たったそれだけで「姿勢」が変わるのですか?

こんにちは、ひろのば体操の湯浅慶朗です。

たったそれだけで本当に「姿勢」が変わるのですか?とよく質問をされます。

本当です。

いつも講演会でお伝えしている「パー・グー・チョキ」。

テレビや雑誌でも足ゆびが動いた方が良いと伝えられています。

スライド2

 

実は私がお伝えしている「グー・チョキ・パー」には深い意味があります。

ただ足ゆびが動けばよいというものではありません。

 

何のための「パー」なのか。

何のための「グー」なのか。

何のための「チョキ」なのか。

この3つの動作は「練習すればできるようになる」という訳でもありません。

もちろんできるようになる方もいますが、何年練習してもできませんという方もいます。

その方々の違いは一体なんなのでしょうか?

そこを解決できれば、早い方は2分半ほどで「グー・チョキ・パー」ができるようになります。

最低限この「グー・チョキ・パー」ができれば、姿勢良く立ち、姿勢良く歩く事ができるようになります。

あなたの足指は、「真横」に「平行」に「1分間」、「手の指が通る」くらい開くことができますか?

私がお伝えしている「パー」は、普通のパーとは少し違います。

ほとんど方は私が理想とする「パー」ができなくなっています。

ゆあさ流カラダがときめく足ゆびの魔法のひろのば体操を続けると、足ゆびの間に隙間ができるようになります。

そのひろのば体操に「コツ」があるのです。

セミナー受講者や患者様は、「ええ~!!こうなんですか!?」と一様に驚かれます。

そうなんです。ちょっとした違いなんです。

その違いが大きな差を生んでいきます。

スライド4

足裏全体で体重を支えることができるようになるため、自然と姿勢は良くなります。

スライド1

たった2週間です。

姿勢の崩れが「運動不足」でも「加齢」でも「遺伝」せいでもありませんでした。

もしかすれば、姿勢の悪さが「足ゆびの変形」が原因なのかも知れません。

 

【HIRONOBA METHODセミナー】

スライド2スライド1

足ゆびを伸ばすだけでもこんなに変わる。もっとラクな歯科治療を始めてみませんか?

足ゆびからの咬合アプローチは、誰にでも簡単にできる方法です。足指の変形は姿勢を崩し、口呼吸・低位舌・睡眠態癖・歯列接触癖・顎関節機能障害を誘発することがあります。転倒による前歯の欠損を起こす方にもお勧めです。非侵襲性で患者様の負担が少なく、スタッフの方のブランディングにも最適です。

※歯列矯正などのご相談は、歯科医院へお尋ねください。

ひろのば体操考案者

NHKガッテン・NHKサキどりなどで特集が組まれ足育の第一人者として紹介された。福岡・東京を拠点として会員制トータルヘルスコンサルティングのほか、「足と姿勢と咬合理論」を世界中に普及させるために、日本国内のみならずニューヨークやバンコク等でも講演活動やセミナーを行っている。靴下だけで歯並びを変えたい!という想いでオリジナルブランドの「YOSHIRO SOCKS」の研究開発も行っている。

湯浅 慶朗
contact@yoshiroyuasa.com

ひろのば体操考案者 NHKガッテン・NHKサキどりなどで特集が組まれ足育の第一人者として紹介された。福岡・東京を拠点として会員制トータルヘルスコンサルティングのほか、「足と姿勢と咬合理論」を世界中に普及させるために、日本国内のみならずニューヨークやバンコク等でも講演活動やセミナーを行っている。靴下だけで歯並びを変えたい!という想いでオリジナルブランドの「YOSHIRO SOCKS」の研究開発も行っている。