肥満と変形性膝関節症は無関係

 

膝の痛みで病院に行くとレントゲンをとって変形性膝関節症と診断され、「肥満」や「加齢」のせいにされることが多いですね。これって本当でしょうか。

私もこれまでのべ6万人以上の患者様の治療を行ってきましたが、体重や年齢に関係なく改善して行く人を数多く見てきました。理学療法士として体重や歳のせいにするのは逃げでしかありませんし、患者さんに希望や勇気を与える身としては安易に言葉にするべきものではありません。

 

本当に体重や年齢のせいであれば、太ったアメリカ人には膝痛の人が多いはずですし、歳をとれば全員が膝痛に悩まされることになります。しかし現実は若い人でも痩せている人でも変形性膝関節症と診断されることもある。比較対照実験をすればすぐに分かるようなことを、ただの世間の情報を鵜呑みにして医療行為を行っている理学療法士や整形外科医の話を聞くと、本当に医学を追求しているのだろうかと疑問に思います。

 

13年前から肥満と膝の変形は無関係だと言われている

 

肥満は変形性膝関節症(OA)の強力な危険な要素のことであると言われていますが、変形性膝関節症発症後の進行リスクとしての影響は少ないことが示されています。アメリカのボストン大学医療センターのJingbo Niu氏らが行ったMOST(Multicenter Osteoarthritis Study)試験により明らかになったもので、米国リウマチ学会でも報告されています。Niu氏らは、変形性膝関節症(OA)またはそのリスクが高い患者3026例(50~79歳)を登録し、2007年6月までに30カ月の追跡期間を満たした2307例(平均62.4歳)の解析を行いました。

 

平均BMIは30.5だった。統計的にもっとも病気にかかりにくいBMI指数22を標準体重として、25以上の場合を肥満、18.5未満を低体重としています。それを考えればかなり太っている人たちを対象に調査をしたことになります。合計4481膝についてX線検査による膝の変形度評価をした結果、試験開始時点でOA(K/Lグレード≧2)が認められたのは35.3%だった。理学療法ガイドラインによるとK-L分類の評価は推奨グレードAとされており、変形性膝関節症のグレードとして多くの文献で用いられていると思います。グレードは5段階であり0~4で評価されます。つまり、調査対象者はほとんどがかなりの肥満であるにもかかわらず、膝の変形がないと判断された人たちが65%で非常に多かったということになります。

 

K-L分類のグレード

グレード0:正常

グレード1:関節裂隙狭小化なしでの軽度の骨棘出現または軟骨下骨硬化

グレード2:関節裂隙狭小化(25%以下)あるも骨変化なし

グレード3:関節裂隙狭小化(50~75%)と骨棘形成、骨硬化像あり

グレード4:関節裂隙狭小化(75%以上)で骨変化が著明

 

これらのうち、30カ月の追跡期間中にOAの進行が認められたのは52.6%で、その内訳は、内反膝の進行が41.1%、外反膝の進行が12.4%だった。一方、開始時にOAの認められなかった膝では、6.0%が追跡期間中にOAを発症した。膝の変形があれば何も対策をしなければそのまま進行するのは当然であり、変形した原因を解決しない限り良くなることはないことは誰にでも分かると思います。しかし膝の変形がない方は65%のうち6%の人しか進行していないので、かなり少ないことがわかります。

 

BMI別に4段階の肥満度(正常体重群、過体重群、軽度肥満群、高度肥満群)に層別化して、肥満度とOA発症リスクとの関係を検討した結果、正常体重群に対する各群のOA発症の相対リスクは、過体重群が2.0、軽度肥満群が2.9、高度肥満群が4.7と、肥満度が高いほどOA発症リスクが増大することが分かった。肥満に伴う発症リスクの増大は、内反膝、外反膝のいずれにも認められている。これに対してOAの進行に関する相対リスクは、過体重群1.0、軽度肥満群1.0、高度肥満群1.2と、肥満による影響はあまり大きくないことが示された。また肥満によるリスク増大がみられたのは内反膝のみで、その内反膝でさえも高度変形例では肥満が進行リスクの増大につながることはなかった。これはあくまでリスクであり、実際には太っていても膝の変形がない方が65%であることを考えれば、それほど日本人は気にしなくても良いかと思います。

 

では何が原因で膝の変形が起こっているのか。この研究論文でも明らかですが世界的に見ても原因は不明なのです。アメリカの理学療法は足や姿勢に対するアライメント評価が盛んで、日本に比べて20年くらいの差があると言えます。しかしそのアメリカでさえも足部のみの評価で終わっているため、踵骨(しょうこつ)が変形する原因がわからないままでストップしている状態です。

 

 

膝の変形の原因である踵骨の変形は何が原因なのか

 

 

 

足元の土台である踵骨がゆがむと、それにつられて膝が曲がってバランスを取ろうとします。このバランス機構が働いた結果が「変形性膝関節症」です。つまり、土台を整えないまま膝の治療を行っても、再発を繰り返すか、ほとんど治療効果を得られないままとなります。ヒアルロン酸注射や痛み止め、人工関節や骨切などの手術が、いかに無意味であるか分かると思います。

 

かかとの骨というのは、26個の骨で作られている「足」の一部です。この26個の骨というのは、筋肉や靭帯で支えられているので、筋力が低下すれば骨を支えられなくなるのは当然です。つまり本質的な治療というのは、足元の筋力を鍛える以外にないと言えるのです。足の筋力を鍛えるのは手の筋力を鍛えるのと同じで、指をひらいて伸ばした状態から握れば良いだけです。つまり足の場合であれば、足指を使って地面をしっかりと踏み返せば、筋力を取り戻すことができるのです。

