老老介護予防に、ひろのば体操

老老介護予防に、ひろのば体操

みらいクリニックフットケアセンター長のマイク湯浅です。近年、老老介護で行き場を失う方が増えています。

この方もその一人ですが、ご夫婦で歩きがままなくなりました。

膝の痛みがあり、杖をついても外出ができない状態。

このまま車いす生活を余儀なくされると覚悟していたそうです。

ひろのば体操を続けて4か月。

1
踵がお尻に着くようになり、正座ができるようになったのです。

最近では一人で博多駅までいけるようになり、外出もされているそうです。

さらには奥様の膝の調子も良くなり、ご夫婦ともにお元気になったそうです。


正座ができなくなると、正座をしない方が良いと勧められます。

ましてやもう一度正座ができるようになるなんて言うのは夢のまた夢。

でもその夢、もう一度叶えてみたいですよね。

夢は願えば叶うものです。

そのためには、まず行動。諦めている方も、まず足指を伸ばしてみて下さい。

皆様のおかげで、紀伊國屋書店で総合1位を獲得できました。

本当にありがとうございます!

 10987393_899447440100675_7304093028568256182_o

出版会社から在庫がなくなり、Amazonでも品切れ状態が続いています。

DVD付きでわかりやすく説明しています。

1780038_878071028909830_4825587374019453269_o  

Amazonでも予約購入ができます。3月上旬入荷予定です。

ひろのば講演会チラシ_表_[印刷用] ひろのば講演会ポスター_[印刷用]
久しぶりに福岡で開催です。

2月に刊行される出版記念講演会となります。

 

 日時:4月25日(土) 12:00~14:00

場所:アクロス福岡シンフォニーホール

参加費:1,000円

定員:1800名

講師:マイク湯浅

お問い合わせ・お申込み:株式会社あさ出版 企画事業部
seminer@asa21.com
TEL:03-3983-3225          FAX:03-3983-3226

ネット受け付け
https://everevo.com/myevent/19197/

ダウンロード

O脚、外反母趾、ひざ痛、腰痛、股関節痛

“足指”で劇的に変わるかもしれませんよ    

 

足指と姿勢と咬合セミナー
HironobaMethodTraining-6

足ゆびからの咬合アプローチは、誰にでも簡単にできる方法です。足指の変形は姿勢を崩し、口呼吸・低位舌・睡眠態癖・歯列接触癖・顎関節機能障害を誘発することがあります。転倒による前歯の欠損を起こす方にもお勧めです。足ゆびからの咬合アプローチを取り入れてみませんか。非侵襲性で患者様の負担が少なく、スタッフの方のブランディングにも最適です。

ひろのば体操考案者

NHKガッテン・NHKサキどりなどで特集が組まれ足育の第一人者として紹介された。福岡・東京を拠点として会員制トータルヘルスコンサルティングのほか、「足と姿勢と咬合理論」を世界中に普及させるために、日本国内のみならずニューヨークやバンコク等でも講演活動やセミナーを行っている。靴下だけで歯並びを変えたい!という想いでオリジナルブランドの「YOSHIRO SOCKS」の研究開発も行っている。

湯浅 慶朗
contact@yoshiroyuasa.com

ひろのば体操考案者 NHKガッテン・NHKサキどりなどで特集が組まれ足育の第一人者として紹介された。福岡・東京を拠点として会員制トータルヘルスコンサルティングのほか、「足と姿勢と咬合理論」を世界中に普及させるために、日本国内のみならずニューヨークやバンコク等でも講演活動やセミナーを行っている。靴下だけで歯並びを変えたい!という想いでオリジナルブランドの「YOSHIRO SOCKS」の研究開発も行っている。