ADHDの良薬は「姿勢」と「運動」。でも今のままでも良い。

米ハーバード大学の研究グループから「早生まれの児童は、ADHDと診断される確率が高い」という研究結果が報告されました。

 

その診断、少し待ってみよう

 

研究グループは、2007~2009年に生まれた小児40万7846人を対象に、9月生まれ(日本では4月生まれに相当)と8月生まれ(同3月生まれ)の子どものADHD(注意欠陥・多動性障害)診断率を比較。その後の治療率も比較するため、2015年まで追跡調査を行ってます。その結果、早生まれの子どもの診断率は、遅生まれの子どもと比較して、1.34倍高いことが判明しています。治療率でも同様の傾向が認められているというもの。

これは3歳ごろに診断されるASD(自閉スペクトラム症=高機能自閉症、アスペルガー症候群なども含む)と診断された方にも言えますが、2歳(遅生まれ)と3歳(早生まれ)では発達に大きな差が生まれます。それを3歳という基準だけで「発達が遅れている」とするのも誤診の危険性があります。

独特なこだわりを持っていたりコミュニケーションに問題があったりするASD(自閉症スペクトラム障害/アスペルガー症候群)、多動で不注意の多いADHD(注意欠陥・多動性障害)、知的な遅れがないのに読み書きや計算が困難なLD(学習障害)、これらを一般的に発達障害と呼びます。しかし現代では、発達障害の枠組みが広くなりすぎて、一部の言葉や情報だけが独り歩きし、本来の意味とは違った形で知れ渡ってしまっている。

このように情報が錯綜してしまうと、「わが子が発達障害ではないか?」と心配になる親が増えてしまいます。医療機関などで積極的に診断させたり、学校の先生や周囲の人に相談を重ねたりする人も多いと思います。けれども、そもそも人間の発達に標準はありません。特に発達のプロセスにいる子どもたちは、多様な発達の仕方をします。そんな子どもたちに、親や先生が「発達に障害がある」と決めつけることは、その子の人生を大きく変えてしまう可能性があるのです。

 

ADHD、ASD、LDの方が能力が高いことが多い

 

 

義務教育は、『人と同じことをするのが良いことだ』という風潮です。勉強も運動も遊びも全てにおいて、周りと同じようなことをすることが求められます。しかし、ここで考えなくてはならないことは『なぜ人と同じことをしないといけないのか?』です。子どもが人と違う行動をしていたら、いじめにつながったりすることもありますが、ある意味でその子の才能を潰すことにつながることです。日本の教育で求められるのは、人はそれぞれ違うということであり、「違うことを認める」教育が必要だと思います。

 

  • 漫画の読みすぎ
  • 本の読みすぎ
  • ゲームのやりすぎ
  • スマホいじりすぎ

こういう子たちはすぐ注意されます。しかし私は、『それだけ集中できるもの・没頭できるものがあるって良いこと』という価値観を与えてあげることも必要だと考えています。学生の頃は勉強ができた人でも、大人になった途端に、集中できるものや没頭できるものがなくなる人も少なくありません。義務教育の家庭の中で、少しずつ才能が潰されているのではないかと思うのです。

何か一つのことを全力で成し遂げる能力を鍛えることが大切だと思います。もし子どもが何かに興味を持っていて、寝食を忘れるほど熱中しているものがあれば、それを大切にしてあげてください。それをサポートしてあげれるのは親しかいません。あれもダメ、これもダメと、子どもの才能を潰している可能性があるのです。学校の勉強だけが人生の全てではないですし、肩書きが欲しいということであれば、何か一つに秀でたものがあれば東京大学や慶應大学に入ることもできます。

これからの日本には、秀でたものを育てる教育に切り替える必要があるのですが、残念ながら今の教育現場ではそれを許せる先生はほとんどいません。先生が信じてる『自分の型』にはめようとしてしまいます。その先生の型にハマった生徒だけが評価され、はまらない子は無理やり型にはめこまれるか、型にはまらない生徒は評価されません。

魚類学者であり、タレント、イラストレーターでもある「さかなクン」のお母様が、さかなクンに好きなこと(魚のことにとことん没頭する)をさせてあげたからこそ、超天才に育てられたんだと話されていました。さかなクンのような子が今の学校教育では育ちにくいとは思います。学校とは本来、国家に従順な国民の養成機関。学校の敷いたレールに乗り続けては「やりたいこと」も「幸せ」も見つからない方もいるのではないでしょうか。私個人の意見としては、「学校はいらない」「学びとは没頭である」「好きなことにとことんハマれ」「遊びは未来の仕事になる」だと思います。

