狭窄歯列弓と姿勢

狭窄歯列弓は幅の狭い歯並びのこと。異常な頬圧や、指しゃぶりなどが原因でなることが多いとされていますが本当でしょうか?

一般的な歯列弓(歯並びを上から見ると前歯から奥歯まで)はゆったりとした放物線、U字型をしています。下の歯は上の歯より歯の厚みの半分ほど小さい歯列弓になっています。しかし、中にはV字型を示すなど、極端に狭い歯列弓を示す人もいます。そのことを「狭窄歯列弓」と呼んでいます。

多くは歯列弓を取り囲む筋肉の異常、耳鼻科的疾患(鼻づまり、扁桃腺肥大など)、口呼吸、指しゃぶりといった様々な理由により、上顎前突などの不正咬合が見られるとされていますが、理学療法士としての筋機能解剖学的な観点からすれば疑問が多いです。

そもそも歯列弓を取り囲む筋肉の異常は、舌や口唇や頬などの筋肉などのバランスの悪化とされていて、MFT(筋機能訓練療法)によって機能不全改善や筋力増強などを行なっていきます。しかしここで考えなければいけないのは、舌や口唇や頬などの筋肉が「なぜバランスが悪くなったのか」ということなのです。なぜ筋肉のバランスが悪くなったのか=狭窄歯列弓の原因であるのにも関わらず、その部分を無視してトレーニングを行うことは、理学療法士が行うリハビリテーションと同様で、再発を繰り返すか、症状の悪化を招く恐れがあるのです。

口呼吸にしても指しゃぶりにしても、必要性があって行なっていることです。「なぜ口呼吸になったのか」をもっと真剣に考える必要があります。筋力の低下・筋機能の低下ではありませんから、MFTを行なっても根本的な解決には至らないのです。指しゃぶりにしてもそうですが、人が生きて行くために必要不可欠だからこそ行なっている行為そのものです。無理に辞めさせなくても、生きて行くために必要性がなくなれば自然と辞めて行くのですから、訓練によって強制的に排除するという思考を捨てる必要があると思います。

 

すべては姿勢が原因で始まっていること

 

 

 

全ては姿勢が原因で始まっていることです。姿勢とは背筋のことではなく、足指・足部・下腿・大腿・骨盤・背骨(頚椎・胸椎・腰椎)・頭蓋・下顎までを含めたものを言います。歯科でいう姿勢とは「背骨・頭蓋」までを指していますから、いかに狭い視野で行なっているかがわかると思います。しかしそれは患者様の「歯科だから口の中だけ」という認識も同じことが言えます。口の中だから「全身を見る必要がある」という認識まで高めていかなければ、この先もずっと歯を失い続ける歯科治療となります。

10代前半までであれば、急速拡大装置を用いて改善するとともにMFT(筋機能訓練療法)を行っていく歯医者さんも増えていますが、私は反対派です。なぜなら顎の骨を力づくで広げ歯を並べても「正しい噛み合わせ」にはならないからです。審美的には綺麗にはなるでしょう。しかし人工的に手に入れた歯並びというのは上下の歯の噛み合わせは自然のものではなく、無理な力がかかりやすい歯並びとなるので、いずれ歯に何らかの障害を起こす危険性を秘めています。

 

姿勢には踏ん張り力が必要

 

 

姿勢を変えるコツは「踏ん張る力」を身につけること。重力に負けないカラダを手に入れることです。それは年齢に関係なく、どんな状態からでも努力次第でできることなんです。よく姿勢を変えるために姿勢トレーニングを行う人もいますが、ほとんど効果はありません。それは経験した人だけが分かっていると思います。ヨガもピラティスも同じです。筋肉を鍛えることや柔らかくするとと姿勢変化には関係性がないからです。ただ、硬くなりすぎた筋肉に対しては効果はありますが、そうではない方に対しては期待するほど効果はありません。

例えば小児矯正で歯並びを良くしたいとした時に「この人が治療してくれるから大丈夫だ」と思っていませんか。話を変えましょう。東大に入りたい!と思った時に、家庭教師に何を期待しますか?「家庭教師が東大に入れてくれるから大丈夫だ」と思う人はいないと思います。東大に入るためには自分自身が努力するはずです。その上で「最善な方法を効率的に教えてくれる人」が家庭教師のはずです。

東大に入れなかったのに人のせいにする人はいないと思います。自分自身の努力不足だと痛感するはずです。医療というのも同じなのです。治療すれば、手術すれば、薬を飲めば、というループに入ると自分自身が積み上げてきた今の状態を完全に棚に上げて、誰かが変えてくれると期待してしまいます。そして元の健康な状態に戻そうとする努力をしなくなってしまい、思うような結果が出ない時には人のせいにします。

少し視点を変えるだけで物事の進め方は変わってきます。歯並びを良くしたい、そのためならどんな努力でもします!という姿勢がとても大切です。そして専門家に助言を求めるのです。治療というのは抜歯でも削ることでもカラダを破壊しているだけなのです。矯正治療にしても、今の歯並びというものはこれまでの生活習慣で積み上げてきた結果、カラダが生きていくために形態を変えた姿そのものなのです。

成長期であるならば急速拡大装置などの噛み合わせを破壊する行為ではなく、正しい成長曲線に乗せていくことが大切なことであり、キャッチアップ成長を信じて努力していくことなのです。そのお手伝いをわずかに補助するものがトレーナーであり、YOSHIRO SOCKSなのです。ひろのば体操も、良い靴を履くというのも努力ではなく補助する道具です。それがなくても良くすることはできるものであり、努力は筋肉や骨を正しい方向へと成長させることであり、そのために行うことは運動ではなく、外に出ることであり、外で遊ぶことであり、外で楽しむことなのです。それに付随する基本的な基礎知識を教えてくれる、そんな病院に出会えると良いですね。

