足指を広げるケアで、顎関節症やかみ合わせの治療成績が向上

Y先生は歯学部の学生時代から、歯のかみ合わせと足の状態に深い関係があることを認識していました。

 

足指とかみ合わせは深く関連している

 

 

大学在学中、広島大学の先輩であり、かみ合わせの治療で有名な藤田先生の医院で見学をしていました。藤田先生は、あごの関節の痛みや口の開きにくさ、異常音などの症状が起こる顎関節症の患者さんたちに対して、足のバランスをよくする中敷き(インソール)を作成していました。

藤田先生は、「下のあごの位置が正しい位置になければ、いくら歯並びが良く見えても、それは正しいかみ合わせとは言えない」ということを教えてくれていたそうです。このことを「ニュートラル。リレーション」という言葉で表わします。

九州の現在の地にY先生が開業からは、かみ合わせと足指の関係のことが頭のすみにはあったものの、両者の関連をどう臨床にいかせばよいかわからないまま、通常の歯科診療や矯正治療を行なっていました。

ところが、たまたま開業された近くで私の講演会が開催されました。Y先生が受講してみたところ、足指が正しい位置(「ニュートラル・ポジション」と表現していました)にないと、全身のさまざまな障害を起こすという話を聞いて、「これだ!」とピンときたそうです。それから、私のセミナーで足指の勉強を始め、今では、その知識や実践法を、日常の歯科の診療に大いに活用されています。

 

足指の調整をしてから歯科治療に入る

 

Y先生のところは歯科医院ですが、歯科の診療や矯正治療に入る前、まず足指の調整や足指を正すための指導から行います。なぜなら、足指を広げることで全身の姿勢が変わり、あごの位置も変わるからです。例えば、歯科の診療や矯正治療を受けにみえた患者さんの足指が、浮き指、かがみ指、寝指、外反母趾などで正しい位置にない場合、下あごの位置も、それに呼応して異常になっていることがあるのです。

足のバランスが右に偏っていれば、あごの右側に強い力がかかり、足のバランスが後ろに偏っていれば、あごの奥側に強い力がかかる、という具合です。このようにバランスが崩れた状態のまま、歯の詰め物やかぶせ物をしたり、矯正治療をしたりしてしまうと、足の位置が正しくなったときに、かえってバランスをくずすことになってしまいます。

そもそも偏ったバランスのまま歯科治療をすること自体、こりや痛みなど、全身の不調を招く危険性もあって良くありません。そこで、Y先生の医院では、かみ合わせの治療や矯正治療の患者さんで足指のズレが特に大きいかたは、まず足指を整えてから治療に入るのです。

このやり方を取り入れて以来、特にかみ合わせや顎関節症の治療は、非常にうまくいくようになりました。足指のケアを取り入れる前なら、手こずっただろうと思われる症例でも、直しやすくなったそうです。中には、驚くほど良くなるケースもあります。

 

 

ゆあさ式足指体操(ひろのば体操)による、オクルーザーのデータですが、上下の歯の接触面積・かむ力・左右の歯の接触面積に改善がみられ、かみ合わせが良くなっている。

 

顎関節症と頭痛が歯科治療なしで治った

 

例をあげましょう。ある40代の女性は、顎関節症で口が開けにくく、頭痛がありました。そこで、「まずはかみ合わせの検査をしてみましょうか」と提案しました。同時に、足指を広げる矯正用の5本指靴下(現在のYOSHIRO SOCKS)を紹介したところ、このかたは早速はき始めたようです。すると、次の来院日には、口がスムーズに開くようになって、頭痛も消えていたのです。

Y先生が側頭部を触診しても、かみ合わせの異常に伴う痛みが消えていました。つまり、このかたは、足指を広げるだけで、かみ合わせの治療が必要なくなったのです。足指の変形が、かみ合わせの悪い原因になっていた可能性のあることがわかります。

 

30代の女性。あごの痛みで、あごをを横に大きく開いて笑うことができなかったが、3週間ほどで痛みがなくなり普通に笑えるようになった。

指も2本ほどしか入らなかったが、あごの痛みが改善し3本はいるようになった。

 

かみ合わせが改善し頭痛が消えた

 

また、別の40代の女性は、かみ合わせが非常に悪く、足指の変形もひどかったので、足指を広げる矯正用の5本指靴下(現在のYOSHIRO SOCKS)を勧めたところ、Y先生の医院からはいて帰られました。同日の夕方電話があり、「先生、あの靴下はすごい!」とおっしゃるのです。

聞けば、「腰が痛くなって半日寝ていたが、あの靴下をはいた後はすっかり調子が良くなり、腰痛も消え、かみ合わせが良くなったことが自分でもわかる」と言います。普段から、ご自身の身体の状態が非常に敏感にわかるかたなのですが、「全身のバランスが良くなったようだ」とおっしゃっていました。後日、診察したY先生から見ても、確かに体のバランスが整い、かみ合わせが改善していました。

これらは、矯正用の5本指靴下で足指を広げた例ですが、ゆあさ式足指体操を続けることでも、同じように足指が広がり、かみ合わせの改善が促されるそうです。かみ合わせの悪さや顎関節症に悩み、治療を受けてもなかなか改善されないというかたは、ゆあさ式足指体操・YOSHIRO SOCKSを取り入れてみてください。足指が広がって体のバランスが整い、かみ合わせの改善が期待できます。

 

