扁平足は足ゆびの変形から!?

筋力が落ちるとアーチが崩れる

足裏は私たちの体を支えています。

そして足裏には3つのアーチがあります。

地面からの衝撃を吸収したり、2本足でバランスよく立つための3脚の役割があります。

足首から下の骨は両足で52本。

バランスよくアーチ状に並んでいます。

これは上からかかる力に非常に強い構造です。

 

だからこそ早く走ったり、高く飛んだり、バランスよく歩くことができるんです。
ところがこのアーチの形が崩れると、体のバランスも衝撃吸収もなくなり、痛みへとつながります。
では何が原因でアーチの形が崩れるのでしょう。それは「筋力の低下」です。
遺伝でもなければ、運動不足というわけでもなく、意外な原因で筋力が落ちていきます。

 

足指の変形

足の筋力が落ちるのは、手と同じ。

グーパーで手の筋力はついていきます。

足も同じ。しっかり伸びた状態で地面を蹴ること。

意識して「パー」ができない、「グー」ができない、そんな人は筋力が落ちていきます。

 

靴の紐が緩い

足指の変形で足の筋力が落ちる。

ではなぜ、足指の変形が起こるのか。

それは靴の中で足が滑っているからです。

・スリッパ

・サンダル

・草履

・下駄

・スリッポン

・チューブソックス

・長靴

・紐を締めない

歩くときに靴の中で足が滑ると、足がブレーキをかけようとします。

そのため、足指が丸まってしまうんです。

 

ひろのば体操で足指の変形を予防

最低1日1回5分、ひろのば体操を行ってみてください。

少しづつ足指の変形が変わっていきます。

そして足指の「パー」ができるようになるはずです。

そして歩くことで足の筋力がついていきます。

 

YOSHIRO STUDIOの真意

セルフケアを重要視しており、自分の体は自分で変えることができると信じています。

そのため、初めてカウンセリングを受けられた方には、自分自身でどのようにすれば歩けるようになるのかを全て出し尽くします。

そして希望を持って帰ってもらいます。

これまで数万人の方々を見てきて、どうすれば短期間・短時間で歩けるようにあるのかを追求してきました。

それを集約させたものがHIRONOBA®︎ METHODなのです。

その中の一つに「ひろのば体操」がありますが、メソッドは数多くあります。

しかし、初めてカウンセリングを受けられた方がわかるのは、今の体が「これまでの生活習慣の繰り返し」によって出来上がっているということ。

つまりは「良いことをする」のではなく、「悪いことをしていたもの」を排除していくことなのです。

その悪いことを見つけ出す作業こそが私の得意とすることです。

そして皆さんが見る目を養うこと。

自分自身では「当たり前」と思ってやっていることが実は悪さをしていることがあります。

歩けないのは、決して加齢のせいでも、筋力のせいでも、病気のせいでもありません。

自分自身の「元に戻す力」を信じて欲しいと思います。

ひろのば体操は、皆様の健康にとって必ず役立つツールの一つになると信じています。


あさ出版の付録についている動画です。

 

 

ひろのば体操考案者

NHKガッテン・NHKサキどりなどで特集が組まれ足育の第一人者として紹介された。福岡・東京を拠点として会員制トータルヘルスコンサルティングのほか、「足と姿勢と咬合理論」を世界中に普及させるために、日本国内のみならずニューヨークやバンコク等でも講演活動やセミナーを行っている。靴下だけで歯並びを変えたい!という想いでオリジナルブランドの「YOSHIRO SOCKS」の研究開発も行っている。

湯浅 慶朗
contact@yoshiroyuasa.com

ひろのば体操考案者 NHKガッテン・NHKサキどりなどで特集が組まれ足育の第一人者として紹介された。福岡・東京を拠点として会員制トータルヘルスコンサルティングのほか、「足と姿勢と咬合理論」を世界中に普及させるために、日本国内のみならずニューヨークやバンコク等でも講演活動やセミナーを行っている。靴下だけで歯並びを変えたい!という想いでオリジナルブランドの「YOSHIRO SOCKS」の研究開発も行っている。