アゴが細いのは姿勢が問題

ひろのば体操の湯浅慶朗です。アゴが細いのが姿勢のせい?どう考えても結びつかない…。そう思う方がほとんどだと思います。ではアゴが細くなる理由は何なのでしょうか?よく噛まないから?人間だけ見ると分からなくなりますが、他の動物を見てみて下さい。犬は食べ物をほとんど噛まずに飲み込んでいます。それでも自然と歯並びは綺麗です。噛まなくて良いということではなりませんが、噛むこと以外に秘密が隠されていそうですね。

 

なぜアゴが成長しないのか

では何が問題でアゴが細くなっているのでしょうか?詳細はセミナーでお伝えしていますが、一言で言えば「姿勢」です。正しい呼吸が行えていればアゴは自然と成長していきます。しかしほとんどの場合は正しい呼吸が行えていません。それは鼻で呼吸していたとしてもです。

「???」

正しい呼吸は「鼻呼吸」のことじゃないの?と思うかもしれません。そこが落とし穴です。無理に口を閉じて鼻で呼吸することは誰にでもできます。それによって喘息やアトピーなどが改善される方もいらっしゃるのは事実です。しかしそれだけでは改善しない方がいることも事実です。単に鼻で呼吸することが健康であるという考えは安易なのかもしれませんね。口を閉じてアゴの下に「うめぼし」ができる方は、無理に口を閉じているにすぎません。それは正しい呼吸が行えていない証拠です。寝ているときは意識できませんから口にテープでもしない限り自然と口が開いてしまうでしょう。それに正しい呼吸が行えていない状態で口にテープをはると「呼吸困難」になり寝苦しくなります。それでは口を閉じていても睡眠を妨げられてしまい本当の健康を取り戻すことはできません。

 

アゴが成長しにくい方の特徴

アゴが成長しない方の共通項というものがあります。下記のものに3つ以上当てはまる方は要注意です。

【共通項目】
・いびきをかく
・寝相が悪い
・口を閉じるとアゴの下にうめぼしができる
・寝ているときに口を閉じれない
・軽い頭痛
・すぐにお腹が痛くなる
・よく眠れない
・猫背
・頬杖をつく
・固いものを噛めない
・よく咳き込む
・疲れやすい

【子供の場合】
・落ち着いて座れない
・欲しいものがあると激しくダダをこねる
・必要なものをなくしてしまう
・忘れ物が多い
・集中すると切り替えが難しい

【大人の場合】
・仕事などでケアレスミスをする
・忘れ物が多い
・衝動買い・思ったことをすぐ口にする
・貧乏ゆすりをする
・時間管理が苦手

どんなに頑張っても上記のことを改善させるのは難しいでしょう。それは正しい呼吸ができていないせいなので、本人の能力の問題ではないからです。アゴが細いとこのような症状が出るというわけではなく、このような症状が出る方は「アゴが細くなりやすい」というものです。つまり姿勢が悪い方に共通する項目ということになります。

 

アゴは良い姿勢だと自然と成長する

アゴの成長というとエラの張ったようなイメージを持つ方が多いと思いますがそうではありません。エラが張っている方は間違った姿勢で「噛みすぎ」てしまった結果です。筋肉がつきすぎてしまているのです。噛むことはもちろん需要ですが、間違った姿勢で噛む回数を増やすことは、逆にアゴを細くしてしまう恐れがあるので注意が必要です。大切なことは、噛むこと以前に「姿勢を正す」ことにあります。アゴの下は細く、歯の並ぶ部分は広くが理想です。

セミナーでもお伝えしていますが、「大きな水槽でアロワナを飼えば大きな魚になる。しかし小さな水槽でアロワナを飼えば小さな魚にしかならない。」つまり歯並びを良くするには歯が並ぶためのスペースを確保しなければいけませんが、そのスペースを確保するには大きな水槽にすればよいだけなのです。そのために姿勢を正していく。姿勢を正すために足指を広げていくことが重要なのです。

このロジックさえわかってしまえば、アゴを成長させるために必要なことがとてもシンプルで簡単であることに気がつきます。そして色々なアクティビティやトレーニングを必要としないこともわかるともいます。どんなにトレーニングをしても結果が出ない方もいらっしゃるでしょう。それは足と姿勢を無視しているからにすぎません。人のカラダは足先から頭まで全部つながっています。口の中だけ見て口だけのトレーニングをしても、それは雨の中で車の洗車をしているようなものです。どんなに洗っても一時的に綺麗にはなっても、すぐに汚れてしまうでしょう。

 

アゴを成長させるためのトレーニング

オススメするのが「ひろのば体操」です。1日1回5分を目安に継続してみましょう。とっても簡単で姿勢も良くなっていくのがわかると思います。小さいお子さんの場合はママと一緒に行うといいですね。ママさんも一緒により一層姿勢やアゴのラインがキレイになって注目されること間違いなし!症状がひどい場合には、1日3回を目安に行って見ましょう。そしてアゴの細い方に共通する項目が減ってきたら正しい呼吸が行えている証拠です。下記サイトに正しいやり方の動画をアップしています。やり方によって効果が大きく異なるので、良く見ながらしっかりと真似をして見て下さい。

 

 

 靴を履く文化になり、足指のケアだけでは足ゆびを伸ばすことが難しくなってきました。靴のこと。中敷きのこと。歩き方。他にもいろいろありますが、その環境を整えて初めて、ひろのば体操が生きてくるのです。ひろのば体操をするとこんなに足指が綺麗になります。

猫背は何歳からでも改善できます。

あなたの足指はどのタイプ?

http://yoshiroyuasa.com/seminar/

*出張セミナーはお問い合わせください(最低催行人数あり)。

 

ひろのば体操考案者

NHKガッテン・NHKサキどりなどで特集が組まれ足育の第一人者として紹介された。福岡・東京を拠点として会員制トータルヘルスコンサルティングのほか、「足と姿勢と咬合理論」を世界中に普及させるために、日本国内のみならずニューヨークやバンコク等でも講演活動やセミナーを行っている。靴下だけで歯並びを変えたい!という想いでオリジナルブランドの「YOSHIRO SOCKS」の研究開発も行っている。

湯浅 慶朗
contact@yoshiroyuasa.com

ひろのば体操考案者 NHKガッテン・NHKサキどりなどで特集が組まれ足育の第一人者として紹介された。福岡・東京を拠点として会員制トータルヘルスコンサルティングのほか、「足と姿勢と咬合理論」を世界中に普及させるために、日本国内のみならずニューヨークやバンコク等でも講演活動やセミナーを行っている。靴下だけで歯並びを変えたい!という想いでオリジナルブランドの「YOSHIRO SOCKS」の研究開発も行っている。