この方も顎関節症で口が開けられなかった40代の女性。2週間ほどで痛みもなくなり、顎関節症が改善。

 

足指を見ると「かがみ指」の変形があるが、2週間ほどで改善している。

 

足指がしっかりと開くようになるに伴い、あごの痛みもなくなっていった。

 

反り腰が強かったが、足指の改善とともに姿勢も良くなっている。

 

 

 

足指の変形

 

実際にあなたの足指を見てみてください。ほとんど方に足指の変形が見られます。

あなたの足指は大丈夫!?足指の変形の分類

 

ゆあさ式足指体操(ひろのば体操)

 

O脚やX脚などの変形には「魔法のくつ下 YOSHIRO SOCKS」と「ゆあさ式足指体操(ひろのば体操)」をオススメしています。下記サイトに正しいやり方の動画をアップしています。やり方によって効果が大きく異なるので、良く見ながらしっかりと真似をして見て下さい。1日1回5分〜なのでカンタンに始められます。

 

魔法のくつ下

 

YOSHIRO SOCKSは理想の足形を常に再現する形状記憶構造をしています。YOSHIRO SOCKSを履く事で、理想的な姿勢と呼吸を再獲得し、脳の血流量を増加させるための手助けをします。足指の変形がひどい方や早く効果を得たい方には、ひろのば体操とYOSHIRO SOCKS の併用をおすすめします。

yoshiro socks

 

帯電障害(自然欠損障害)にはアーシグマットがオススメ

 

テレビ、コンピューター、wi-fiなど、今日のすべての屋内の現代の電子機器に体がさらされると、体がかなり大きな正電荷を蓄積することです。アーシングの中でよく使われる「体内静電気」とは全く違うものです。電荷は屋内の汚染物質、化学物質、汚れた空気からも増加し、成長する組織や細胞に過剰なフリーラジカル損傷をもたらし、慢性炎症を引き起こし、ひざ痛や腰痛を引き起こす可能性があります。特に椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症の改善のカギは「マクロファージ」にもありますので、アーシングを行いマクロファージを増やすようにしましょう。

また、家電製品の誘導電位による体への電圧負荷は、神経伝達のシナプス遅延を起こす可能性がある。つまり、自然治癒能力が抑制される可能性があるということです。寝たきりの人や車椅子の人は特にアーシングをお勧めしています。徐々に自然治癒能力が高まり、ひざの痛みがなくなったという体験談があります。地面の上で裸足で歩くか、屋内のアーシング製品を使用することにより、体はこの電子不足を補い、修復することができます。ただし、外で靴を履いているとアーシングの効果は薄れてしまうので、裸足になってアスファルト以外の場所を歩くようにしてみてください。全身のアーシングを行えるまでに、1時間の時間を要することがわかっています。

 

 

・オンラインアカデミー
https://academy.hironoba.jp/

 

・YOSHIRO STUDIOでの半日セミナー

【1部】姿勢変化による口腔習癖の起源とアプローチ
口呼吸・低位舌・舌癖・咀嚼癖・気道閉塞・etc

・11月10日(日)
・12月1日(日)
・12月22日(日)

【2部】姿勢変化による不正咬合の起源とアプローチ
狭窄歯列・過蓋咬合・反対咬合・オープンバイト・etc

・11月17日(日)
・12月8日(日)

【3部】姿勢変化による顎関節機能障害の起源とアプローチ
顎関節症・TCH・破折・etc

・11月24日(日)
・12月15日(日)

【場所】YOSHIRO STUDIO
【時間】10:00〜16:00
【定員】5名
【対象】
医師・理学療法士・作業療法士・看護師・介護士・保育士
歯科医師・歯科衛生士・歯科助手・コーディネーター
柔道整復師・鍼灸師・整体師・各種トレーナー・一般
※姿勢と咬合不良の予防に興味のある方。

【費用】55,000円(税込)
【特典】修了証を発行します

【お申し込み】
メールにてご連絡ください。

姿勢分析を通して、その機序と解決策を説明していきます。時間を十分に取っているのでパソコンが苦手な方も丁寧に教えていきますので、その日のうちにマスターできます。写真撮影方法も苦手な方が多いので、この日のうちに徹底してマスターして頂きます。これから予防歯科を取り入れたいと考えている方にご参加頂ければ嬉しいです。好きな分野だけの参加も大歓迎です😀

 

MFTを使わなくてもに口呼吸・低位舌を改善するためのメソッドです。改善するための手法をお伝えするだけではなく、患者様に明確な姿勢の解剖学的分析結果・解剖学的エンドポイント・解剖学的トレーニング計画をお伝えするためのものです。姿勢は1ヶ月で変わります。3ヶ月で理想姿勢にもっていけるようになりましょう。

 

*昔の動画なので動画の中の日程は無視して下さい。

*昔の動画なので動画の中の日程は無視して下さい。

 

 

湯浅 慶朗
湯浅 慶朗
contact@yoshiroyuasa.com

ひろのば体操考案者。東京大学スポーツ先端科学技術拠点共同研究員。NHKガッテン・NHKサキどりなどで特集が組まれ、足育の第一人者として紹介された。福岡・東京を拠点として会員制トータルヘルスコンサルティングのほか、「足指咬合理論」を世界中に普及させるために、日本国内のみならずニューヨークやバンコク等でも講演活動やセミナーを行っている。靴下だけで歯並びを変えたい!という想いでオリジナルブランドの「YOSHIRO SOCKS」の研究開発も行っている。