足指体操で寝たきり生活から奇跡の生還

車イスを覚悟していた中尾さんは、ゆあさ式足指体操(ひろのば体操)を行った直後に、杖なしで歩けるようになりました。

NHK番組の取材中に歩けた!

 

 

中尾さんがはじめて私を訪ねた日、たまたま、「NHKサキどり」という番組の取材が重なり、中尾さんの治療風景を撮影することになりました。その日までの3年間、中尾さんはベッドから自力で起き上がれず、杖をついても、ご主人の介助なしには歩くことができませんでした。

ところが、ゆあさ式足指体操(ひろのば体操)を数分やっていただいた後、魔法のくつ下を履いて立ち上がると、歩きづらさが消え、1人で杖をついて歩くことができました。歩行練習を始めて15分後、「今度は杖なしで歩いてみましょう!」とお話ししました。「え?」と言われましたが、試してもらうと、しっかり歩くことができたのです。

中尾さんは心の中で祈っていました。「どうか、歩ける状態のこのまま、時間よ止まって!」と。会社を辞めて中尾さんの介護を続けてきたご主人は、驚きのあまり言葉を失っていました。このシーンがNHKで放送され、番組を見たかたから「よかったですね」と言われるようになったそうです。もちろん、私にとっても衝撃でしたし、ご主人は「魔法がかかったみたいだ」と思ったそうです。

 

歩けなくなると覚悟し、家をバリアフリーに改造

 

もともと中尾さんはカラダを動かすことが大好きで、山登りやウォーキングを楽しむなど活動的に暮らしていました。ところが19年前、足腰に異変をきたし、頚椎の手術をしました。頚椎の1番と2番の位置がずれ、放置すると神経が圧迫されて歩けなくなるため、1番と2番の骨をはずし、頚椎と頭部間に金属を入れて固定されました。

手術は成功し、術後は首を左右に回せない、腕を肩より上にあげられないなどの制限はありましたが、しばらくは普通に暮らしていました。ところが、首や腕、肩をじゅうぶんに動かすことができないので、筋力が落ちていき、やがて肩や背中は、鉄板が入ったかのように硬くなりました。

ご主人が全力を込めて肩や背中をもんでも、まったく指が入りません。背中の張りを取りたくても、金属が入っているので、電気治療は受けられず、湿布をするくらいでした。こうした状態が数年続き、60歳の誕生日を迎えた直後、首と肩が重くなり、足も動かなくなりました。杖なしでは立てないので、台所仕事もできません。

ご主人は65歳までの定年延長を急きょ1年で辞めて退職し、家事と介護に専念。中尾さんが車椅子になることを覚悟して、家をバリアフリーにリフォームしました。1日のほとんどをベッドで過ごしていた中尾さんですが、「車椅子だけは嫌」と落ち込んでいました。そんなとき偶然、新聞の連載記事で私のことを知り、私に会いに行けば「自分は元気になる」と直感したそうです。

 

バリアフリーの手すりが、今は物干しになっている

 

私は中尾さんの足の指をチェックし、左足の変形が特にひどく、外反母趾と、人さし指が中指に乗りあげていることを指摘しました。中尾さんは首や肩が悪いせいで歩けなくなったと思っていましたが、私は「足指が悪いんです」と一言。中尾さんは「私の話を全然わかってくれない」と思っていたそうですが、はじめにお話ししたように、間もなく歩けるようになり、「足指のせいだった」と納得。

 

 

なにしろ初回のケアだけで、背中にはりついていた鉄板のような硬さが消え、首や肩、背中の重さが100%なくなって、杖を使わずに歩けるようになったのです。自宅に戻ってからも、良くなりたい一心でゆあさ式足指体操(ひろのば体操)を朝昼夜と続けました。すると2週間後、かちかちに固まっていたカラダが軟らかくなり、立ち上がれるようになったのです。中尾さんは俄然やる気が出て、足指を徹底的にケアしました。

今は、ゆあさ式足指体操を朝と晩の2回行っています。片足15分ずつ行い、その後は足の指を1本ずつもんだり伸ばしたりして、合計で1時間半は足の手入れをしています。足指の変形は徐々に改善し、それに伴って歩く距離も少しずつ伸び、体調がいい日は、1〜2時間程度、杖なしで歩けるようになりました。バリアフリーの手すりは、今では洗濯物干しになっています。

 

 

ゆあさ式足指体操を始めて、体重は46kgから42kgに減りました。ゆあさ式足指体操が減量に役立ったとのこと。4年前から肩こりや腰痛に悩まされていたご主人も、ゆあさ式足指体操を湯ぶねの中で片足5〜6回ずつやり、魔法のくつ下をはいたところ、4日で両足の浮き指と寝指が改善し、腰痛と肩こりが解消しました。中尾さんが歩けるようになり、ご主人は腰痛がなくなったので、休んでいた畑仕事を再開しました。

