猫背対策の意外なポイント

猫背対策の意外なポイント

猫背の姿勢は、見た目がだらけたように見えて、生活態度が悪いように思われます。

見た目だけの問題ならまだ良いのですが、それ以外にも健康にとって良くないことばかり。

・首こりや肩こり → 一日集中できない

・口ポカン → インフルエンザにかかりやすい

・いびき → 睡眠時無呼吸になりやすい

・横向き寝 → 歯並びが悪くなりやすい

などまだまだあります。

まさか猫背によって上記のことが起こるとは思いもよらず。

多くの方が

・首こりや肩こり → マッサージ

・口ポカン → マスク

・いびき → ダイエット

・横向き寝 → 枕を変える

などで対策をしているのでは?

普段の姿勢を変えるだけで、改善ができる場合があります。

猫背においてまず確認してほしいポイントがあります。

それが足ゆびです。

この子の姿勢は「反り腰の猫背タイプ」

2

 

足ゆびを見ると「かがみ指」になっています。

2~4指の爪が下向きになっています。

3

 

足ゆびが曲がると、足裏のバランスが悪くなります。

逆立ちを思い浮かべると分かりやすいと思います。

手の指がしっかりひらいて伸びているからこそ、真っ直ぐに立つことができるのです。

足も同じです。

屈み指の人は、バランスディスクの上で立っているようなイメージです。

バランスディスク スクワット

 

バランスを取っているだけ。

決して本人がだらしないわけではないのです。

では「猫背」の解決法は?

足の指を広げて伸ばせば良いということです。

そのためのゆあさ流カラダがときめく足ゆびの魔法「ひろのばメソッド」です。

靴を履く文化になり、足指のケアだけでは足ゆびを伸ばすことはできません。

靴のこと。

中敷きのこと。

歩き方。

他にもいろいろありますが、その環境を整えて初めて、ひろのば体操が生きてくるのです。

前川君

猫背は何歳からでも改善できます。

 

【HIRONOBA METHODセミナー】

スライド2スライド1

足ゆびを伸ばすだけでもこんなに変わる。もっとラクな歯科治療を始めてみませんか?

足ゆびからの咬合アプローチは、誰にでも簡単にできる方法です。足指の変形は姿勢を崩し、口呼吸・低位舌・睡眠態癖・歯列接触癖・顎関節機能障害を誘発することがあります。転倒による前歯の欠損を起こす方にもお勧めです。非侵襲性で患者様の負担が少なく、スタッフの方のブランディングにも最適です。

 

 

33f1e27b08962a48086488cf99a584a3

9月4日(日)に「Dental Next Action特別講演会」が大阪で行われます。

※ホームページからのお申し込みは10%OFF!!

皆様の御参加を心よりお待ちしております。


 

 

 

 

ひろのば体操考案者

NHKガッテン・NHKサキどりなどで特集が組まれ足育の第一人者として紹介された。福岡・東京を拠点として会員制トータルヘルスコンサルティングのほか、「足と姿勢と咬合理論」を世界中に普及させるために、日本国内のみならずニューヨークやバンコク等でも講演活動やセミナーを行っている。靴下だけで歯並びを変えたい!という想いでオリジナルブランドの「YOSHIRO SOCKS」の研究開発も行っている。

湯浅 慶朗
contact@yoshiroyuasa.com

ひろのば体操考案者 NHKガッテン・NHKサキどりなどで特集が組まれ足育の第一人者として紹介された。福岡・東京を拠点として会員制トータルヘルスコンサルティングのほか、「足と姿勢と咬合理論」を世界中に普及させるために、日本国内のみならずニューヨークやバンコク等でも講演活動やセミナーを行っている。靴下だけで歯並びを変えたい!という想いでオリジナルブランドの「YOSHIRO SOCKS」の研究開発も行っている。