関節リウマチではなかった|浮き指でひざ痛に

妻のO脚に気をよくした私(前回の記事をご参照ください)は、人の足元ばかりを見るようになりました。そんな折、関節リウマチと診断され、膝の痛みを訴える女性が来院されました。投薬治療を施されていましたが、痛みはいっこうに治まらず、不安でたまらないご様子。

 

 

関節リウマチの方が来院

 

 

足元を見ると小指が地面についておらず、わずかに浮いていました。いわゆる「浮き指」です。フットプリント(足型)を取ると、その濃淡から、足指が接地しておらず、かかとに重心が写っていることが分かりました。なぜ浮き指はよくないのでしょうか。逆立ちをするとき、ぎゅっと床をつかむように手の指を曲げたり、浮かせる人はいません。指はピンと伸びたままです。一本でも曲げると途端にバランスを失い、逆立ちができなくなります。

 

足指の変形で不自然な力が

 

 

一方、足には強大な筋肉が付いているので、足指を曲げて立つことはできます。それでも足元が不安定な状態で歩くと、足はもちろん、腰から上の筋肉も余分な力を使ってバランスを取ろうとします。そこにかかる不自然な力がひざ痛や腰痛、骨格のゆがみにつながるわけです。筋肉が疲れやすかったり、こわたりするのはこのせいなんです。

この方には、自宅でできる足指の機能訓練を指導しました。すると2週間後の再診時、ひざ痛はうそのように消えていました。浮いていた小指も地面に接地しています。きちんと歩けるようになったこの方の安堵の表情に私も救われました。女性のみならず男性にも多く見られる浮き指は、足に合わない靴や歩き方の問題で起こります。

家庭でチェックするするときは、はだしで立った状態で、小指を横から見て、浮いているかどうかで判断してください。浮き指とは、足指が地面から離れている状態、もしくは足指の圧が小さい状態のことをいいます。また、外反母趾(がいはんぼし)や内反小指(ないはんしょうし)によって2〜3指が左右から押されて浮くこともあります。あなたの足指は変形していませんか?

 

親指の浮き指

 

 

真正面から親指を見て、爪が見えない状態、もしくは他の爪の向きと違って上に反り上がっている状態であれば浮き指です。フットプリントをとると、親指が1/3〜2/3程度しか映りません。また、靴下のつま先部分が破けやすいことも特徴です。深爪をする方に多く見られます。ペーパーテストといって、靴下を履いたまま椅子に腰掛けた状態で親指の下に紙を入れ、親指で紙を押さえます。それを引っ張って紙が抜けるようであれば浮き指です。

 

小指の浮き指

 

 

紙を小指の下に入れてスカスカ入るようであれば浮き指です。小指の爪が変色していたり、爪が小さくなっていることが多いです。もしくは小指の部分に紙を入れたまま、小指だけの力で押さえてみてください。紙がが簡単に抜けるようであれば足指の圧がかかっていないことになり、歩いている時に小指は使えていない状態だと判断できます。

 

YOSHIRO SOCKSは足指変形の改善に効果的!

YOSHIRO SOCKSは理想の足形を常に再現する形状記憶構造をしています。足指の変形がひどい方や早く効果を得たい方には、YOSHIRO SOCKS とひろのば体操の併用をおすすめします。

yoshiro socks
湯浅 慶朗
湯浅 慶朗
contact@yoshiroyuasa.com

ひろのば体操考案者。NHKガッテン・NHKサキどりなどで特集が組まれ足育の第一人者として紹介された。福岡・東京を拠点として会員制トータルヘルスコンサルティングのほか、「足と姿勢と咬合理論」を世界中に普及させるために、日本国内のみならずニューヨークやバンコク等でも講演活動やセミナーを行っている。靴下だけで歯並びを変えたい!という想いでオリジナルブランドの「YOSHIRO SOCKS」の研究開発も行っている。