歯科医院で足ゆびを見る重要性10

7年前からリウマチになり、徐々に状態が悪化。

他の病院では「変形性膝関節症」、足首も骨がくっついていると言われました。

様々な治療を行ってきましたが、症状は変わりませんでした。

何とか杖なしで歩けるようになりたい。

それが目標でした。

軟骨がすり減っていても、歩けるようになった方をたくさん見てきました。

杖が要らなくなった方もたくさん見てきました。

快復に限界はない、と私は信じています。

「もう歳だから」

「病気だから」

それは自分自身が決めた限界です。

自分がどうなりたいか。ただそれだけです。

土台である足がしっかりしていれば、歩ける可能性があります。

この方もそうです。

毎日コツコツ、ひろのば体操を継続して足指を広げる努力をしました。

ゆあさ流 カラダがときめく足ゆびの魔法です。

1か月後・・・。

痛みはなくなり、杖なしで歩けるようになったのです。

杖は支持基底面が広がるので、安定性が増します。

しかし杖をつくことで、杖をついた側に体が倒れてることがあります。

カラダが倒れると頭が倒れてしまい、アゴがずれることがあるのです。

杖を手放すことは関節の痛みだけでなく、噛み合わせも変わる可能性があります。

最近、入れ歯が合わなくなった、噛み合わせが悪いという方は、杖を使い始めたのかもしれません。

歯を見る前に、足指と姿勢を見てみて下さい。

DON’T  GIVE  UP  SO  FAST

もう一度、自分の足で旅行をしてみませんか?

そんなお手伝いができればと思います。

あなたの足指はどのタイプ?

 

【HIRONOBA®METHODセミナー】

スライド2スライド1

足ゆびを伸ばすだけでもこんなに変わる。もっとラクな歯科治療を始めてみませんか?

足ゆびからの咬合アプローチは、誰にでも簡単にできる方法です。足指の変形は姿勢を崩し、口呼吸・低位舌・睡眠態癖・歯列接触癖・顎関節機能障害を誘発することがあります。転倒による前歯の欠損を起こす方にもお勧めです。非侵襲性で患者様の負担が少なく、スタッフの方のブランディングにも最適です。

ひろのば体操考案者

NHKガッテン・NHKサキどりなどで特集が組まれ足育の第一人者として紹介された。福岡・東京を拠点として会員制トータルヘルスコンサルティングのほか、「足と姿勢と咬合理論」を世界中に普及させるために、日本国内のみならずニューヨークやバンコク等でも講演活動やセミナーを行っている。靴下だけで歯並びを変えたい!という想いでオリジナルブランドの「YOSHIRO SOCKS」の研究開発も行っている。

湯浅 慶朗
contact@yoshiroyuasa.com

ひろのば体操考案者 NHKガッテン・NHKサキどりなどで特集が組まれ足育の第一人者として紹介された。福岡・東京を拠点として会員制トータルヘルスコンサルティングのほか、「足と姿勢と咬合理論」を世界中に普及させるために、日本国内のみならずニューヨークやバンコク等でも講演活動やセミナーを行っている。靴下だけで歯並びを変えたい!という想いでオリジナルブランドの「YOSHIRO SOCKS」の研究開発も行っている。