 

 

 

 

 

ゆあさ式足指体操

 

O脚やX脚などの変形には「魔法のくつ下 YOSHIRO SOCKS」と「ゆあさ式足指体操(ひろのば体操)」をオススメしています。下記サイトに正しいやり方の動画をアップしています。やり方によって効果が大きく異なるので、良く見ながらしっかりと真似をして見て下さい。1日1回5分〜なのでカンタンに始められます。

 

魔法のくつ下

 

YOSHIRO SOCKSは理想の足形を常に再現する形状記憶構造をしています。YOSHIRO SOCKSを履く事で、理想的な姿勢と呼吸を再獲得し、脳の血流量を増加させるための手助けをします。足指の変形がひどい方や早く効果を得たい方には、ひろのば体操とYOSHIRO SOCKS の併用をおすすめします。

yoshiro socks

 

帯電障害(自然欠損障害)にはアーシグマットがオススメ

 

テレビ、コンピューター、wi-fiなど、今日のすべての屋内の現代の電子機器に体がさらされると、体がかなり大きな正電荷を蓄積することです。アーシングの中でよく使われる「体内静電気」とは全く違うものです。電荷は屋内の汚染物質、化学物質、汚れた空気からも増加し、成長する組織や細胞に過剰なフリーラジカル損傷をもたらし、慢性炎症を引き起こし、ひざ痛や腰痛を引き起こす可能性があります。特に椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症の改善のカギは「マクロファージ」にもありますので、アーシングを行いマクロファージを増やすようにしましょう。

また、家電製品の誘導電位による体への電圧負荷は、神経伝達のシナプス遅延を起こす可能性がある。つまり、自然治癒能力が抑制される可能性があるということです。地面の上で裸足で歩くか、屋内のアーシング製品を使用することにより、体はこの電子不足を補い、修復することができます。ただし、外で靴を履いているとアーシングの効果は薄れてしまうので、裸足になってアスファルト以外の場所を歩くようにしてみてください。全身のアーシングを行えるまでに、1時間の時間を要することがわかっています。

 

 

・オンラインアカデミー
https://academy.hironoba.jp/

 

・YOSHIRO STUDIOでの半日セミナー

【1部】姿勢変化による口腔習癖の起源とアプローチ
口呼吸・低位舌・舌癖・咀嚼癖・気道閉塞・etc

・11月10日(日)
・12月1日(日)
・12月22日(日)

【2部】姿勢変化による不正咬合の起源とアプローチ
狭窄歯列・過蓋咬合・反対咬合・オープンバイト・etc

・11月17日(日)
・12月8日(日)

【3部】姿勢変化による顎関節機能障害の起源とアプローチ
顎関節症・TCH・破折・etc

・11月24日(日)
・12月15日(日)

【場所】YOSHIRO STUDIO
【時間】10:00〜16:00
【定員】5名
【対象】
医師・理学療法士・作業療法士・看護師・介護士・保育士
歯科医師・歯科衛生士・歯科助手・コーディネーター
柔道整復師・鍼灸師・整体師・各種トレーナー・一般
※姿勢と咬合不良の予防に興味のある方。

【費用】55,000円(税込)
【特典】修了証を発行します

【お申し込み】
メールにてご連絡ください。

姿勢分析を通して、その機序と解決策を説明していきます。時間を十分に取っているのでパソコンが苦手な方も丁寧に教えていきますので、その日のうちにマスターできます。写真撮影方法も苦手な方が多いので、この日のうちに徹底してマスターして頂きます。これから予防歯科を取り入れたいと考えている方にご参加頂ければ嬉しいです。好きな分野だけの参加も大歓迎です😀

 

MFTを使わなくてもに口呼吸・低位舌を改善するためのメソッドです。改善するための手法をお伝えするだけではなく、患者様に明確な姿勢の解剖学的分析結果・解剖学的エンドポイント・解剖学的トレーニング計画をお伝えするためのものです。姿勢は1ヶ月で変わります。3ヶ月で理想姿勢にもっていけるようになりましょう。

 

*昔の動画なので動画の中の日程は無視して下さい。

 

湯浅 慶朗
湯浅 慶朗
contact@yoshiroyuasa.com

ひろのば体操考案者。東京大学スポーツ先端科学技術拠点共同研究員。NHKガッテン・NHKサキどりなどで特集が組まれ、足育の第一人者として紹介された。福岡・東京を拠点として会員制トータルヘルスコンサルティングのほか、「足指咬合理論」を世界中に普及させるために、日本国内のみならずニューヨークやバンコク等でも講演活動やセミナーを行っている。靴下だけで歯並びを変えたい!という想いでオリジナルブランドの「YOSHIRO SOCKS」の研究開発も行っている。