噛み合わせ異常と姿勢

 

噛み合わせが悪くなる原因は、ほとんどの場合が補綴か姿勢の問題のいずれかだと考えています。「歯並びが悪い=噛み合わせが悪い」というイメージがありますが、歯並びと噛み合わせは別の問題と考えた方がよりシンプルです。


下顎全身説の下顎異常はどこからやってきたのか?

 

「下顎がうまく働かないと姿勢が崩れる」と歯科の世界では言われています。だから噛み合わせの治療をした方が良い、というのが歯科における見解の一つ。しかし運動生理学という目で見ると、下顎がうまく動かない原因はどこからやってきたのだろう?と考えていきます。下顎がうまく働かない原因を考えずに、いきなりマウスピース治療は意味がないように思えます。ほとんどの場合には、下顎は後方に移動する方が多いので、前方に移動させるマウスピースを処方されると思います。

しかし、マウスピースを装着しているときは、下顎はニュートラルな位置にあるので良いのですが、マウスピースを外せば、下顎の位置は元に戻ります。なぜなら姿勢変化によって下顎は後ろの方に筋肉で引っ張られているからです。マウスピースによって強制的に下顎が動かされると、重心の位置が変わるため、姿勢としてはさらに崩れていき、腰痛やひざ痛を起こす人もいます。よほどの交通事故がなければ、下顎から悪くなるということは考えにくいのです。

 

下の顎は頭の骨にぶら下がっているだけです

 

置性系メカニズムという言葉があります。工学系の方なら知っているかも知れません。私たちは無意識に「重力」の影響を受けながら、地面の上に立っています。それを受け止めているのは「足」です。意識的に身体を動かして「重心」をずらしてみるとわかりますが、姿勢はまっすぐのままではなく曲げて立とうとします。バランス機構が働いているので、カラダが倒れないようにしているんですね。

「重心」というのは足の筋肉が落ちたり、足指が曲がることでも簡単に変化します。その小さな変化が姿勢に影響を与えていくのです。姿勢というのは「頭の傾き」まで入ります。ほとんどの人は自分の顔はまっすぐだと思い込んでいますが、「耳の位置」を確認すれば、頭がどちらに傾いているか分かります。右耳が左耳よりも下に位置している場合には、頭は右に傾けていることになりますね。

そうすると、頭の骨にぶら下がっている「下顎」はブランコのようにぶら下がっているだけなので、傾いた頭の方向に移動していきます。これは「重力」の影響と「バランス機構」のためのもので、自然法則の中の一つなのです。しかし「下顎」が右寄りになってしまえば、噛み合わせが悪いということになるのです。そのまま歯を削ったりすれば、カラダが崩れた状態での噛み合わせを作ってしまうので、正しい姿勢に戻った時には「噛み合わせが悪くなる」ということがわかると思います。

 

噛み合わせが悪ければ、姿勢を観察しよう

 

 

噛み合わせが悪いと感じれば、歯医者さんにいくと思います。しかし、1週間前までは「噛み合わせが悪い」と感じなかったわけですから、何かのきっかけで「噛み合わせが悪くなった」と考えてみましょう。それは「歯」の問題ではなく、姿勢の問題ということに気がつくと思います。姿勢というのは足だけではなく、生活環境によっても大きく変化します。

 

・横向きで寝るようになった
・枕の高さを変えた
・寝具マットを変えた
・通勤靴を変えた
・歩き方を変えた
・室内でスリッパを履くようになった
・デスクワークになった

 

そんな些細なことが姿勢を変化させ、最終的に「下顎」をズラすきっかけとなります。噛み合わせが悪くなったと感じた直前に、何かしらの環境変化がないかを探ることが根本的な治癒への近道になります。ストレートネックの角度が15度を超えた時、下顎は動いてしまうので、自分の頚椎角度を知ることも大切です。15度以上であれば、15度以内を目指せば自然と治る確率が高まるので、歯を削る前にやってほしいと思います。

 

