できる歯科医師はなぜ足ゆびを見るのか

できる歯科医師はなぜ足ゆびを見るのか

姿勢変化は「足ゆびの変形」によって 引き起こります。

猫背や反り腰によって、早期接触も引き起こすことがあります。

そして長期間の慢性的な歯列接触癖に移行します。

顎関節症ぺリオ(歯周病)の原因ともなりえるのです。

しかし姿勢はその状態で『バランス』を取っているだけなので、 良くしようと姿勢にアプローチすると逆に悪くします。

足自体のバランスさえ良くすればよいだけなのです。

ひろのば体操は、誰にでも簡単にできる即効性のある方法です。

1
88歳でさえも足のバランスによってここまで元に戻すことができます。

 

できる歯科医師はなぜ足を見るのか。

それは本当の原因を足元から追及するからです。

上行性と下行性を理解する。

そして姿勢反射・原始反射・姿勢・態癖・足ゆびを 分析し繋げていくことで原因がわかってきます。

態癖・睡眠時姿勢も姿勢を変えると、なくなっていきます。

口腔疾患の答えがにもあることが見えてくるのではないかと思います。

非侵襲性の、治療介入をできるだけ少なくしていく次世代医療を実践しませんか。

歯科と医科が連携することにより、日本はもっともっと元気な人が増えると考えています。 

あなたはこの写真を見て、どこまで分析できますか?
IMG_2776
 
足指と姿勢と咬合セミナー
HironobaMethodTraining-6

足ゆびからの咬合アプローチは、誰にでも簡単にできる方法です。足指の変形は姿勢を崩し、口呼吸・低位舌・睡眠態癖・歯列接触癖・顎関節機能障害を誘発することがあります。転倒による前歯の欠損を起こす方にもお勧めです。足ゆびからの咬合アプローチを取り入れてみませんか。非侵襲性で患者様の負担が少なく、スタッフの方のブランディングにも最適です。

ひろのば体操考案者

NHKガッテン・NHKサキどりなどで特集が組まれ足育の第一人者として紹介された。福岡・東京を拠点として会員制トータルヘルスコンサルティングのほか、「足と姿勢と咬合理論」を世界中に普及させるために、日本国内のみならずニューヨークやバンコク等でも講演活動やセミナーを行っている。靴下だけで歯並びを変えたい!という想いでオリジナルブランドの「YOSHIRO SOCKS」の研究開発も行っている。

湯浅 慶朗
contact@yoshiroyuasa.com

ひろのば体操考案者 NHKガッテン・NHKサキどりなどで特集が組まれ足育の第一人者として紹介された。福岡・東京を拠点として会員制トータルヘルスコンサルティングのほか、「足と姿勢と咬合理論」を世界中に普及させるために、日本国内のみならずニューヨークやバンコク等でも講演活動やセミナーを行っている。靴下だけで歯並びを変えたい!という想いでオリジナルブランドの「YOSHIRO SOCKS」の研究開発も行っている。