噛み合わせ異常の機能解剖学的病態把握とTFT

 

ほとんどの場合が補綴か姿勢の問題のいずれかです。歯並びが悪くて噛み合わせが悪いというのは、自然の法則に反しており、人間が代償動作の上に成り立つ身体を組成していることを無視していることになります。歯並びと噛み合わせは全く別だと考えた方がよりシンプルに判断することができるようになります。


下顎全身説の下顎異常はどこからやってきたのか?

「下顎がうまく働かないと姿勢が崩れる」ではなく、「下顎がうまく働いていない人に姿勢が悪い人が多い」というだけ。下顎がうまく働かない原因を考えずにマウスピース治療は意味がありません。マウスピースを装着しているときは良いでしょうが、マウスピースを外せば元に戻りますし、マウスピースによって強制的に動かされた下顎はその位置で代償動作を行うため、口腔内の問題や肩こりなどは消失しても、他の問題が生じてくることは知る由もありません。

 

口の中で上顎の歯と下顎の歯が引っかかったりぶつかったりしていると、頭と下顎のスムーズな揺れを妨げて、頭のバランスが崩れてしまう。頭がふらつくと元に戻すバランスが機能せず、転倒することもあるでしょう。しかし上下顎の歯が当たる原因を排除せずに歯科治療を行うのはとても危険です。下顎はバランサーですが、骨盤や肩甲骨もバランサーです。そんなことは理学療法士でも知っています。バランサーをいかにも神秘的な場所だととらえて、そこを中心として考えるのは危険な行為。バランサーというのは姿勢反射とか姿勢制御の別名であり、人間がバランスを取るための代償動作として起こる現象なのですから、その部分がずれる原因を探っていかなければなんの解決にもならないのです。

 

骨盤のズレも、全く別の場所が原因で起こっていることは骨盤矯正をする柔道整復師や整体師をはじめとする治療家は誰も知りません。そんな治療を行うから改善率が低く、重症家した患者様を治すことができないのです。現象が起きている部分にこだわって治療をしてしまう。歯がぶつかってバランスが悪いから天然歯を削ることは間違っても行なってはいけない治療法だと思います。下顎も同様でどこからズレる・当たるという現象が降ってきたのか。そこを追求せずして解決することはできないでしょう。歯科だからこそ下顎を強調したいことは理解できますが、だからこそ全身をもっと観察するべきなのです。

 

患者様の24時間の姿勢を診れていますか?

 

様々なかみ合わせの異常がありますが、天然歯さえ削らなければ起こり得ないこと。もちろん天然歯であっても姿勢が崩れれば噛み合わせが合わなくなり、TCHや食いしばりが発生します。天然歯を削ったとしても天然歯に近い歯の高さや形状であれば異常を起こすことは少ないでしょうが、崩れた姿勢でなおかつユニットにおけるポジショニングの問題でさらに咬合平面がズレた状態で合わせているため、寝ている状態で良くても、立って歩き始めると合わなくなる。噛み合わせを寝ている時の姿勢で合わせても良いですが、それはニュートラルポジションを理解した上で行うのであれば誤差は生じにくいですね。しかしほとんどの場合には、ニュートラルポジションすら理解せずに、ユニットの頭の角度を計算することなく誰もが同じ角度で治療をしているのではないでしょうか。

 

姿勢の異常とともに上下顎のバランスを崩して、人間の生理機能として新たに噛み合わせを作ろうとしている症状をいとも簡単に削って修正することが悪循環の始まりなのです。まさに変形性ひざ関節症の人工関節やヘルニアの手術と相似しています。治療後しばらくは調子は良いですが、徐々に体が蝕まれていき治療をこなった別の部分が悪くなる。治療した部分とは別の場所なので、治療によって悪くしたなんて思いもしないでしょう。成長とともにかみ合わせが悪くなったという場合は、姿勢をもっと観察するべきです。噛み合わせの良い時の姿勢、噛み合わせが悪くなった時の姿勢、見比べ見比べると分かりますが、明らかな頚椎異常があります。以前の姿勢写真がなければ、現状の姿勢写真で分析してどれくらい基準から外れているかを計算して治療をこなうべきです。

 

