顎関節症が完治しないと感じている歯科医師の方へ

顎関節症を完治させたい歯科医師の方へ

 

顎関節の治療で「治らない」とか「すぐに再発する」と感じていませんか?

 

そして、こんな毎日を送っていませんか?

☑️ 歯を削りたくない

☑️ マウスピース(スプリント)は役に立たない

☑️ 再発が多い

☑️ どうして良いか分からない

どんなに治したいと思っていても、大学で習った知識と技術だけでは治らないケースが多い。

簡単、手軽にその願いを叶えたくはありませんか?

 

顎関節症に効果的な治療法は確立されていない

 

顎関節症は、特に治療に関しては信頼できるデータベースがほとんどないのが実状です。

RCT(Randomized ControlledTrial:ランダム化比較試験)に基づいた最近の研究で,関節円板前方転位症例に対して,治療を行わずに経過観察を行った群と比較して,薬物療法やスプリントがより有効であるという結果が得られなかったという報告がありました。スプリント治療について,もしほかの術者が行ったらさらに悪い結果が出ていたかもしれないし,あるいはもっと良い結果が出ていた可能性もあります。

そうなんです!

つまり、世界的に顎関節症に効果的な治療法はないということです。

しかし顎関節症の原因を知れば難しくはありません。

 

顎関節症の完治を叶えるヒミツ、それは姿勢にありました!

 

治療を行う前に「なぜ機能障害が起きたのか」をたどっていくと身体の見方が変わる可能性があります。

顎関節は「下顎」と「頭蓋」によって構成されています。

頭蓋にぶらさがっているのが「下顎」です。

その下顎は「頭蓋」の傾きによって法則性を持って動くのです。

そして首が前に出ている、後ろに引きすぎている人ほど、アゴの機能障害を起こしやすいことに気がついたのです。

つまり姿勢によって頚椎角度が変わり、頚椎角度によって「下顎」が規則性を持って動くのです。

下を向けば下顎は前に、上を向けば下顎は後ろに移動します。

下を向いてカチカチ噛むと咬合面は前方に、上を向いてカチカチ噛むと咬合面は後方に移動します。

首が前に出ていれば「首を後ろに引けばいいじゃないか」と思う方も多いかと思います。

しかしやってみると分かりますが、首を後ろに引くと腰が反ってきます。

首を前に出している姿勢でバランスが取れているので、無理にアゴを引くと別の場所に「ひずみ」がくるのです。

人には理想の脊柱ライン、頸椎ラインがあります

それが「理想姿勢」です。

その姿勢から逸脱している人を

・猫背

・反り腰

・頸椎前弯

・ストレートネックなどと言います。

 

すでに4歳の頃から理想姿勢の人は少ないことがわかります。

つまり95%以上の方が顎関節症になる可能性があるということ。

関節は、膝にしても腰にしても、理想姿勢に近づけると痛みがなくなります。

人の体は痛みが出ない構造に元々できているからです。

何を基準に以上と診断するのかを、顎関節だけでなく体全体を見る必要があったのです。

姿勢が崩れる原因を考えなければ、下顎を元の位置に戻すことは困難と言えます。

 

顎関節症の方は足指が変形している!

 

姿勢が悪くなる原因に足ゆびの変形があります。

以下の足指の変形があると姿勢が崩れてしまいます。

☑️ 外反母趾

☑️ 内反小趾

☑️ かがみ指

☑️ 浮き指

☑️ 寝指

 

 

足指が変形すると踵重心になる!

足指が変形すると、足指に体重を乗せられなくなります。

そして徐々に踵寄りになり、姿勢が崩れていくのです。

前方に60%の体重が乗ることが理想ですが、実際はそれが逆転している人がほとんどです。

 

1ヶ月で顎関節の痛みがゼロに!

 

スライド1

左の写真は始めてカウンセリングにいらしたときです。

頸椎角度(肩峰と耳垂を結んだ線)は30°程度で、理想角度(25°以下)よりも大きくなっています。

HIRONOBA®METHODで足ゆびを広げていくと、頸椎角度が15°程度に減少しました。

もう正常範囲ですね。

これは首を後ろに引いたわけではなく、身体全体の姿勢を変えただけです。

体幹トレーニングや筋力トレーニング等ではなく、足指を広げて伸ばしただけです。

スライド2

反り腰が強かったのですが、理想姿勢に近づきました。

足裏全体で体重を支えることができれば、無理な姿勢でバランスを取らなくて良くることが多いです。

手の位置が変わったことが一番見やすいと思います。

アゴの痛みは1か月でなくなり、その後経過も良好です。

 

開口量も2倍以上に拡大!

 

筋肉の使い方が元に戻ると、顔面の筋肉の使い方も左右均等に近づきやすいのです。

これには姿勢反射による影響が大きいです。

元々障害が出ないようにできている人の身体です。

しかしカラダの使い方を間違えると、色々と支障が出やすくなります。

 

 

すでに多くの医院でHIRONOBA METHODが取り入れられています!

 

 

今の治療法に併用するだけです。

歯を削ったり、整体を行うわけではありません。

だから安心して誰にでも簡単に取り入れることができるんです。

 

魅力1:誰にでも簡単にできる方法だから、受付スタッフでもできる!

魅力2:セルフケアばかりなので、副作用がない!

魅力3:その場で効果を実感できるので、患者さんにも喜ばれる!

 

HIRONOBA METHODは足指と姿勢と下顎までのつながりをサポート!

 

セミナーを受講された方からも嬉しい声が続出!!

歯科医師 85点

「顎関節症の治療を行なっているが、軽減できてもなかなか完治が難しい。

それは根本的に体のバランスを整えないとダメなのではと思う」

HIRONOBA METHODで、顎関節症を完治させたい方にオススメです。

ゆあさ流 カラダがときめく足指の魔法!!

オンラインセミナーのお申し込みはこちら!

 

ひろのば体操考案者

NHKガッテン・NHKサキどりなどで特集が組まれ足育の第一人者として紹介された。福岡・東京を拠点として会員制トータルヘルスコンサルティングのほか、「足と姿勢と咬合理論」を世界中に普及させるために、日本国内のみならずニューヨークやバンコク等でも講演活動やセミナーを行っている。靴下だけで歯並びを変えたい!という想いでオリジナルブランドの「YOSHIRO SOCKS」の研究開発も行っている。

湯浅 慶朗
contact@yoshiroyuasa.com

ひろのば体操考案者 NHKガッテン・NHKサキどりなどで特集が組まれ足育の第一人者として紹介された。福岡・東京を拠点として会員制トータルヘルスコンサルティングのほか、「足と姿勢と咬合理論」を世界中に普及させるために、日本国内のみならずニューヨークやバンコク等でも講演活動やセミナーを行っている。靴下だけで歯並びを変えたい!という想いでオリジナルブランドの「YOSHIRO SOCKS」の研究開発も行っている。