姿勢を元に戻すには足指から

 

 

 

姿勢をニュートラルポジションに戻すには、足の重心を中心に戻すことが大切です。重心の位置がずれた状態では、体幹の筋力を鍛えても、姿勢の悪いまま筋肉だけがついていきます。足のケアと並行して筋トレをするのはとても良いことで、改善するスピードが上がります。足の筋肉を取り戻すには、1日8000歩ほど歩く必要があるので、歩き慣れていない人は少しずつ始めてみましょう。

姿勢というのは何歳からでも遅すぎることはありません。若ければ若い人ほど変化しやすいですが、先日いらした90代の男性の方は、3ヶ月という期間ですっかり姿勢が変わっていました。諦めずに、コツコツと継続していくことが近道だと思います。

 

自分でできる方法で何かないの?

「魔法のくつ下 YOSHIRO SOCKS」と「ひろのば体操」をオススメしています。下記サイトに正しいやり方の動画をアップしています。やり方によって効果が大きく異なるので、良く見ながらしっかりと真似をして見て下さい。1日1回5分〜なのでカンタンに始められます。

 

 

http://yoshiroyuasa.com/seminar/

*出張セミナーはお問い合わせください(最低催行人数あり)。

・オンラインアカデミー
https://academy.hironoba.jp/

 

・YOSHIRO STUDIOでの半日セミナー

【1部】姿勢変化による口腔習癖の起源とアプローチ
口呼吸・低位舌・舌癖・咀嚼癖・気道閉塞・etc

・11月10日(日)
・12月1日(日)
・12月22日(日)

【2部】姿勢変化による不正咬合の起源とアプローチ
狭窄歯列・過蓋咬合・反対咬合・オープンバイト・etc

・11月17日(日)
・12月8日(日)

【3部】姿勢変化による顎関節機能障害の起源とアプローチ
顎関節症・TCH・破折・etc

・11月24日(日)
・12月15日(日)

【場所】YOSHIRO STUDIO
【時間】10:00〜16:00
【定員】5名
【対象】
医師・理学療法士・作業療法士・看護師・介護士・保育士
歯科医師・歯科衛生士・歯科助手・コーディネーター
柔道整復師・鍼灸師・整体師・各種トレーナー・一般
※姿勢と咬合不良の予防に興味のある方。

【費用】55,000円(税込)
【特典】修了証を発行します

【お申し込み】
メールにてご連絡ください。

姿勢分析を通して、その機序と解決策を説明していきます。時間を十分に取っているのでパソコンが苦手な方も丁寧に教えていきますので、その日のうちにマスターできます。写真撮影方法も苦手な方が多いので、この日のうちに徹底してマスターして頂きます。これから予防歯科を取り入れたいと考えている方にご参加頂ければ嬉しいです。好きな分野だけの参加も大歓迎です😀

MFTを使わなくてもに口呼吸・低位舌を改善するためのメソッドです。改善するための手法をお伝えするだけではなく、患者様に明確な姿勢の解剖学的分析結果・解剖学的エンドポイント・解剖学的トレーニング計画をお伝えするためのものです。姿勢は1ヶ月で変わります。3ヶ月で理想姿勢にもっていけるようになりましょう。

 

*昔の動画なので動画の中の日程は無視して下さい。

*昔の動画なので動画の中の日程は無視して下さい。

 

湯浅 慶朗
湯浅 慶朗
contact@yoshiroyuasa.com

ひろのば体操考案者。東京大学スポーツ先端科学技術拠点共同研究員。NHKガッテン・NHKサキどりなどで特集が組まれ、足育の第一人者として紹介された。福岡・東京を拠点として会員制トータルヘルスコンサルティングのほか、「足指咬合理論」を世界中に普及させるために、日本国内のみならずニューヨークやバンコク等でも講演活動やセミナーを行っている。靴下だけで歯並びを変えたい!という想いでオリジナルブランドの「YOSHIRO SOCKS」の研究開発も行っている。