今はインターネットの時代。人とコミュニケーションが取れなくても仕事はあります。自分が本当に好きなもので生計を立てることもできます。多くの方にとって、それらの不安がなくなれば、自分の子がADHDでも、ASDでも受け入れやすいのではないでしょうか。私はADHD、ASD、LDの方を発達障害というよりも、天才だと思っています。スティーブンスピルバーグもトムクルーズも発達障害と言われた方々です。それでも少し変わりたいという方にとって、以下の内容は少しだけ役に立つかもしれません。

 

薬を服用する前にやることがたくさんある

 

 

薬を服用するとなると、さらに問題は深刻化するのではないかと考えています。「この子は落ち着きがないのでADHDではないか」と、子どもを受診させるケースが多くなっていることが深刻です。ADHDの治療薬の一つであるメチルフェニデートは、医療用覚醒剤の一種です。多動や注意欠陥にも効果があるため、現在はADHDの治療薬としても用いられていますが、その強力な覚醒効果で日中の眠気も改善してもおかしくないはずなのに、ほとんど効果が得られないことも少なくありません。

子どものADHDに処方される薬は、とても危険な薬です。これを子どもに与え続けて、果たして悪影響がないといいきれるでしょうか。ADHDが疑われるからといって子どもを安易に薬漬けにしてしまう医療には、疑問を持たざるを得ません。何らかの弊害が起こらないよう、親をはじめとする周囲の大人たちが、子どもに投与される薬には、どのようなリスクがあるのかを十分理解する必要があります。

今までは単なる「ちょっと変わった人」と思われてきた発達障害は、前頭葉からの指令がうまくいかない、脳の特性であることが少しずつ認知され始めています。2017年現在、4〜17歳の米国の子供(640万人)の約11%がADHDと診断されています。文部科学省が2012年に全国の公立小中学校で行った調査の結果では、「発達障害の可能性がある」児童生徒の割合は6.5%。15人に約1人は発達障害の傾向があると発表しています。

ADHDを薬物療法と治療で治療する方法は多数ありますが、運動はその症状を管理するためのもう1つの鍵となる可能性があります。注意力と集中力を高め、自尊心を高めることが実証されているエクササイズは、自然な気分を高め、抑うつ効果をもたらすものです。

 

当たり前のことができなくなった現代社会

 

 

もちろん、ADHDと診断されているかどうかにかかわらず、身体活動はすべての子供にとって素晴らしいものです。より活発な子供は、肥満、不安、ストレスの割合が低くなります。運動はまた、成人期にまで及ぶ健康で良い習慣の構築にも役立ちます。ただし、ADHDを患う子供は、運動からさらに多くのメリットを享受できます。

定期的な身体活動がADHD症状の重症度を低下させ、子供の認知機能を改善させます。多大な時間を費やすこともありません。わずか30分間の中程度から激しい運動でも、集中力や気分に影響を与える可能性があります。運動はADHDのすべての治療法ではありませんが、子供の脳機能を助け、日々の生活を改善するツールです。

競争をするようなスポーツや運動は、ADHDの子供にとって最良の選択肢ではないかもしれませんが、それを念頭に置いて、子供に何をしたいかを尋ねてください。積極的な参加者であり、子どもの個々のニーズや希望に合った活動を選択できるようにすることは、一生の楽しみを育成するのに役立ちます。

 

毎日30分の運動が脳の機能を向上させる

 

 

注意不足や衝動的な行動をとるなどの特徴をもつ「注意欠陥・多動性障害(ADHD)」は、原因について脳機能障害説や環境原因説など議論が分かれており、いまだ根本的な治療法が見つかっていません。しかし、ADHDの良薬は「運動」であるという研究結果がそれを証明しています。

ミシガン州立大学のアラン・スミス教授は、幼稚園児から小学校2年生の児童200人に、12週間にわたって登校前に有酸素運動させる実験を行ったところ、運動プログラムに参加したすべての子どもが算数の学力や国語力がアップし、脳機能の向上が確認できましたが、驚くべき事に、運動プログラムに参加したADHDの症状を持つ子どもは、健常な子どもよりもはるかに脳機能の改善が見られたとのこと。

スミス博士は「今回の研究は、ADHDの症状を抱える子どもにとって、座学よりも体を動かす方がはるかに症状の改善に効果的であること示しています」と述べています。また、スミス博士は小学生に8週間にわたって毎日26分間の運動を行わせたところ、ADHDの症状が和らいだことも確認しています。

