急増する子どものストレートネック。過呼吸で倒れることも。

去年から始まった「足と姿勢と歯並び」の保育園調査。

調査で分かったのはストレートネックの子供が多かったこと。

さらには体育の持久走のあと、過呼吸で呼吸が早くなって、酸欠気味になる子も増えています。

ただの運動不足?? いえ、そうではないんです。

実はこれって実は「姿勢」と大きく関係があります。

姿勢が悪い(猫背や反り腰)と、必ずと言って良いほど「ストレートネック」になります。

過呼吸と姿勢の関係とは?

 

はだし保育の保育園時でさえも91%の割合でストレートネックなので、小学校の子どもはさらに割合が増えます。

このストレートネック、肩こりや首こりの問題だけでなく「呼吸」にも大きな影響を与えてしまうのです。

 

 

下の写真を見るとわかるかと思いますが、正常な子に比べるとストレートネックの子供では赤い部分が狭くなっていることが分かりますね。これは空気の通り道ですが、狭くなると鼻でも口でも酸素を取り込む力が低くなってしまうのです。

 

目の下にクマがある子どもも同じで、常日頃からの酸素欠乏になっている証拠ですね。つまり、過呼吸(酸欠状態)を良くするには姿勢を良くしていくことがカギとなります。

しかしここでよく間違ってしまうのは、背筋をまっすぐに伸ばそうと努力してしまうことです。一見良さそうに見えますが、それは逆効果。ストレートネックは助長されてしまうので、空気の通り道はより狭くなってしまいます。

 ぱっと見が良い姿勢=健康的な良い姿勢

 

 

足指の変形を良くする体操って?

 

ではどうすれば良いのか、という話になります。それは「足指」をひらくようにすることです。そして曲がっている足指をまっすぐに伸ばすこと。そのために「ひろのば体操」や「姿勢が良くなる靴下」があるのです。足指を伸ばせば正しい姿勢に戻り、ストレートネックも改善していきます。

 

オススメするのが「ひろのば体操」です。1日1回5分を目安に継続してみましょう。とっても簡単で姿勢も良くなっていくのがわかると思います。小さいお子さんの場合はママと一緒に行うといいですね。ママさんも一緒により一層姿勢やアゴのラインがキレイになって注目されること間違いなし!

症状がひどい場合には、1日3回を目安に行って見ましょう。

 

するとほら!

保育園の子供達のストレートネックが2ヶ月で改善しています。

 

そして空気の通り道が広くなり、過呼吸(酸欠状態)を起こすことがなくなっていくのです。いかがでしたか?

 

靴を履く文化になり、足指のケアだけでは足ゆびを伸ばすことが難しくなってきました。

靴のこと。

中敷きのこと。

歩き方。

他にもいろいろありますが、その環境を整えて初めて、ひろのば体操が生きてくるのです。

足指を伸ばすと、ほら。

猫背は何歳からでも改善できます。

あなたの足指はどのタイプ?

 

歯科医院での姿勢を良くするためのフットケア

口呼吸や低位舌が歯並びを悪くする原因の一つであることは周知の事実だと思います。

しかし口呼吸や低位舌は

MFTやトレーナーだけをしても改善は難しい場合があります。

MFTやトレーナー+「姿勢」にアプローチしても改善は難しい場合があります。

MFTやトレーナー+「姿勢」+「足指」にアプローチをしても改善は難しい場合があるのです。

そこで全てを解決する「HIRONOBA METHOD」をオススメします!!

HIRONOBA METHODの知恵には足指と姿勢と咬合を研究してきた「18年の経験」が詰まっています。

知恵1:アッと驚く原因の特定と排除プログラム

知恵2:とてもカンタンなプログラムで効率よく改善

知恵3:とてもスッキリなカウンセリング

知恵4:誰にでもカンタンにできるシステム

知恵5:すべてがオンラインで学べる

セミナーを開始して10年が経過。

これまで300医院以上の方が受講されています。

受講生の方からはこんな声が届いています。

 

歯科医師:100点(かなり良かった)

「咬合は口だけにあらず」ということがすごく理解できた。

MRC矯正のアクティビティーの一環として組み込もうと思います。

また成人では顎関節症や不定愁訴のある方の足をチェックしてみようと思います。

歯科衛生士:100点満点(かなり良かった)

今まで姿勢が悪い患者さんに姿勢を治すように伝えていましたが、姿勢や寝方や態癖が悪くなる原因が足指にあり、足指を直すことで姿勢や寝方や態癖、歯並びも良くすることができるので足指が重要だと学びました。

 

インビザラインもMRCもプレオルソもとても素晴らしい治療法だと思います。

これまでの概念を覆します。

しかし思うように並ばなかったり、並ぶまでにかなりの時間を要したりしてしまう方も多いかと思います。

姿勢にアプローチしても姿勢はなかなか変わってくれません。

だから姿勢改善プログラムを併用しても歯並びのスピードはそれほど変化はありません。

海を見て、川を見て、森を見る医療。

私が多くのメソッドを試して最終的にシンプルに集約させたものがHIRONOBA METHODです。

インビザライン・MRC・プレオルソを取り入れている医院の方は、この機会にぜひ始めてみてください。

顎関節症を専門としている医院にもオススメです。

全国どこにいても今すぐ始められます。

再発率が低く、後戻りしにくいことが特徴です。

MFTだけでは解決できない問題を一気に解決に導いてくれます。

上記のように足だけのアプローチでオープンバイトもここまで変えることができます。

http://yoshiroyuasa.com/seminar/

*出張セミナーはお問い合わせください(最低催行人数あり)。

 

ひろのば体操考案者

NHKガッテン・NHKサキどりなどで特集が組まれ足育の第一人者として紹介された。福岡・東京を拠点として会員制トータルヘルスコンサルティングのほか、「足と姿勢と咬合理論」を世界中に普及させるために、日本国内のみならずニューヨークやバンコク等でも講演活動やセミナーを行っている。靴下だけで歯並びを変えたい!という想いでオリジナルブランドの「YOSHIRO SOCKS」の研究開発も行っている。

湯浅 慶朗
contact@yoshiroyuasa.com

ひろのば体操考案者 NHKガッテン・NHKサキどりなどで特集が組まれ足育の第一人者として紹介された。福岡・東京を拠点として会員制トータルヘルスコンサルティングのほか、「足と姿勢と咬合理論」を世界中に普及させるために、日本国内のみならずニューヨークやバンコク等でも講演活動やセミナーを行っている。靴下だけで歯並びを変えたい!という想いでオリジナルブランドの「YOSHIRO SOCKS」の研究開発も行っている。