噛み合わせの異常によって頚椎に異常が現れるのは「交通事故」などによる外傷性のもの。口腔内ばかりを評価していても答えは見つかりません。ニュートン力学を無視して治療を行えば、歯科でも医科でも身体を破壊する方向性に進みます。噛み合わせ異常というのは、歯の位置異常及び上下の顎の位置異常がありますが、それは自然の法則によるもので、答えはそこにはありません。姿勢制御・運動連鎖による結果論であり、万有引力の法則があるからこそ形成される形状なのであり、全ては調和の問題です。患者様は千差万別の生活習慣を送っていて、皆一様の姿勢を取っているわけではありません。椅子の高さも違えば、机の高さも違う。視力も違えば、手の長さも違う。

 

患者様の噛み合わせがいつから悪くなったのか、なぜその時期に悪くなったのか分析できていますか?頭ごなしに「下顎がズレた」というものに集約していませんか?生活習慣を分析できない医療従事者に、患者様を芯から健康に導くことはできません。もっともっと生活習慣を聞いていくべきであり、その中に潜む噛み合わせ異常を起こした犯人を探し出すことに注力すべきなのです。それを保険診療でやる必要はないし、今の時代はHPもあるのだから自分の信念を打ち出しておくべきなのです。保険でできる範囲は保険ですれば良いし、難しい場合にはきちんと説明をすれば納得すると思います。何も打ち出さずに来院してから自分の気持ちを打ち出すから患者様との意識差が生じてしまい問題が起こるのです。

 

いつまで天動説を唱え続けるのか

 

宇宙の中心は太陽であり、地球は他の惑星と共に太陽の周りを自転しながら公転している、という学説があります。すべては歯です、すべては姿勢です、すべては足ですという理論に似ていますね。確かに俯瞰的に見てみると歯中心説・姿勢中心説・足中心説に分けられそうな雰囲気ですが、確かにどれも間違ってはいないと思います。しかしそれぞれが守るものがあるために、既得権益もあるでしょうが、それぞれを受け入れないという特性もあり、知識が点在した状態となっていることも事実だと思います。

 

しかしさらに俯瞰的に物事を観察すれば、紀元前4世紀から16世紀まで、地球は宇宙の中心にあり、まわりの天体が動いているという天動説が信じられてきました。実際に自分の眼で見て、1日1度太陽が地平線の上に昇り、そして地平線下に下り、太陽以外の天体も同じように動いている以上、その現象をそのまま受け取って解釈するのが普通だったからです。これはこれは口腔内の現象をそのまま受け取って解釈するのと似ています。

 

「歯周病ですね、細菌が原因なので殺菌することと口腔内にばい菌がたまらないようにするためにメインテナンスに通いましょう」というアドバイスと同様です。確かに口腔内を見れば細菌がたくさんいるでしょうね。でも最近なんてどこにもウヨウヨ漂っています。細菌が悪さをするというよりも、結果として歯周病の人には口腔内に細菌がウヨウヨしているだけなので、細菌がウヨウヨしている原因を提示する必要がある。菌がいるから歯周病になるわけではないし、菌のせいにするのであれば無菌状態を口腔内で作れば良い。そんなことをすれば人間の免疫機能が崩壊することくらい誰にでも理解できる。

 

天動説はその後ニュートンが万有引力の法則を発見したことにより、カトリックの中でも地動説を受け入れる人が少しずつ増えていき、今では誰もが太陽の周りを地球が回っていると知っています。しかし歴史上ではそれを非常識とする期間の方が長かったのです。様々な宗教弾劾がありましたが、どの時代も似ていますね。自分たちの立場を誇示することも大切ですが、もっと大切なことは患者様を健康にして行くことだと思います。歯も大切、姿勢も大切、足も大切。もっと大切なことは他にあるかもしれませんよね。もっと考えなければいけないのは、不必要に人間の手が加わることによって身体が破壊されて行くことを念頭におくべきであり、極力非侵襲性にこだわり続けて治療に挑むことこそが、本来の健康を取り戻すことにつながると思います。

 

