちにマスターできます。写真撮影方法も苦手な方が多いので、この日のうちに徹底してマスターして頂きます。これから予防歯科を取り入れたいと考えている方にご参加頂ければ嬉しいです。好きな分野だけの参加も大歓迎です😀

 

MFTを使わなくてもに口呼吸・低位舌を改善するためのメソッドです。改善するための手法をお伝えするだけではなく、患者様に明確な姿勢の解剖学的分析結果・解剖学的エンドポイント・解剖学的トレーニング計画をお伝えするためのものです。姿勢は1ヶ月で変わります。3ヶ月で理想姿勢にもっていけるようになりましょう。

 

*昔の動画なので動画の中の日程は無視して下さい。

*昔の動画なので動画の中の日程は無視して下さい。

 

 

湯浅 慶朗
湯浅 慶朗
contact@yoshiroyuasa.com

ひろのば体操考案者。東京大学スポーツ先端科学技術拠点共同研究員。NHKガッテン・NHKサキどりなどで特集が組まれ、足育の第一人者として紹介された。福岡・東京を拠点として会員制トータルヘルスコンサルティングのほか、「足指咬合理論」を世界中に普及させるために、日本国内のみならずニューヨークやバンコク等でも講演活動やセミナーを行っている。靴下だけで歯並びを変えたい!という想いでオリジナルブランドの「YOSHIRO SOCKS」の研究開発も行っている。