 

そのための条件が足指が「ひらいて伸びている」ことにあるのです。ですから「YOSHIRO SOCKS」や「ひろのば体操」で足指がしっかりとひらいて伸びて行くことを目標にしていけば、自然と変形していた膝も改善して行くことになります。その証拠に、下の写真のようにO脚で変形した膝でも、まっすぐになり膝の痛みもなくなっていくのです。

 

 

 

 

リハビリの盲点は足指にある

 

妻との出会いにより「足指」という盲点が、既存のリハビリの限界を突破させてくれました。カラダの土台は「足」と言われていますが、その足を支えているのはまぎれもなく「足指」です。足指はバランスを取るために必要不可欠であり、小指を骨折すると分かりますがバランスよく経ったり歩いたりすることができなくなります。まさに「逆立ち理論」で手の機能と同じだったのです。

 

 

患者様の「足元」を見ていなかったのです。海外であればなおさらですが、靴を脱ぐことも、靴下を脱ぐこともありません。日本でもリハビリの時に裸足になって行う人はほとんどいません。そこが盲点だったのです。上記の論文でも靴や靴下を脱いで足指へのアプローチを行えば驚くほどの結果になっていたはずです。今、理学療法士の真価が問われています。もっと追求して足・足指にたどり着き、理学療法士にしかできない結果の出るリハビリテーション分野を確立するべき時代だと思います。

 

 

歯科医院向けセミナー

 

もっと適切に姿勢を診て口腔機能を育める専門家が増えると、思った以上に結果が出る矯正治療につながります。姿勢指導や足指の指導をしている方は、噛み合わせの異常について全身的な観点から適切なアドバイスができていますか?成長期を終えて組成された歯列弓。その上に構成された歯列はいかような形状であろうと、その姿勢で噛める状態で作り上げていきます。どんな姿勢で構成されたとしても、様々な代償動作によって最終的に歯列が決定しているのです。そして年齢を積み重ねるとともに、姿勢変化が起こり上下顎の調和が取れなります。

 

噛み合わせの異常によって生じた口腔内を観察することも重要ですが、異常を起こした原因を排除することにも目を向ける必要性があります。食いしばりも結果論であり、そこに目を向けても答えはありません。噛み合わせ異常のある方は、ほとんどの場合に「口呼吸」や「低位舌」があります。そこには間接的な関係性があるからなのです。姿勢変化に伴う口呼吸も、姿勢変化に伴う噛み合わせ異常も、重力に抗した上行性のものものとして捉えることができれば、ほんのわずかの発想の転換で非侵襲的に噛み合わせ治療を行うことができます。結果的には足のことにたどり着くでしょうけれども、もっといけば足だけでも解決し得ない問題にたどり着くと思います。それを正しく理解できるようになるためのセミナーです。口呼吸や低位舌は様々な口腔内の現象と関連性があります。その第一歩として、視点を切り替えるためのセミナーとして開催します。

 

 

・足からの姿勢と咬合セミナー2日間完結型
http://yoshiroyuasa.com/

・オンラインアカデミー
https://academy.hironoba.jp/

・筋の機能解剖に基づいた口呼吸・低位舌セミナー
【日時】
・7月14日(日) 10:00〜14:00
・8月18日(日) 10:00〜14:00
【場所】東京都内
【定員】10名
【費用】5万円
【内容】筋の機能解剖に基づいた口呼吸・低位舌(TFT含む)
【受講資格】
・歯科医師
・歯科衛生士
・歯科助手
・歯科技工士
【お申し込み・お問い合わせ】
・メッセンジャーにご連絡ください。
・持参するものなど詳細をお伝えいたします。

姿勢分析プロフェッショナルセミナー
【日時】7月15日(祝) 10:00〜14:00
【場所】東京都内
【対象】セミナー受講生
【人数】限定12名
【費用】50,000円(同施設スタッフ同行は30,000円)
【お申し込み】
メッセンジャーにてご連絡下さい。
【内容】
*足→姿勢→口呼吸・低位舌までの一連の流れをリンクさせたチャートを書くことができるようになることが、患者様の行動変容に100%繋がります。原因があって結果がある、それが患者様に理解できるようになるチャートです。

まずは解剖学的な口呼吸と低位舌の原因、機能不全を起こす姿勢解剖を知ることから。その上で姿勢分析のプロフェッショナルを目指し、どのような病態にでも対応できるプロになりましょう。

MFTを使わなくてもに口呼吸・低位舌を改善するためのメソッドです。改善するための手法をお伝えするだけではなく、患者様に明確な姿勢の解剖学的分析結果・解剖学的エンドポイント・解剖学的トレーニング計画をお伝えするためのものです。姿勢は1ヶ月で変わります。3ヶ月で理想姿勢にもっていけるようになりましょう。

 

*昔の動画なので動画の中の日程は無視して下さい。

湯浅 慶朗
湯浅 慶朗
contact@yoshiroyuasa.com

ひろのば体操考案者。東京大学スポーツ先端科学技術拠点共同研究員。NHKガッテン・NHKサキどりなどで特集が組まれ、足育の第一人者として紹介された。福岡・東京を拠点として会員制トータルヘルスコンサルティングのほか、「足指咬合理論」を世界中に普及させるために、日本国内のみならずニューヨークやバンコク等でも講演活動やセミナーを行っている。靴下だけで歯並びを変えたい!という想いでオリジナルブランドの「YOSHIRO SOCKS」の研究開発も行っている。