親指の付け根が痛い原因は?働くママへの足育講座

職場でどうしてもパンプスを履かなければいけない。

でも痛みに耐えられないから、仕事を変えるしかない…。

介護離職も問題となっていますが、「パンプス離職」が多いのも現実です。

Nさんもその一人。

Nさんは、もともと足の親指の付け根が出っぱっていて、「よく聞く外反母趾の形だな」と、自分で思っていました。

しかし、痛むわけでもないので、そのままにしていました。

すると1年ほど前からひどく痛み始めたのです。

さらに、就職後は、パンプスをはかなければならない職場なので、毎日はいていました。

最初は歩くときだけだった痛みが、家でじっとしているときも出るようになり、絶えずズキズキと痛み始めたのです。

そこで、インターネットで足の治療をしてくれそうなところを探しました。

自分では気がついていない方が多いのですが、Nさんは、足の親指の付け根がとび出るだけでなく、全部の指が丸まって、とくに人差し指と中指の先はタコのようになっていました。

IMG_2961

その日から、毎日、夜のお風呂上がりに、ひろのば体操をしてもらうように指導しました。

夜、テレビを見ながら、少なくとも5~10分、長いときは1時間くらい行っていたそうです。

すると1か月くらいで足の痛みが消え、足の形もよくなってきました。

スライド1

足の指が伸び、タコも消えてきたのです。

スライド2

この間、職場でパンプスをはかないわけにはいかないので、毎日はいていました。

それなのに、思ったより早く痛みが取れたのでびっくりしたそうです。

歩き方の指導も行いました。

ゆっくり地面に足を着けて歩く「小股歩き」も心がけてもらいました。

前は、かかとでカツカツと歩いていたので、歩き方が全く変わったといいます。

「教わったように歩くと、確かに足の筋肉がついていく感じがしています」と話されます。

 

 

 

【HIRONOBA®METHODオンラインセミナー】*保育士さん向けも始まります

スライド2スライド1

足ゆびを伸ばすだけでもこんなに変わる。もっとラクな歯科治療を始めてみませんか?

足ゆびからの咬合アプローチは、誰にでも簡単にできる方法です。足指の変形は姿勢を崩し、口呼吸・低位舌・睡眠態癖・歯列接触癖・顎関節機能障害を誘発することがあります。転倒による前歯の欠損を起こす方にもお勧めです。非侵襲性で患者様の負担が少なく、スタッフの方のブランディングにも最適です。

 

ひろのば体操考案者

NHKガッテン・NHKサキどりなどで特集が組まれ足育の第一人者として紹介された。福岡・東京を拠点として会員制トータルヘルスコンサルティングのほか、「足と姿勢と咬合理論」を世界中に普及させるために、日本国内のみならずニューヨークやバンコク等でも講演活動やセミナーを行っている。靴下だけで歯並びを変えたい!という想いでオリジナルブランドの「YOSHIRO SOCKS」の研究開発も行っている。

湯浅 慶朗
contact@yoshiroyuasa.com

ひろのば体操考案者 NHKガッテン・NHKサキどりなどで特集が組まれ足育の第一人者として紹介された。福岡・東京を拠点として会員制トータルヘルスコンサルティングのほか、「足と姿勢と咬合理論」を世界中に普及させるために、日本国内のみならずニューヨークやバンコク等でも講演活動やセミナーを行っている。靴下だけで歯並びを変えたい!という想いでオリジナルブランドの「YOSHIRO SOCKS」の研究開発も行っている。