ハーバード大学のジョン・レイティ准教授は、ほんの軽い運動であってもADHDの症状を改善する効果がある原因について、「運動によって気分が高揚し認知能力が高まるのは脳内にテストステロンやドーパミンが放出されるからで、これは(ADHDの治療薬として投与されている)アデロールのような興奮剤と同様のメカニズムだと考えられます」と述べています。

アメリカでADHDの症状を緩和するために薬を処方された数は、2007年から2011年だけを見ても3480万回から4840万回に増加しており、近年、ADHD治療薬の市場は数十億ドル(数千億円)規模にまで拡大。ADHD増加の背景に莫大な利益を上げる製薬会社の存在も指摘されています。これまで薬物投与が常識と考えられてきたADHDの治療法として、適度な「運動」が「最良の薬」となるのか、今後のさらなる研究に期待したいところです。

 

自分でできる方法で何かないの?

 

姿勢を変えることによる、ADHDなどを含む脳の機能障害については下記も参照してみてください。

脳の機能障害と姿勢:うつ病で悩む方へ

 

自然欠損障害による、ADHDなどを含む脳の機能障害については下記を参照してみてください。

ADHDと自然欠損障害

 

脳の機能障害には「魔法のくつ下 YOSHIRO SOCKS」と「ひろのば体操」をオススメしています。下記サイトに正しいやり方の動画をアップしています。やり方によって効果が大きく異なるので、良く見ながらしっかりと真似をして見て下さい。1日1回5分〜なのでカンタンに始められます。

 

YOSHIRO SOCKSは理想の足形を常に再現する形状記憶構造をしています。YOSHIRO SOCKSを履く事で、理想的な姿勢と呼吸を再獲得し、脳の血流量を増加させるための手助けをします。足指の変形がひどい方や早く効果を得たい方には、ひろのば体操とYOSHIRO SOCKS の併用をおすすめします。

yoshiro socks

 

 

・オンラインアカデミー
https://academy.hironoba.jp/

 

・YOSHIRO STUDIOでの半日セミナー

【1部】姿勢変化による口腔習癖の起源とアプローチ
口呼吸・低位舌・舌癖・咀嚼癖・気道閉塞・etc

・11月10日(日)
・12月1日(日)
・12月22日(日)

【2部】姿勢変化による不正咬合の起源とアプローチ
狭窄歯列・過蓋咬合・反対咬合・オープンバイト・etc

・11月17日(日)
・12月8日(日)

【3部】姿勢変化による顎関節機能障害の起源とアプローチ
顎関節症・TCH・破折・etc

・11月24日(日)
・12月15日(日)

【場所】YOSHIRO STUDIO
【時間】10:00〜16:00
【定員】5名
【対象】
医師・理学療法士・作業療法士・看護師・介護士・保育士
歯科医師・歯科衛生士・歯科助手・コーディネーター
柔道整復師・鍼灸師・整体師・各種トレーナー・一般
※姿勢と咬合不良の予防に興味のある方。

【費用】55,000円(税込)
【特典】修了証を発行します

【お申し込み】
メールにてご連絡ください。

姿勢分析を通して、その機序と解決策を説明していきます。時間を十分に取っているのでパソコンが苦手な方も丁寧に教えていきますので、その日のうちにマスターできます。写真撮影方法も苦手な方が多いので、この日のうちに徹底してマスターして頂きます。これから予防歯科を取り入れたいと考えている方にご参加頂ければ嬉しいです。好きな分野だけの参加も大歓迎です😀

 

MFTを使わなくてもに口呼吸・低位舌を改善するためのメソッドです。改善するための手法をお伝えするだけではなく、患者様に明確な姿勢の解剖学的分析結果・解剖学的エンドポイント・解剖学的トレーニング計画をお伝えするためのものです。姿勢は1ヶ月で変わります。3ヶ月で理想姿勢にもっていけるようになりましょう。

 

*昔の動画なので動画の中の日程は無視して下さい。

*昔の動画なので動画の中の日程は無視して下さい。

 

湯浅 慶朗
湯浅 慶朗
contact@yoshiroyuasa.com

ひろのば体操考案者。東京大学スポーツ先端科学技術拠点共同研究員。NHKガッテン・NHKサキどりなどで特集が組まれ、足育の第一人者として紹介された。福岡・東京を拠点として会員制トータルヘルスコンサルティングのほか、「足指咬合理論」を世界中に普及させるために、日本国内のみならずニューヨークやバンコク等でも講演活動やセミナーを行っている。靴下だけで歯並びを変えたい!という想いでオリジナルブランドの「YOSHIRO SOCKS」の研究開発も行っている。