スポーツ障害には足ゆびからアプローチ

野球肘や野球肩の原因は?

意外に多いと感じたのは、仙腸関節の機能障害。

腰の下の部分にあり、実際に痛みが出る場所とは離れているので信じる人は少ないです。

しかし仙腸関節は急なダッシュをする時や、野球のボールを投げる時、下半身の勢いを上半身に乗せる時、

体重移動の要になります。

その部分が機能していなければどうなるか。

・ダッシュで遅れる

・野球のボールを投げる時に手投げになる

・下半身の動きを上半身に伝えられない

簡単に言えば、思った通りの動きができない、ということになります。

 

 

手投げ??

 

たとえば、外野から思い切りバックホームに返球したとします。

その時に肩が抜けそうなくらい激痛が走ったとか、ピッチャーが速球を投げたら肩が”バキッ”と音がして、痛くてしゃがみこんだなどです。

 

これは

・肩の亜脱臼

・関節唇損傷

・腱板損傷

・骨折:リトルリーガーズショルダー

などが起きたと考えられます。

ボールを投げる投球フォームが良く話題に挙げられます。

しかし世界中の投手を見ても、同じフォームで投げる投手がいないどころか、そんな投球フォームで投げるの!?という肩も数多く見受けられます。

肩の前方に“ゆるみ”が生じた時にボールを投げ続けると、しだいに肩関節の関節唇や腱板に障害をもたらすことが多いと考えられています。

そのため野球肩の予防には

・正しい投球フォームの習得

・投げすぎない

・丈夫な肩を作る

ことが重要と言われています。

果たしてそうでしょうか??

まず、なぜ「肩の前方にゆるみが生じたのか」を考えるべきかと思います。

そうすれば関節唇や腱板に障害を起こすことはないはずです。

その原因の一つに「手投げ」があります。

椅子に座った状態でボールを投げることと同じです。

思いっきり投げて見てください。

すぐに肩を痛めてしまいます。

 

 

足指を広げて土台を安定させる

ではどうすれば手投げにならないのか。

それは簡単です。

地面に足全体を着けば良いのです。

しかしほとんどの人は「足指」の変形があるため、足裏全体が地面についている人は少ないのです。

手の指を曲げて逆立ちをしているのと同じです。

非常にバランスが悪く、グラグラします。

足底圧測定器で測定すると良くわかります。

足裏のバランスが悪い状態では、骨盤が徐々にずれていきます。

やがて「仙腸関節」にズレを生じて、痛みも併発することがあります。

それが肩に起これば「野球肩」、肘に起これば「野球肘」や「テニス肘」と言われます。

でも結果として症状はその部分に出ますが、原因は全く別の部分である可能性がありますよね。

それが「足指」であり「仙腸関節」である可能性があります。

 

 

手術で良くならなくても方法はある

スポーツ選手でケガをして手術をしても復帰できなかったという話は山ほど聞きます。

確かに悪い部分を修復することは大切です。

しかし「原因」を取り除かずに、これまで通りの生活習慣では再発するのは当然かと思います。

土台がグラグラのまま。

仙腸関節が固いまま。

手術をしたら、まずは土台を整える。

そして仙腸関節の動きを良くする。

そうすれば数多くの選手がまた現役復帰できると考えています。

もちろん手術をしなくても痛みや違和感は良くできると考えています。

それがHIRONOBA®︎METHODです。

単純に「ひろのば体操」を行うだけがHIRONOBA®︎METHODではありません。

HIRONOBA®︎METHODの中には数多くのエッセンスが含まれています。

 

 

YOSHIRO STUDIOの真意

セルフケアを重要視しており、自分の体は自分で変えることができると信じています。

そのため、初めてカウンセリングを受けられた方には、自分自身でどのようにすれば歩けるようになるのかを全て出し尽くします。

そして希望を持って帰ってもらいます。

これまで数万人の方々を見てきて、どうすれば短期間・短時間で歩けるようにあるのかを追求してきました。

それを集約させたものがHIRONOBA®︎ METHODなのです。

その中の一つに「ひろのば体操」がありますが、メソッドは数多くあります。

しかし、初めてカウンセリングを受けられた方がわかるのは、今の体が「これまでの生活習慣の繰り返し」によって出来上がっているということ。

つまりは「良いことをする」のではなく、「悪いことをしていたもの」を排除していくことなのです。

その悪いことを見つけ出す作業こそが私の得意とすることです。

そして皆さんが見る目を養うこと。

自分自身では「当たり前」と思ってやっていることが実は悪さをしていることがあります。

歩けないのは、決して加齢のせいでも、筋力のせいでも、病気のせいでもありません。

自分自身の「元に戻す力」を信じて欲しいと思います。

ひろのば体操は、皆様の健康にとって必ず役立つツールの一つになると信じています。


あさ出版の付録についている動画です。

 

 

ひろのば体操考案者

NHKガッテン・NHKサキどりなどで特集が組まれ足育の第一人者として紹介された。福岡・東京を拠点として会員制トータルヘルスコンサルティングのほか、「足と姿勢と咬合理論」を世界中に普及させるために、日本国内のみならずニューヨークやバンコク等でも講演活動やセミナーを行っている。靴下だけで歯並びを変えたい!という想いでオリジナルブランドの「YOSHIRO SOCKS」の研究開発も行っている。

湯浅 慶朗
contact@yoshiroyuasa.com

ひろのば体操考案者 NHKガッテン・NHKサキどりなどで特集が組まれ足育の第一人者として紹介された。福岡・東京を拠点として会員制トータルヘルスコンサルティングのほか、「足と姿勢と咬合理論」を世界中に普及させるために、日本国内のみならずニューヨークやバンコク等でも講演活動やセミナーを行っている。靴下だけで歯並びを変えたい!という想いでオリジナルブランドの「YOSHIRO SOCKS」の研究開発も行っている。