X-JAPANのYOSHIKIの首の痛みの原因は足指なのではないかと思った

こんにちは、ひろのば体操の湯浅慶朗です。

 

私は大きい犬が好き

犬って可愛いですよね。

シシマルは夏が苦手。

私は夏が大好き。太陽を浴びると光合成をしている気分に。

 

YOSHIKIさんが手術

 

 

X-JAPANのFacebookを見ていてYOSHIKIさんが手術したことを知りました。

 

「頸椎椎間孔狭窄症(けいつい ついかんこう きょうさくしょう」

 

むずかしい・・・

 

カンタンに言えば

 

「首の骨と骨の間がせまくなること」です。

 

痛みとしびれでマヒすることもあります。

 

でも原因は足指にあるんじゃないかって思います。

 

足指が曲がると、姿勢が悪くなるからです。

 

結果として「首」の骨の間がせまくなっている。

 

これまでもたくさんの人をカウンセリングしてきて、ヘルニアでも狭窄症でも、原因は足指にありました。

 

 

でも足指を広げていくと、出ていたヘルニアが元に戻った人もいます。

 

狭かったはずの骨の間が広くなったり。

 

姿勢が良くなれば、全部元に戻るんじゃないかって思うんです。

 

良くなってからレントゲンを取りに行く人がいなかったので、その時はちょっとビックリ。

 

人のカラダってすごいな〜って正直思いました。

 

YOSHIKIさんも足指を広げてほしい・・・。

 

イカ天時代からのファンなので、生涯を通して活動し続けてほしいです。

 

 

ひろのば体操考案者

NHKガッテン・NHKサキどりなどで特集が組まれ足育の第一人者として紹介された。福岡・東京を拠点として会員制トータルヘルスコンサルティングのほか、「足と姿勢と咬合理論」を世界中に普及させるために、日本国内のみならずニューヨークやバンコク等でも講演活動やセミナーを行っている。靴下だけで歯並びを変えたい!という想いでオリジナルブランドの「YOSHIRO SOCKS」の研究開発も行っている。

湯浅 慶朗
contact@yoshiroyuasa.com

ひろのば体操考案者 NHKガッテン・NHKサキどりなどで特集が組まれ足育の第一人者として紹介された。福岡・東京を拠点として会員制トータルヘルスコンサルティングのほか、「足と姿勢と咬合理論」を世界中に普及させるために、日本国内のみならずニューヨークやバンコク等でも講演活動やセミナーを行っている。靴下だけで歯並びを変えたい!という想いでオリジナルブランドの「YOSHIRO SOCKS」の研究開発も行っている。