TCH・食いしばりが噛み合わせの異常という方も、まずは姿勢を観察すると視点が切り替わって、治療をしない噛み合わせ治療を行うことができる(天然歯の場合)ようになります。歯医者さんで詰め物をしたり、被せ物をしたりした後に、かみ合わせが高いとか、引っ掛かるというような症状が出れば、それは原因が詰め物や被せ物なのでそれを調整してもらえば済みますが、意外にも天然歯のように凹凸がない歯を作られる方も多いです。新たな噛み合わせを作ろうとするために、それでは逆に食いしばりが強くなるのです。補綴であってもきちんとした天然歯に近い形状の歯を作れれば、変な咬合力が加わって食いしばりが起こることもないし、歯周病や歯周炎や破折が起こることもないのです。

 

もっと適切に姿勢を診て口腔機能を育める専門家が増えると、思った以上に結果が出る矯正治療につながると思います。姿勢指導や足指の指導をしている方は、噛み合わせの異常について全身的な観点から適切なアドバイスができていますか?成長期を終えて組成された歯列弓。その上に構成された歯列はいかような形状であろうと、その姿勢で噛める状態で作り上げていきます。どんな姿勢で構成されたとしても、様々な代償動作によって最終的に歯列が決定しているのです。そして年齢を積み重ねるとともに、姿勢変化が起こり上下顎の調和が取れなります。

 

噛み合わせの異常によって生じた口腔内を観察することも重要ですが、異常を起こした原因を排除することにも目を向ける必要性があります。食いしばりも結果論であり、そこに目を向けても答えはありません。噛み合わせ異常のある方は、ほとんどの場合に「口呼吸」や「低位舌」があります。そこには間接的な関係性があるからなのです。姿勢変化に伴う口呼吸も、姿勢変化に伴う噛み合わせ異常も、重力に抗した上行性のものものとして捉えることができれば、ほんのわずかの発想の転換で非侵襲的に噛み合わせ治療を行うことができます。結果的には足のことにたどり着くでしょうけれども、もっといけば足だけでも解決し得ない問題にたどり着くと思います。

 

それを正しく理解できるようになるためのセミナーです。口呼吸や低位舌は様々な口腔内の現象と関連性があります。その第一歩として、視点を切り替えるためのセミナーとして開催します。

【日時】2019年4月21日(日) 10:00〜14:00
【場所】東京都内
【定員】10名
【費用】5万円
【内容】筋の機能解剖に基づいた口呼吸・低位舌
【受講資格】
・歯科医師
・歯科衛生士
・歯科助手
・歯科技工士
【お申し込み・お問い合わせ】
https://yoshiroyuasa.com/product/premium/
・持参するものなど詳細をお伝えいたします。

まずは子供や大人の口呼吸と低位舌の基本を理解して、本質を見抜く力を持つことが大切。MFTとかアクティビティを使わなくてもに口呼吸・低位舌を改善できることが理解できるメソッドです。単に改善するための手法をお伝えするだけではなく、患者様に明確な姿勢の解剖学的分析結果・解剖学的エンドポイント・解剖学的トレーニング計画をお伝えするためのものです。姿勢は1ヶ月で変わります。3ヶ月で理想姿勢にもっていけるようになりましょう。まずはあなたの姿勢から!!

YOSHIRO METHODは独学で構築したもの。真似してセミナーをしている人が多すぎる。だから混乱している人が多いのだと思う。今現在歯科で行われている足や姿勢や咬合セミナーとは全く違うことが理解できると思います。足指とか靴は二の次。MFTは三の次。もっと大切なことはあなたが自動車整備士のように姿勢整備士として全てを見抜ける目を持つこと、あなたの手一つで治せる知識と技術を持ち合わせることです。なんちゃって姿勢アドバイザーとか、なんちゃって足指アドバイザーにならないように、全ては患者様の治療のために正しい知識と技術を身につけてください。

 

*昔の動画なので動画の中の日程は無視して下さい。

湯浅 慶朗
湯浅 慶朗
contact@yoshiroyuasa.com

ひろのば体操考案者。NHKガッテン・NHKサキどりなどで特集が組まれ足育の第一人者として紹介された。福岡・東京を拠点として会員制トータルヘルスコンサルティングのほか、「足と姿勢と咬合理論」を世界中に普及させるために、日本国内のみならずニューヨークやバンコク等でも講演活動やセミナーを行っている。靴下だけで歯並びを変えたい!という想いでオリジナルブランドの「YOSHIRO SOCKS」の研究開発も行っている。