 

姿勢を変えることで、呼吸を変え、正しい顎の成長を促せば、歯と歯の間にスペースができて自然と歯が並ぶこともあるんです。成長期であればその時期にしかできないことを一生懸命やってほしいなと思います。

 

 

 

画一的な方法ではなく、一人一人に合った方法を

 

 

歯並びや噛み合わせというのは、変化の基になる「物質」(実体)と、変化を引き起こす根源的な「自然力」によって支えられている。自然力は、自然法則に従って、原因-結果の系列を可能にする根本的な条件である。その根源的な自然力の法則を知ることで、根拠律の本質的な構造を見て取ることができ、真実である姿勢や足部のアライメント評価を行うことができる。簡単に言えば、姿勢を取り入れた多くの歯医者さんでは「なぜ姿勢が歯並びと関係しているのか」という因果律を説明できないということ。ただ何となく「歯並びが姿勢と関係あるらいしい」という状態なのです。

因果関係、原因-結果の関係性を理解して取り組む歯医者さんはごくわずか。真理を知れば矯正装置が必要ではないことも明白であり、矯正装置を使うことで悪くなることが頭をよぎるから使用を控える。矯正装置の特性を生かしてうまく付き合う歯医者さんであれば安心できますが、ほとんどの歯医者さんでは「口閉じて」「ベロあげて」「ひろのば体操して」「矯正靴下履いて」「紐締めて」で終わると思います。その人の体を見ていない画一的な指導方法では姿勢を良くすることができないのです。

 

歯科医院向けセミナー

 

 

姿勢によって綺麗な歯を保つこともできるのをご存知でしたか?もっと適切に姿勢を診て口腔機能を育める専門家が増えると、思った以上に結果が出る矯正治療や後戻りを起こさない矯正治療につながります。成長期を終えて組成された歯列弓。その上に構成された歯列はいかような形状であろうと、その姿勢で噛める状態で作り上げていきます。どんな姿勢で構成されたとしても、様々な代償動作によって最終的に歯列が決定しているのです。そして年齢を積み重ねるとともに、姿勢変化が起こり上下顎の調和が取れなります。

 

噛み合わせの異常によって生じた口腔内を観察することも重要ですが、異常を起こした原因を排除することにも目を向ける必要性があります。食いしばりも結果論であり、そこに目を向けても答えはありません。噛み合わせ異常のある方は、ほとんどの場合に「口呼吸」や「低位舌」があります。そこには間接的な関係性があるからなのです。姿勢変化に伴う口呼吸も、姿勢変化に伴う噛み合わせ異常も、重力に抗した上行性のものものとして捉えることができれば、ほんのわずかの発想の転換で非侵襲的に噛み合わせ治療を行うことができます。結果的には足のことにたどり着くでしょうけれども、もっといけば足だけでも解決し得ない問題にたどり着くと思います。それを正しく理解できるようになるためのセミナーです。口呼吸や低位舌は様々な口腔内の現象と関連性があります。その第一歩として、視点を切り替えるためのセミナーとして開催します。

 

 

・足からの姿勢と咬合セミナー2日間完結型
http://yoshiroyuasa.com/

・オンラインアカデミー
https://academy.hironoba.jp/

 

・YOSHIRO STUDIOでの半日セミナー

【1部】姿勢変化による口腔習癖の起源とアプローチ
口呼吸・低位舌・舌癖・咀嚼癖・気道閉塞・etc

・11月10日(日)
・12月1日(日)
・12月22日(日)

【2部】姿勢変化による不正咬合の起源とアプローチ
狭窄歯列・過蓋咬合・反対咬合・オープンバイト・etc

・11月17日(日)
・12月8日(日)

【3部】姿勢変化による顎関節機能障害の起源とアプローチ
顎関節症・TCH・破折・etc

・11月24日(日)
・12月15日(日)

【場所】YOSHIRO STUDIO
【時間】10:00〜16:00
【定員】5名
【対象】歯科医師・歯科衛生士・歯科助手・コーディネーター・一般
【費用】55,000円(税込)

【お申し込み】
メールにてご連絡ください。
姿勢分析を通して、その機序と解決策を説明していきます。時間を十分に取っているのでパソコンが苦手な方も丁寧に教えていきますので、その日のうちにマスターできます。写真撮影方法も苦手な方が多いので、この日のうちに徹底してマスターして頂きます。これから予防歯科を取り入れたいと考えている方にご参加頂ければ嬉しいです。好きな分野だけの参加も大歓迎です😀

MFTを使わなくてもに口呼吸・低位舌を改善するためのメソッドです。改善するための手法をお伝えするだけではなく、患者様に明確な姿勢の解剖学的分析結果・解剖学的エンドポイント・解剖学的トレーニング計画をお伝えするためのものです。姿勢は1ヶ月で変わります。3ヶ月で理想姿勢にもっていけるようになりましょう。

 

 

*昔の動画なので動画の中の日程は無視して下さい。

湯浅 慶朗
湯浅 慶朗
contact@yoshiroyuasa.com

ひろのば体操考案者。東京大学スポーツ先端科学技術拠点共同研究員。NHKガッテン・NHKサキどりなどで特集が組まれ、足育の第一人者として紹介された。福岡・東京を拠点として会員制トータルヘルスコンサルティングのほか、「足指咬合理論」を世界中に普及させるために、日本国内のみならずニューヨークやバンコク等でも講演活動やセミナーを行っている。靴下だけで歯並びを変えたい!という想いでオリジナルブランドの「YOSHIRO SOCKS」の研究開発も行っている。